フリー使用歴代ベース完全ガイド!【レッチリの天才ベーシスト】

レッチリの曲をカバーしたいんだけど、どのベースがおすすめだろう?
フリーが使ってたベースが知りたいな。
時系列で整理されてると見やすいんだけどなあ。

今回は、このようなご要望にお応えしますっ!

フリーのメインベースは、フェンダーのフリーシグネチャー・アクティブベースです。特にフリーらしいバキバキのスラップサウンドに近づけたい場合は、プリアンプを搭載したアクティブピックアップのベースが必須。

この記事では、フリーが使用したベースを時系列に整理して紹介していきます!

では早速行きましょうっ!

ブックマークしておけば好きな時に読み返せるよ〜
あと、Twitter(@sk1984com)ではブログの更新情報や音楽ネタをお知らせしてるよ〜

6月21日(月) 22日(火)

» LEARN MORE:「マストアイテム・QOL爆上がりスマート家電」プライムデー開催中!

sk

・レッチリ好きになったキッカケは1999年のCalifornication

・中2時にテレキャスターを購入、ダフネブルー

・ジャズも好きで某ジャズ館で2年査定と作品レビューをしてました

・衣食住に関心があり2年バリスタを学んだ後、レストランへ就職

・ワイン好きが高じて独学でソムリエ資格取得、数年後都内某レストランにてシェフ・ソムリエを任されてました

・色々やってますが、このブログはレッチリ関連情報主体です!

プロフィール詳細

フォローしてね

レッチリのカバーをするならアクティブベースが◎

photo credit: piyush.k Dreamforce2012-50 via photopin (license)

フリーの音に近づけるにはシグネチャーモデルを選ぶのが一番近道!

というわけで、まずはフリーのシグネチャーモデルをチェックしましょう!

フリーの音に近づけるための必須要素

  • フリー・シグネチャーのベース弦

フリーの弦は、GHSのフリー・シグネチャーモデルです。フリーのコシのあるベースサウンドに必須のアイテム。

  • フリーのジャズベ

Fenderのフリーシグネチャー・ジャズベースは、Made in Mexicoなのでコスパ良し。

とはいえ、ボディ材はアルダーだし、ニトロセルロースラッカーフィニッシュなので、フリーが愛用する本家61年製ジャズベースの風格に迫る完成度。

レリック加工がめちゃかっこいい。フリーの61年製ジャズベースにそっくりなルックスと、パッシブピックアップのウォームなサウンドが特徴。

  • フリーのアクティブベース

Fenderのフリーシグネチャー・アクティブベースは、この価格でMade in USAなのが凄い。

フリーのアグレッシブなプレイには、アクティブピックアップのベースは必須。アクティブも1本あると表現の幅が広がります。

特に、フリーのようなスラップ奏法をする場合は、アクティブ・ピックアップの恩恵に感動するはず。

このベースは、22フレットというのもポイントですね。

フリーシグネチャー・アクティブベースは、スティングレイ系のバキゴリサウンドに、ジャズベのルックスを兼ね備えたイイトコどりの1本です。

あと下記の書籍も参考になるので併せてどうぞ!

あとは、これで準備万端。

では、つぎにフリー使用の「歴代ベース」をチェックしましょう!

フリー使用の「歴代ベース」一覧

  • Musicman (Pre Ernie Ball) Cutlass I
  • Musicman (Pre Ernie Ball) Stingray
  • Spector NS-2J
  • Spector (Kramer) NS-2
  • Electric Wood Mk-Ⅱ
  • Musicman (Ernie Ball) Stingray
  • Modulus FB4
  • 1961 Fender Jazz Bass
  • Fender Flea Jazz Bass
  • Fender Flea Active Jazz Bass

フリーがFenderとエンドース契約をしたのは割と近年の話。過去には、ミュージックマンのスティングレイや、モジュラスのアクティブベースを使用していました。

この動画でわかるように、フリーサウンドの楽しさを、みなさまにも紹介できたら嬉しい。めっちゃ楽しそ過ぎる笑。

Sound Like Flea From Red Hot Chili Peppers! – All About The Bass
Sound Like Flea From Red Hot Chili Peppers! – All About The Bass

では、フリーが使用したベースを時系列でチェックしていきましょう!

1.レッチリ結成頃の使用ベース

Musicman (Pre Ernie Ball) Cutlass I

初期フリーといえば、ミュージックマン社のスティングレイです。ですが、初期フリーはミュージックマン社のカトラスⅠ(現行のカトラスシリーズとは全く異なるスペック)も使用しています。フリーはスティングレイとカトラスⅠを、レッチリがメジャーデビューする1984年以前から使用しています。

上の写真がそのカトラスⅠです。

カトラスⅠはミュージックマン社がアーニーボール社に買収される以前にラインナップされていたモデルで、80年代前半にリリースされています。カトラスⅠの特徴はなんといっても、グラファイトネック。グラファイトネックといえば、後にフリーがメインベースとして使用し、長期に渡りエンドース契約を結んでいたモジュラス社のベースが有名ですよね。

ちなみに、このカトラスⅠのグラファイトネックはモジュラス社による製造です。

カトラスⅠは当時の日本円で30万円ほどで、スティングレイの上位機種という位置づけでリリースされていました。スティングレイは当時の日本円で25万円ほど。デビュー前のフリーもコツコツお金貯めて買ったんでしょうね。

FLEA's 1st RHCP bass – MUSIC MAN Cutlass I
FLEA’s 1st RHCP bass – MUSIC MAN Cutlass I

Musicman (Pre Ernie Ball) Stingray

スティングレイはミュージックマン社が1976年に発表したアクティブタイプのエレキベースです。フリーのようにスラップを多様するベーシストに愛されている名機。

ミュージックマン社は1984年にアーニーボール社に買収され、アーニーボール社の1ブランドとして現在もミュージックマンは健在していますが、1983年の時に既にフリーはスティングレイを使用しているので、プレ・アーニーボール社時代のスティングレイということになります。

カトラスⅠとの決定的な違いはメイプルネックという点です。

廉価シリーズのスターリン・バイ・ミュージックマンなら10万円台でスティングレイタイプのベースがゲットできます。

もちろん本家ミュージックマンのスティングレイも超オススメです。

著名な使用ベーシストは、ルイス・ジョンソン(ブラザーズ・ジョンソン)、オーディオスレイヴのティム・カマフォードはレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのデビューアルバムで使用。また、ジョン・フルシアンテとのアタクシアや、フガジの活動で有名なジョー・ラリーも愛用しています。日本人では、YMO時代に細野晴臣さんが使用していたことでも有名です。

この動画でカトラスⅠとスティングレイの見分け方がよくわかりますのでご参考にどうぞ。

FLEA's 1st MUSIC MAN mystery REVEALED – UPDATE!
FLEA’s 1st MUSIC MAN mystery REVEALED – UPDATE!FLEA’s 1st MUSIC MAN mystery REVEALED – UPDATE!

2.The Uplift Mofo Party Planの使用ベース

Spector NS-2J

1986年頃からフリーは、スペクター社(1976年創業)の名機NS-2Jを使用するようになります。スペクター社は1985年にクレイマー社(エディ・ヴァン・ヘイレンの使用で有名なギターメーカー)に買収(現在は創業者のスチュワート・スペクターの元に戻っています)されます。

「ファイト・ライク・ア・ブレイヴ」のMVでその姿が確認できます。

NS-2Jはボルトオンネック仕様で、ネックインレイはドット。NS-2Jもアクティブの2ピックアップ仕様ですが、ネック側とブリッジ側、共にジャズベタイプという構成。

NS-2はかなり高価なベースなので、ちょっと気になるなと言う方は廉価シリーズのユーロ・シリーズがオススメです。

更にコスパ重視のモデルがレジェンド・シリーズ。

FLEA's SPECTOR basses – 1986-1991
FLEA’s SPECTOR basses – 1986-1991

3.Mother’s Milkの使用ベース

Spector (Kramer) NS-2

フリーが使用していたNS-2はクレイマー社時代のモノ。

NS-2の特徴は、スリーピースのスルーネック構造であることと、ネックにグラファイトのバーが仕込まれていること。ネックインレイがクラウン柄。アクティブの2ピックアップ仕様で、ネック側がプレベタイプ、ブリッジ側がジャズベタイプという構成。

さきほども紹介しましたが、NS-2はかなり高価なベースなので、ちょっと気になるなと言う方は廉価シリーズのユーロ・シリーズがオススメです。

更にコスパ重視のモデルがこちらのレジェンド・シリーズ。

4. Blood Sugarの使用ベース

Electric Wood Mk-Ⅱ

1991年の5thアルバムブラッド・シュガー・セックス・マジックのレコーディングでフリーは、エレクトリック・ウッド社のウォルMk-Ⅱをメインベースとして使用しました。

エレクトリック・ウッド社はイングランドで1974年創業した楽器メーカーです。

名曲「アンダー・ザ・ブリッジ」のMVやファンキー・モンクスなどでは、5弦スティングレイも使用してますね。

ちなみにこの頃もライブではフリーが長年愛用しているボディがブラックで、ローズウッド指板のスティングレイがメインでした。

さきほども紹介しましたが、廉価シリーズのスターリン・バイ・ミュージックマンなら10万円台でスティングレイタイプのベースがゲットできます。

もちろん本家ミュージックマンのスティングレイも超オススメです。

FLEA’s Blood Sugar Sex Magik BASS – WAL MK II
FLEA’s Blood Sugar Sex Magik BASS – WAL MK II

5.One Hot Minuteの使用ベース

Musicman (Ernie Ball) Stingray

ジョン・フルシアンテが1992年に脱退し、デイヴ・グロールを迎えてレコーディングされたワン・ホット・ミニットの1996年頃を久しぶりにメインベースとしてスティングレイを使用しています。

ボディがブラックでローズウッド指板のこのスティングレイがフリーのスティングレイとして最も有名な1本。1990年頃から愛用していますね。このスティングレイはアーニーボール社買収後のモデル。

1983年に使用していたプレ・アーニーボール社のスティングレイ以降も、様々なスティングレイを引き続けているフリー。

何度もくどいですが、廉価シリーズのスターリン・バイ・ミュージックマンなら10万円台でスティングレイタイプのベースがゲットできます。

もちろん本家ミュージックマンのスティングレイも超オススメです。

  • MUSICMAN StingRay
  • 廉価シリーズ:STERLING by Musicman Ray34
  • 超コスパモデル:STERLING by Musicman STINGRAY RAY4
ALL FLEA's MusicMan STINGRAY + STERLING basses
ALL FLEA’s MusicMan STINGRAY + STERLING basses

6.Californicationの使用ベース

Modulus FB4

カリフォルニケイション以降、フリーといえばモジュラス社のベースです。長らく愛用したスティングレイからほぼ完全にシフトした感のあるモジュラス社のベース。フェンダー社とエンドース契約を結ぶ前までモジュラス社と長期のエンドース契約を結んでいたフリー。

フリーが愛用したモジュラス社のベース「ファンク・アンリミテッド・ベース・FB4」は、ネックが木製ではなくグラファイトの超剛性ネックを使用しています。

「ゴリゴリ」で「レスポンスが早く」「ギラリ」としたフリーらしい音の基礎を造るベース。

流通量が少ないので入手はなかなか困難。

Red Hot Chili Peppers – Bizarre Festival 1999 (HD 720p 50fps)
Red Hot Chili Peppers – Bizarre Festival 1999 (HD 720p 50fps)

1961 Fender Jazz Bass

最近ではすっかりフリーのイメージに馴染んだこちらのフェンダー社の61年製ジャズベース。

カリフォルニケイションのMVでも使用してますね。8thアルバムバイ・ザ・ウェイ以降のレコーディングでも大活躍してます。

ボディのカラーは一見クリーム系のホワイトに見えますが、シェルピンクというカラーです。フリーのシグネチャーモデルにも踏襲されています。

本家フェンダーのジャズベース、やはりかっこいいです。現行品のアメリカン・オリジナルはヴィンテージの仕様にかなり忠実なモデルになっています。

こちらの動画でフェンダーのアメリカン・オリジナル・シリーズの魅力がわかります。

Fender American Series | American Original
Fender American Series | American Original

7.The Getawayの使用ベース

Fender Flea Jazz Bass

フリーはフェンダーとエンドース契約を結び2016年に、フリーの61年製ジャズベースを忠実に再現したフリーのシグネチャーモデルを発表しました。それがこちら。

冒頭でドナ・リー口ずさんでる。

やはり、安定安心のサウンドですね。ヴィジュアルも渋いレリック加工で、幅広く使えそうな1本。スラップメインのプレイヤーには物足りないかもしれませんけど。こういう音も出せるとハッピーですね。

Flea Introduces the Fender Signature Flea Bass | Artist Signature Series | Fender
Flea Introduces the Fender Signature Flea Bass | Artist Signature Series | Fender

Fender Flea Active Jazz Bass

こちらが最も最近発表されたフェンダー社のフリー・シグネチャーのアクティブ・ジャズベース。

アクティブ・ピックアップ搭載で、スラップ奏法にもばっちり対応してくれる1本。ギンギンなプレイをサポートします。

Introducing The Flea Signature Active Jazz Bass | Artist Signature Series | Fender
Introducing The Flea Signature Active Jazz Bass | Artist Signature Series | Fender

フリーは映画にも出てる!

フリーはバック・トゥ・ザ・フューチャーに出てるって知ってましたか?バック・トゥ・ザ・フューチャーのパート2、パート3に実は出てます。結構笑えます。

フリーは結構いろんな映画に出てるよ〜

» 「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」作品ページをチェックする

» 「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3」作品ページをチェックする

コンプリートBOXはこちら。

レッチリの全アルバム

レッチリのスタジオアルバムは全部で11枚。新作楽しみですね!下記のような珍しい音源も色々あって、最強のライブバンドと言われているだけあってライブ音源もかっこいいです。

僕は、7thアルバムの「Californication」と、ライブアルバムの「Live in Hyde Park」が特に好きです。

とりあえずアクティブベース使ってみよう

Fenderのフリーシグネチャー・アクティブベースは、フリーの多彩な奏法を支える万能ベース。

上質なプリアンプを搭載しているのにコスパも良い。ミッド成分がしっかり出るピックアップなので気持ちいい音。

最後にフリーのシグネチャー弦とベースのリンクを貼っておきますので是非チェックしてみてくださいね。

これで完璧。

フリーの歴代エフェクター完全ガイド

フリーの歴代使用エフェクター情報は「フリー歴代使用エフェクター完全ガイド!【レッチリの天才ベーシスト】」にまとめました!

フリーの機材完全ガイド

フリーの機材情報は「フリー使用機材まとめ!ベース・エフェクター・アンプ完全ガイド!【レッチリの天才ベーシスト】」にまとめました!下記からどうぞ!

記事が参考になりましたら幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました