レッチリ2022世界ツアー情報!【図解ツアー順路】

本記事では、レッチリ2022世界ツアー情報を逐一更新していきます。

なお、レッチリの新作進捗情報は下記にて逐一更新中です。
» 「レッチリ最新情報!2021年ジョン復帰後の新作進捗!(10月11日更新)」
» 「レッチリの新曲でジョンはどのギターを使うのか?

ごゆっくり!

Enjoy!

各項目へ進む場合は、目次からどうぞ!

sk

毎日音楽に励まされて生きています。
音楽も、音楽家も、わたしにとっては刺激そのもの。

プロフィール詳細

1.6月からツアーを開始

2021年9月24日、いよいよ公式が動き出しました。

まずは、下記をどうぞ。

レッチリらしい遊び心全開の動画。

内容はずばり「2022 レッチリ・グローバル・ツアー」について!

2022年の6月からツアーを開始、7月からは北米を周るといったところまでの情報が解禁されました。

ということは、新作アルバムのリリースは2022年4月頃か!?

上記の「ニュース速報」は、エンディングにGive it Awayが流れており、ジョンの復帰を盛大にフィーチャーした構成になっています。

たまらん!

2.6月のフェス(9月24日時点)

2022年の6月からツアー始動ということで、おそらくヨーロッパ・フェス巡礼で始まるんではないかなと、思っています。

下記にツイートしたとおり、ドイツからスタートかな?と予測。

  • 3日〜5日、ROCK AM RING ドイツ
  • 3日〜5日、ROCK IM PARK ドイツ
  • 9日〜12日、Nova Rock Festival オーストリア
  • 9日〜11日、Greenfield Festival スイス

さらに6月下旬は、オランダのピンクポップを廻りつつ、下記の行脚スケジュールになるかな、と予測しております。

  • 17日〜19日、Pinkpop Festival オランダ
  • 25日〜7月2日、Roskilde Festival デンマーク
  • 29日〜7月1日、Open’er Festival ポーランド
  • 30日〜7月2日、Rock Werchter ベルギー

3.ロラパルーザとかぶってる

1回目の「ニュース速報」でジョン・フルシアンテは、「アメリカツアーは7月から」と言っていたのですが、気になるのは、やはり、フジロック。

「どうせならフジロックでみたい!」という方も多いかなと思います。

フジロック2022は下記のとおり、既に開催決定となっています。

2022年もフジロックの開催が決定!

日程は7月29日(金)、30日(土)、31日(日)の3日間です!

出典:フジロック2022の開催が決定!

ところが、これだとフジロックは、7月開催の重要フェス、ロラパルーザと丸かぶりだったりします。

とはいえ、フェスでなくとも来日してほしいな〜!願います。

4.6〜9月のツアー日程(10月8日更新)

現段階では、ヨーロッパと北米のみの内容となっています。

6月・7月・8月・9月は、北半球のサマー・シーズン、南米やオーストラリア、ニュージーランドなどは、10月以降、もしかしたら動きがあるかもしれません。

ヨーロッパ13公演、北米19公演、トータル32公演が発表されました。

では、下記で各日程を確認していきましょう!

ヨーロッパツアーは6月4日スペインから

ヨーロッパツアーは6月4日スペインからスタート。

現在(2021年10月8日時点)、ヨーロッパ10カ国13公演が決定しています。

手書きですが、開催順路を下記にまとめてみました。お役に立てたら幸いです。

6月のツアー日程:8公演

  • 4日、セビリア・スペイン南部
  • 7日、バルセロナ・スペイン北部
  • 10日、ナイメーヘン・オランダ
  • 15日、ブダペスト・ハンガリー
  • 18日、フィレンツェ(*フィレンツェ・ロックス)・イタリア
  • 22日、マンチェスター・イギリス
  • 25日、ロンドン・イギリス
  • 29日、ダブリン・アイルランド

7月のツアー日程:9公演

  • 1日、グラスゴー・イギリス
  • 3日、ウェルフテル(*ロック・ウェルフテル)・ベルギー
  • 5日、ケルン・ドイツ
  • 8日、パリ・フランス
  • 12日、ハンブルク・ドイツ
  • 23日、デンバー・コロラド州
  • 27日、サンディエゴ・カリフォルニア州
  • 29日、サンフランシスコ・カリフォルニア州
  • 31日、ロサンゼルス・カリフォルニア州

北米ツアーは7月23日デンバーから

北米ツアーは7月23日デンバーからスタート。

現在(2021年10月8日時点)、北米は2カ国19公演が決定しています。

こちらも手書きですが、開催順路を下記にまとめてみました。お役に立てたら幸いです。

8月のツアー日程:9公演

  • 3日、シアトル・ワシントン州
  • 6日、ラスヴェガス・ネバダ州
  • 10日、アトランタ・ジョージア州
  • 12日、ナッシュヴィル・テネシー州
  • 14日、デトロイト・ミシガン州
  • 17日、ニューヨーク・ニューヨーク州
  • 19日、シカゴ・イリノイ州
  • 21日、トロント・カナダ
  • 30日、マイアミ・フロリダ州

9月のツアー日程:6公演

  • 1日、シャーロット・ノースカロライナ州
  • 3日、フィラデルフィア・ペンシルベニア州
  • 8日、ワシントン・コロンビア特別区
  • 10日、ボストン・マサチューセッツ州
  • 15日、オーランド・フロリダ州
  • 18日、ダラス・テキサス州

ん〜、来日は厳しいのかなあ?う〜む。

5.スペシャルゲスト

「2022 レッチリ・グローバル・ツアー」には、いわゆる前座にスペシャルゲストが登場予定です。

スペシャルゲストは、下記のとおり。

  • A$AP Rocky
  • Anderson .Paak & The Free Nationals
  • HAIM
  • BECK
  • The Strokes
  • King Princess
  • St. Vincent
  • and Thundercat

さすがとしか言いようがない豪華っぷり。このメンバーだけでも相当なフェスが開催できちゃいますね。

相当な動員数を確約できなければ実現できないスタジアムツアー。実現できちゃう稀有な存在、レッチリ。さすがは世界最強。

ポイントは、まず、サンダーキャットがツアー中、フェスとラスヴェガス公演を除く全公演(29公演)に出演するところ。

サンダーキャットは、超絶ベーシストとして、そして敏腕プロデューサーとして、日本にも多くのファンがいます。

さらに、各日、錚々たるスペシャルゲストと共に、Around the Worldするレッチリ。

以前、レッチリのツアーゲストに、BABYMETALが抜擢されたことも話題になりましたね。

今回のツアーは、「①ジョンの復帰」や、「②パンデミック以降メディアに出ていなかったこと」や、2016年以来となる「③6年ぶりの新作リリース」などもあり、とにかく期待値が大きく膨れ上がってますので、運営サイドも気合十分といったところでしょうかね!

ツアー前半のヨーロッパツアーには、エイサップ・ロッキーと共に、スペイン・オランダ・ハンガリー・イタリア・ドイツをAround the Worldします。

ヨーロッパ後半は、グラミー受賞の超売れっ子、アンダーソン・パーク&ザ・フリー・ナショナルズと共に、イギリスとフランスAround the World。

そして、北米ツアー初日は、LA出身の話題の3姉妹バンド、ハイムと共に、デンバーとサンディエゴの2公演Around the World。

さらに、古巣サンフランシスコとロサンゼルスの2公演では、超VIPベックと共に、Give it Away。

さらにさらに、ツアー後半は、大目玉、ストロークスと共に、ボストン公演を除く、8月と9月の全公演(14公演)をAround the World。

そして、NY出身1998年生まれのキング・プリンセスと共に、8月6日のラスヴェガス公演をAround the World。

キング・プリンセスは、「性差にとらわれない普遍的なメッセージ性」と、「ギター、ベース、ドラム、キーボードをマルチにこなす才能」が高く評価されている注目のアーティスト。

さらに、9月10日のボストン公演には、ブルックリンを拠点に活動するシンガーソングライターのセイント・ヴィンセントと共に、Around the World。

セイント・ヴィンセントは、デヴィッド・バーンとの共作や、ニルヴァーナのメンバーとの共演などでも話題になっており、妖艶で退廃的な音楽性が魅力。フジロックやサマソニなどで来日もしてますね。

以下、各スペシャルゲストの出演スケジュールになります。

6月のスペシャルゲスト

6月開催地ThundercatA$AP RockyA .Paak & T.F.N.HAIMBeckThe StrokesKing PrincessSt. Vincent
4日セビリヤ
7日バルセロナ
10日ナイメーヘン
15日ブダペスト
18日*フィレンツェ
22日マンチェスター
25日ロンドン
29日ダブリン
*フェレンツェはフェス

7月のスペシャルゲスト

7月開催地ThundercatA$AP RockyA .Paak & T.F.N.HAIMBeckThe StrokesKing PrincessSt. Vincent
1日グラスゴー
3日*ウェルフテル
5日ケルン
8日パリ
12日ハンブルク
23日デンバー
27日サンディエゴ
29日サンフランシスコ
31日ロサンゼルス
*ウェルフテルはフェス

8月のスペシャルゲスト

8月開催地ThundercatA$AP RockyA .Paak & T.F.N.HAIMBeckThe StrokesKing PrincessSt. Vincent
3日シアトル
6日ラスヴェガス
10日アトランタ
12日ナッシュヴィル
14日デトロイト
17日ニューヨーク
19日シカゴ
21日トロント
30日マイアミ
*ウェルフテルはフェス

9月のスペシャルゲスト

9月開催地ThundercatA$AP RockyA .Paak & T.F.N.HAIMBeckThe StrokesKing PrincessSt. Vincent
1日シャーロット
3日フィラデルフィア
8日ワシントン
10日ボストン
15日オーランド
18日ダラス
*ウェルフテルはフェス

6.結論、今回は来日厳しい?

結論、今回は来日厳しい?

どうなるでしょうね〜!

COVID-19に関しては、世界中で年々知見も増え、ワクチンや特効薬開発や、ゼロコロナ?ウィズコロナ?の議論など、世界は一歩一歩前進しているように思います。しかし、まだまだ不明点も多く、2022年も慎重な行動を要することに変わりはないかなと思います。

とはいえ、2022年、きっとレッチリは日本にも来る!と願ってます

逐一、レッチリ情報を更新していきますので、お役立ていただけましたら幸いです。

サンダーキャットの記事はこちら
» 「Thundercatとは?【結論:超絶メロウ職人】

アンダーソン・パークの記事はこちら
» 「Anderson .Paakとは?【結論:極上グルーヴ職人】

セイント・ヴィンセントの記事はこちら
» 「St.Vincentとは?【結論:ワイルドでエレガント】

ジョン・フルシアンテの「おさらい」はこちら
» 「ジョン・フルシアンテとは?【結論:非典型的・非凡】
» 「ジョン・フルシアンテ音作り方法【結論:引き算】

コメント


Warning: Use of undefined constant ADSENSE_SCRIPT_CODE - assumed 'ADSENSE_SCRIPT_CODE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/c5081555/public_html/sk1984.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/footer-javascript.php on line 17
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました