本当に無料HDは高音質か試してみた【結論:上質な映画館】

この記事では、Amazon Music Unlimitedの無料期間中にHD&Ultra HDの音質を、筆者が実際に確認した感想をまとめています。

そもそもHDが、Amazon Music Unlimitedの無料期間中に、利用できることを、知らないという方も意外と結構いらっしゃるのではないでしょうか?

※以前まではAmazon Music HDは別課金でしたもんね。

そこで今回は、「高音質と言われているHDは本当に高音質なのか?」という疑問を解決すべく、Amazon Music Unlimitedの無料期間中を利用して、新旧の音源を、「私が実際に再生しながら試した結果」をまとめていきたいと思います。

最初に結論をお伝えしておきますと、結論、高音質でした。
※全然CDに引けをとらない。上質な映画館にいるような没入感。

大袈裟ではなく「この曲こんなに「臨場感・立体感・迫力」あったのか!!やば!!」という感動があり、久しぶりに色々聴きたくなってしまった!

そして、今回は視聴環境の再現性を高めるべく、身近なツールで確認したかったので、iPhone7(そろそろ新調しなくては、、)と、AirPods Proを使用しております。

では早速、詳細を見ていきましょう!

sk

毎日音楽に励まされて生きています。
音楽も、音楽家も、わたしにとっては刺激そのもの。

プロフィール詳細

1.試してみた感想

 1.明らかに違う

試してみた感想、まず思ったことは、「明らかに違う」コレです。

HDだと音が明らかに違います。

なぜか?

それは、一般的な音楽配信サービスでは、楽曲の元データを軽量化して配信しているため。

※なぜ軽量化するのかというと、元データのままだと配信する際に負荷が大きいためですね。

では、「どのように元データを軽量化してるのか?」ですが、答えは意外なほどに簡単、かつ、シンプル。

軽量化の方法=元データの詳細データを削除。
これだけです。

下記にアマゾン公式の説明も引用しておきます。

ほとんどの標準的ストリーミングサービスは現在、最大320kbpsのビットレートの標準解像度(SD)を提供しています。 これらのオーディオファイルはロッシー圧縮を使用し、ファイルサイズを削減するために元のオーディオの詳細データが削除されます。

出典:Amazon Music Unlimited

専門用語が多く「わかりずらい」ですが、要は、一般的な音楽配信サービスでは「元データを削ってしまってる」わけですね。

その結果、当然ながら、「本来の質感」は損なわれてしまっているのです。
なんてこった。

(視聴に支障が出ない程度にコントロールされてはいます。)

そうなるとつぎは、「だったら本来の質感が残ってるとどういう風に聴こえるのか?」って話になります。ここが今回非常に重要なポイント。

下記に続きます。

2.無料期間だからこそ、HDを使い倒す

「本来の質感」が残ってると、多くの場合、音に「臨場感・立体感・迫力」があります。

つまり、一般的な音楽配信サービスでは通常、多くの場合、「臨場感・立体感・迫力」は損なわれています。

まじかよ!って感じですよね。私達が普段何気なく聴いている音楽の多くが、本来の魅力を削られた状態で提供されているのです。

(それだと、音楽を「消費する」という状況が生まれても仕方ないのかも、、)

(そんなのもったいない!無料期間ぐらい「音を削らない=HD」で楽しも!)

だからこそ、元データを保持したHD音源は、音に「臨場感・立体感・迫力」があるんです。

こちらも、下記にアマゾン公式の説明を引用しておきますね。

これに対して、Amazon Music HDは元の録音情報を保持したまま、高音質で楽曲を配信します。HDは標準ストリーミング配信のビットレートの2倍、Ultra HDは10倍以上のビットレートで配信します。

出典:Amazon Music Unlimited

3.HDと通常モードの見分け方

では、つぎに、「HD音源であることはどこで確認できるか?」ですが、ぱっと見で判別可能ですので安心です。

私でも「ぱっと見で」わかりました。

下記の画像の箇所に「HD」の表示が出ていれば、「HD音源」になります。

※「HD」だとあきらかに「音が違う=情報量が多い」ので、聴くだけでも「ん!?なんか違う??」と思われるかもです。

上記の「HD」の部分をタップすると下記の画面が表示され、「詳細な楽曲の品質」を確認することができます。

※このような感じで、「HD」と明確に表示されるので、ぱっと見で判別可能!

「Ultra HD」も「HD」と同様に、ぱっと見で判別可能です。下記のように表示されます。

※「ULTRA HD」と表示されているだけでワクワクさせますねー!

さきほどと同様に、「Ultra HD」の表示部分をタップすると「詳細な楽曲の品質」を確認することができます。

下記のように、「Ultra HD」の品質は、「24-bit・48kHz」なので、「HD=16-bit・44.1kHz」よりもさらに高品質であることがわかります。
※とはいえ、今回の「私の視聴環境=iPhone7、Air Pods Proの組み合わせ」だと、「Ultra HD」の表現力を出し切ることはできないので、今回のような場合、「HD」と「Ultra HD」の違いを音で判断することはできないということになります。

※いやあ、しかし、Ultra HDと表示されていると聴かずにはいられない

ここまでで、「ちょっと早速試してみたいじゃんか〜」という方は簡単に始められますので下記のボタン「Amazon Music Unlimited無料体験へ」からどうぞ。
(一見あやしいかもですが、まともなボタンですので)

2.どうせ聴くならHDをおすすめしたいと思った2つの理由

以上のように、HDを試しているうちに、「こ、これは、どうせ聴くならHDで間違いないな、だって出先でもオフライン再生でCDレベルの音世界が楽しめるんだもん」と確信したしだいであります。

※ここまで読んでいただきありがとうございます 。

というわけで、どうせ聴くならHDをおすすめしたいと思った理由を整理しますね。

一般的な配信は、元の情報をかなり削っている!

おすすめ理由1は、「Amazon Music Unlimitedの無料期間中でもHD&Ultra HDを楽しめるので、試さない手はない!から」です。

一般的な配信は、元の情報をかなり削っており、楽曲にもともとあった空気感「本来の質感」が失われています。

(とはいえ、それ自体は必要があって処理した結果だと思うので、圧縮音源を批判したいわけではないのです。「本来の質感」を保った状態で聴く方法があるなら、それに越したことはないなと、思っているだけなのであります。)

※そもそも、「本来の質感=臨場感・立体感・迫力」が損なわれているなんて「そんなことしちゃっていいの?」という感じもするのですが。なんか、アーティストの聖域に土足で入り込んじゃってる感じがしてしまう。

というわけで、「本来の質感」を保った状態で聴く方法が、HDであり、Amazon Music Unlimitedの無料期間中でもHD&Ultra HDを楽しめるので、試さない手はない!というのが、理由1。

違いは私でもわかるレベル

おすすめ理由2は、「違いは私でもわかるレベルだから」です。

「そんなこと言っても、HDと圧縮音源との差異なんて私にはわからないよ」と思われるかもしれませんが、簡単、かつ、無料なので、試してみてください。

その差は歴然。

もし、私と同じような「iPhoneとBluetoothイヤホン」という環境の方なら、下記のようなバランスで聴いてみてください。「HDの没入感」は半端じゃあないですので。

※没入感が半端ないので、
「安全な場所」でお楽しみください。
音量上げすぎ注意です!

それと、もしAmazon Music Unlimitedの無料を試す際に、「解約できなかったらどうしよう」と心配な要素もあるかと思います。そういった場合は、下記の記事が参考になるかと思います。解約には2分もかかりませんでした。私でもできましたので、きっとみなさまなら大丈夫です。

3.結論、上質な映画館

結論、HDはあなたを上質な映画へといざないます。超鳥肌。間違いございません。

もし、あなたも私のように、一般的な配信音源=ロッシー圧縮音源に飼いならされていたとしたら、間違いなく、HD=CD音質での音楽鑑賞は超鳥肌モノ。

今まで聴こえなかった音(あなたの耳のせいではなく、物理的にカットされてしまっていた音データ)は、楽曲が本来持っていた「臨場感・立体感・迫力」を蘇らせ、それらが三位一体となって、あなたの全身を刺激します。

なお、下記のように、高音質音源にはHDやUltra HD以外にも「360 Reality Audio」や「Dolby Atmos」なども用意されており、視聴環境によっては、さらなる没入感、さらなる恍惚感を、あなたにもたらしてくれることでしょう。
(最新技術の備わった、もはやそこは上質な映画館)

Amazon Musicは10月19日、Amazon Music Unlimitedを利用中の全ユーザーにDolby Atmosや360 Reality Audioを含む空間オーディオ楽曲の提供を開始した。

出典:https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1359858.html
  • 360 Reality Audio
※360 Reality Audio
  • Dolby Atmos
※Dolby Atmos

無料期間中に解約してもお金は一切かかりませんでしたので、とりあえず「社会見学してみる」のがおすすめ。私でも簡単に解約できましたので!

引き続き「音楽のある暮らし」が楽しくなるような記事を更新していきます!
数あるサイトからsk blogをお選びいただきありがとうございました!
またつぎの記事でお会いしましょう〜!

当ブログでは、レッチリに興味(「軽度〜重度」まで広範囲にフォローアップします!)がある方や、ギタリスト、ロックは好きだけどヒップホップやネオソウルなどにも興味がある方へ、有力な情報を発信しています。
※アーカイブ記事も多く、気まぐれ更新もあったりします。
必ずお役に立てると思いますので、ぜひブックマークのご登録をお願いいたします!

コメント


Warning: Use of undefined constant ADSENSE_SCRIPT_CODE - assumed 'ADSENSE_SCRIPT_CODE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/c5081555/public_html/sk1984.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/footer-javascript.php on line 17
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました