KENZOとは?【NIGO®さん就任で話題のブランド】

NIGO®さんを迎えたLVMHグループのファッションブランド「KENZO」。

この記事は「NIGO®さんが手掛けるKENZOをざっくり知れる」内容です。

※目次もご活用くださいませ。

sk

Music ∞♡ / Jazz / Punk / Rock / Funk / Electronic Music 1984年生まれ。東京在住。

プロフィール詳細

1.KENZOとは

「KENZO(ケンゾー)」とは、日本人デザイナーである高田賢三さんが創業したパリのファッションブランド。

下記は2022年1月23日に行われた「KENZO2022年秋冬コレクション」の一幕。

まずは、高田賢三さんについて「ざっくりインプット」していきましょう。

2.高田賢三さん

「KENZO」の創業者は高田賢三さん。

高田賢三さんは、1939年生まれ、兵庫県出身、文化服装学院卒のファッションデザイナー。

2020年10月、新型コロナウィルスにより死去。享年81歳。

※下記のとおり、高田賢三さんは1970年にパリで「KENZO」を創業しています。

フランス、パリ2区のギャルリ・ヴィヴィエンヌ(ギャラリー・ビビエンヌ)で、プレタポルテのブティック「ジャングル・ジャップ」(現ケンゾー)をオープン。

出典:Wikipedia

そして、今回新たに「KENZO」のアーティスティックディレクターに就任したNIGO®さんは、「KENZO」誕生の地である「パリ2区のギャルリ・ヴィヴィエンヌ」にてファーストコレクションを発表しました。

NIGO®さんは「KENZO」という歴史を紐解き「過去と未来をつなぐ」という使命感のもと、NIGO®さんの持ち味である「サンプリングとミックス」の技術で新たな価値を「KENZO」ともに創造していきます。

※下記が高田賢三さん。

ではつぎに、「KENZO」の特徴について「ざっくりインプット」。

3.KENZOの特徴

「KENZO」の特徴は、鮮やかなカラーバリエーションと、大胆なパターンオンパターンで見せるスタイリングなどにあります。

色鮮やかな花柄×花柄の大胆な組合せ、日本の平面作図から生み出されたゆったりとしたシルエット、安価なコットンを多用したカジュアルなコレクションはパリ・モード界に大きな衝撃を与える。

出典:Wikipedia

※下記の写真2枚目、これはまさに「KENZOらしさ=大胆な花柄」と「NIGO®さんらしさ=ワーク・デニムなどのアメリカンカジュアル × アーカイブのサンプリング」を象徴するルックなのでは?と思います。

さらに、個人的な感想で恐縮ですが「KENZO2022年秋冬コレクション」で表現された各ルックから感じたのは、ボディラインを強調することはなく、「レディース・メンズの垣根」もなく、「Diversity & Inclusion 多様性と包括性」に配慮した内容になってはいるものの、そもそもそれら全てが「NIGO®さんらしさにあふれている」ところに感動しました。

なので、これまでにNIGO®さんが手掛けてきた数々のプロダクトは、そもそも「普遍的でタイムレスなデザインだったんだ」と改めて感じたしだいなのです。

だからこそ、万人に受け入れられてきたのでしょうね。

ではつぎに、「KENZO」の歴代デザイナーを「ざっくりインプット」していきましょう。

4.歴代デザイナー

高田賢三さんは2000年春夏コレクションを最後に「KENZO」を退任。

2000年秋冬コレクションから後任のクリエイティブディレクターには、レディスデザインをジル・ロジエさん、メンズデザインをロイ・クレイバーグさんが担当。

また、2004年秋冬コレクションからはアントニオ・マラスさんが、レディスデザインのクリエイティブディレクターを担当。

その後、2012年から直近2020年春夏コレクションまでをキャロル・リムさんとウンベルト・リオンさんがクリエイティブディレクターを務めました。

下記にもあるように、キャロル・リムさんとウンベルト・リオンさんは「KENZO」を大きく飛躍させることに成功。

2011年に現職に就任して以来、2人は「ケンゾー」を2ケタ成長させてきたとされている。業界筋は年間売上高を3億〜4億ユーロ(約366億〜488億円)とみている。

出典:WWD

※下記右:キャロル・リムさん、左:ウンベルト・リオンさん、中央:高田賢三さん。

そして、2022年秋冬コレクションからNIGO®さんがアーティスティックディレクターを担当。

※下記のとおり、2021年9月にNIGO®さんが「KENZO」アーティスティックディレクターに就任した情報が解禁されました。

キャロル・リムさんとウンベルト・リオンさんが「KENZO」を大きく飛躍させることに成功してもなお「さらなる成長と、変わりゆく時代への対応をする」べく抜擢されたのがNIGO®さんということになります。

ちなみに「KENZO」は、ルイ・ヴィトンと同じLVMHグループ(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)が所有するブランドなので、ルイ・ヴィトンがヴァージル・アブローさんを起用した背景なども、NIGO®さんの起用に何らかの後押しとなったのかもしれません。とはいえ、ヴァージル・アブローさんが積み上げた功績にはNIGO®さんを含む「裏原カルチャー」が不可欠だったとすれば、「なるべくしてなった」「時代は求めていた」と捉える方が、もしかしたら自然なのかもしれないですね。

ヴァージル・アブローさんがルイ・ヴィトンのメンズアーティスティックディレクターに就任した背景にも、「さらなる成長と、変わりゆく時代への対応をする」ことは当然求められたでしょうし、なおかつ、近年世界中で意識が高まっている「多様性と包括性」という命題にも取り組める人材が求められたに違いありません。

だからこそ「美しいだけの服では売れない」のが「今」で、様々な「文脈」に精通し、それを「参照・引用」する力が求めれています。

だからこそ、NIGO®さんが抜擢されたのだと思うと感慨深いです。

伝統文化である、歌舞伎や茶の湯、陶芸などの民藝などにも高い感度で反応していくNIGO®さんの感性は、あらゆるアーカイブ=歴史に対し敬意と魅力を見出し、新たなデザイン=新たな価値へと昇華していけるデザイナーだと僕は思っています。

5.まとめ

NIGO®さんにまつわる「キーワードとキーパーソン」を下記にまとめてみました。下記もあわせてどうぞ!

今日は以上です。

skでした。

最後まで読んでくださりありがとうございます!

記事が参考になりましたら幸いです。

You are My Hero, Rest in Peace Taylor Hawkins.

※下記もあわせてどうぞ。

※下記もおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました