エディ・ヴェダー「Earthling」作品紹介【チャド&ジョシュ参加】

こちらの記事ではエディ・ヴェダーのソロアルバム「Earthling」を紹介していきます。

個人的にはレッチリのチャド・スミス、プルーラルワン名義の作品も冴えまくっているジョシュ・クリングホッファーの2名が参加している点でも本作は見逃せない!

エディ・ヴェダーはパール・ジャムのボーカリスト。

※目次もご活用くださいませ。

【予約始まってます!】RHCPニューアルバム「Return Of The Dream Canteen」10月14日(金)発売!

【Amazon.co.jp限定】リターン・オブ・ザ・ドリーム・カンティーン (メガジャケ付)
ワーナーミュージック・ジャパン
Red Hot Chili Peppers、2022年4月に発売されたアルバム『Unlimited Love』に続き、わずか半年で最新アルバム『Return of the Dream Canteen』の発売が決定!
※日本盤ボーナストラック1曲収録

RHCPニューアルバム「Unlimited Love」発売中!

※Amazon Music Unlimited、30日間無料!


sk

Music ∞♡ / Jazz / Punk / Rock / Funk / Electronic Music 1984年生まれ。東京在住。

プロフィール詳細

1.メンバー

「Earthling」はエディ・ヴェダーの3作目にあたるソロアルバム。

*「Earthling」のアルバムカバーアート。

アルバム『アースリング』は2011年の『ウクレレ・ソングス』以来11年ぶりとなる新作で、プロデューサーに第63回グラミー賞「最優秀プロデューサー」を受賞したアンドリュー・ワット(オジー・オズボーン、ジャスティン・ビーバー、ポスト・マローンなど)を迎えている。

出典:MUSIC LIFE CLUB

2022年2月11日リリース。

では早速「Earthling」のメンバーをチェックしていきましょう!

Vocal / Guitar / Lyrics

まずは本作の主役、エディ・ヴェダー。

*dannybones64より。

言わずと知れたパール・ジャムのボーカリスト。ソロアルバムは本作が3作目となります。

エディ・ヴェダーは本作でボーカル、ギター、全ての作詞を担当。

Guitar

お次はギター担当。

本作のギターには全編にわたりジョシュ・クリングホッファーが参加しています。

*pluralone_officialより。

ジョシュは、2021年からパール・ジャムのツアーメンバーにもなっており、本作「Earthling」にもメイン・ギタリストとして全面参加しています。

ジョシュに関してはこれまでにもいくつか紹介してきていますので下記もあわせてどうぞ。

Bass

つづいて本作のベース担当について。

*thisiswattより。

本作のベースはアンドリュー・ワットが担当しています。

アンドリュー・ワットは本作のプロデューサーでもありますので、詳しくはのちほど。

Drums

最後にドラム担当。

本作「Earthling」のドラマーはレッチリの愛されドラマー、チャド・スミス。

*thisiswattより。

今年61歳になるチャドは、本作でも依然としてゴキゲンな爆裂ドラムを聴かせてくれています。

以上の4名が中心となり「バンドらしい」プロセスを経て全員で作曲&制作した本作「Earthling」。

ツアーには下記のとおり、ベースにジェーンズ・アディクションのクリス・チェイニー(チャドの左)、さらにゲスト参加でグレン・ハンサード(ジョシュの左)がギターで参加しています。

*dannybones64より。

なお、本作「Earthling」には多くの超エクスクルーシブ・スペシャルゲストが参加してますので、そちらものちほど紹介していきますね。

では次に、本作のプロデューサー、アンドリュー・ワットについてチェックしていきましょう!

2.プロデューサー

本作のプロデューサー、アンドリュー・ワットといえば、ポスト・マローン、オジー・オズボーン、デュア・リパなどのプロデュースで知られる超売れっ子グラミー受賞プロデューサー。

*ポスト・マローンとアンドリュー・ワット

なお、アンドリュー・ワットは下記のとおり、パール・ジャムの次回作をプロデュースする予定となっています。

来月リリースするソロ・アルバム『Earthling』でワットと共作しているエディ・ヴェダーは、英国の音楽誌『Mojo』のインタビューで、「僕ら、アンドリューとアルバムを作る。僕はそう思ってるよ。すでに話をしているんだ」と明かした。

出典:BARKS

下記のように、アンドリュー・ワットはレジェンドアーティストと「今」をつなぐ稀有な存在。

*アンドリュー・ワットがプロデュースしたオジー・オズボーンの「Ordinary Man」

*アンドリュー・ワットがプロデュースしたジャズティン・ビーバーの「ANYONE」

*アンドリュー・ワットがプロデュースしたエディ・ヴェダーの「Earthling」

*エディ・ヴェダーとアンドリュー・ワット

ロックを後世に引き継ぐことって文化の継承になるので、とっても尊い仕事ですね。

3.収録曲

本作「Earthling」の収録曲をチェックしていきましょう!

Earthling 収録曲

  1. Invincible
  2. Power of Right
  3. Long Way
  4. Brother the Cloud
  5. Fallout Today
  6. The Dark
  7. The Haves
  8. Good and Evil
  9. Rose of Jericho
  10. Try
  11. Picture w/Elton John
  12. Mrs. Mills
  13. On My Way

本作からのシングルカット曲

Long Way

The Haves

Brother the Cloud

スペシャルゲスト

スティーヴィー・ワンダー

アルバムの10曲目「Try」に、スティーヴィー・ワンダーがハーモニカで参加!

*スティーヴィー・ワンダー、エルトン・ジョンアンドリュー・ワット

エルトン・ジョン

アルバムの11曲目「Picture」には、エルトン・ジョンがボーカル、コーラス、ピアノで参加!

*エルトン・ジョンとアンドリュー・ワット

※下記もあわせてどうぞ。

リンゴ・スター

さらにアルバムの12曲目「Mrs. Mills」には、リンゴ・スターがドラムで参加しています!

リンゴ・スターはザ・ビートルズのドラマー。

*リンゴ・スターとデイヴ・グロール。

4.まとめ

現在絶賛アメリカツアー中のエディ・ヴェダー。

COVID-19の影響で一部公演に延期が出ているエディのアメリカツアー。エディ・ヴェダーはパール・ジャムの北米&欧州ツアーも控えており、7月に行われるベルギーのロックフェスティバル、ロックウェルフテルにはレッチリと共に上陸予定です。

最強メンツ。

ライブ見たいですね!

※下記「Earthling」用リンクです。

※こちらも待ち遠しい!

※下記もあわせてどうぞ。

今日は以上です。

skでした。

最後まで読んでくださりありがとうございます!

記事が参考になりましたら幸いです。

【予約始まってます!】RHCPニューアルバム「Return Of The Dream Canteen」10月14日(金)発売!

【Amazon.co.jp限定】リターン・オブ・ザ・ドリーム・カンティーン (メガジャケ付)
ワーナーミュージック・ジャパン
Red Hot Chili Peppers、2022年4月に発売されたアルバム『Unlimited Love』に続き、わずか半年で最新アルバム『Return of the Dream Canteen』の発売が決定!
※日本盤ボーナストラック1曲収録

RHCPニューアルバム「Unlimited Love」発売中!

※Amazon Music Unlimited、30日間無料!


You are My Hero, Rest in Peace Taylor Hawkins.

※下記もあわせてどうぞ。

※下記もおすすめです。

Helpful Discography for Listening to Music

Feature on Artists
ファンカデリック作品まとめ【至高ファンク】
Feature on Artists
ブラックサバス作品まとめ【至高メタル】
Feature on Artists
ケンドリック・ラマー作品まとめ【至高ヒップホップ】
Feature on Artists
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ作品まとめ【時系列で見やすく整理】
Feature on Artists
パーラメント作品まとめ【至高ファンク】
Feature on Artists
パブリック・イメージ・リミテッド作品まとめ【至高ポストパンク】
Feature on Artists
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ作品まとめ【至高レゲエ】
Feature on Artists
ジョン・レノン作品まとめ【至高ロック】
Feature on Artists
ジミ・ヘンドリックス作品まとめ【至高ロック】
Feature on Artists
オアシス作品総まとめ!【時系列で見やすく整理】
Feature on Artists
カマシ・ワシントン作品総まとめ!【至高ジャズ】
Feature on Artists
BadBadNotGood作品総まとめ!【至高ジャズ】
Feature on Artists
バウ・ワウ・ワウ作品総まとめ!【至高ニューウェーブ】
Feature on Artists
ウォーペイント作品総まとめ!【至高アートロック】
Feature on Artists
That Dog作品総まとめ!【至高オルタナティブロック】
Feature on Artists
ハイム作品総まとめ!【レッチリツアーのゲストアクト!】

Articles : History of RED HOT CHILI PEPPERS

Feature on Artists
レッチリ最新情報2022年版!【新作&新曲解禁!ジョン復帰!】
Feature on Artists
レッチリ2022年世界ツアー情報まとめ!【図解ツアー順路】
Feature on Artists
レッチリが4月1日に出演予定の人気番組「ジミー・キンメル・ライブ!」について。
Feature on Artists
レッチリも出演!アメリカの「人気トーク番組」変遷まとめ!【ジミー・キンメル&ジミー・ファーロン】
Feature on Artists
レッチリ星「ハリウッド殿堂入り」詳細まとめ【2717個目の星】
Feature on Artists
レッチリはいくらで著作権を売却した?【全楽曲で150億円】
Feature on Artists
カリフォルニケイションのMVでメタバース先取り。NFT参入ありえる。
Feature on Artists
レッチリの最新メンバー!2022年更新【今年はツアー三昧】
Feature on Artists
レッチリの代表曲とは?【年代別で整理】
Feature on Artists
レッチリのメンバー変遷【結成〜現在】
Feature on Artists
レッチリの歴代プロデューサー変遷【デビュー〜現在】
Feature on Artists
レッチリの名曲とは?1980年代編【Red Hot Chili Peppers】
Feature on Artists
レッチリの名曲とは?1990年代編【Red Hot Chili Peppers】
Feature on Artists
レッチリの名曲とは?2000年代編【Red Hot Chili Peppers】
Feature on Artists
レッチリの名曲とは?2010年代編【Red Hot Chili Peppers】
Feature on Artists
レッチリの凄さについて。
Feature on Artists
アンソニー・キーディスがWalk on the Wild Sideしてる!
Feature on Artists
Red Hot Chili Peppersのお役立ちリンク集

レッチリ:HISTORY 記事一覧
sk blog トップページ

Articles : Works of RED HOT CHILI PEPPERS

Feature on Artists
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ作品まとめ【時系列で見やすく整理】
Feature on Artists
Unlimited Love「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの12thアルバム】
Feature on Artists
レッチリ新譜「Unlimited Love」収録新曲の解禁ストーリー【Red Hot Chili Peppers】
Feature on Artists
レッチリ新譜!「Black Summer」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
Feature on Artists
レッチリ新譜!「Poster Child」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
Feature on Artists
レッチリ新譜!「Not the One」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
Feature on Artists
レッチリ新着!「These Are the Ways」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
Feature on Artists
The Red Hot Chili Peppers「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの1stアルバム】
Feature on Artists
Freaky Styley「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの2ndアルバム】
Feature on Artists
The Uplift Mofo Party Plan「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの3rdアルバム】
Feature on Artists
Mother’s Milk「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの4thアルバム】
Feature on Artists
Blood Sugar Sex Magik 「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの5thアルバム】
Feature on Artists
One Hot Minute「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの6thアルバム】
Feature on Artists
Californication「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの7thアルバム】
Feature on Artists
By the Way「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの8thアルバム】
Feature on Artists
Stadium Arcadium「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの9thアルバム】
Feature on Artists
I’m with You「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの10thアルバム】
Feature on Artists
レッチリのI’m Beside Youとは?【I’m With YouのB面】
Feature on Artists
The Getaway「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの11thアルバム】
Feature on Artists
レッチリ人気曲TOP10とは?【結論:メロウが上位】
Feature on Artists
カリフォルニケイションのMVでメタバース先取り。NFT参入ありえる。
Feature on Artists
アンソニー・キーディスがWalk on the Wild Sideしてる!
Feature on Artists
レッチリはいくらで著作権を売却した?【全楽曲で150億円】
Feature on Artists
【推薦①】Stadium Arcadiumの詳細と考察!レッチリのグラミー受賞アルバム
Feature on Artists
【推薦②】 Live in Hyde Parkの詳細と考察!レッチリのライブ名盤
Feature on Artists
【推薦③】Californicationの詳細と考察!ジョン・フルシアンテ復帰作
Feature on Artists
【推薦④】By the Wayの詳細と考察!【Very John】
Feature on Artists
ジョン在籍時レッチリのアルバム詳細!【最強4選】
Feature on Artists
レッチリの名曲とは?1980年代編【Red Hot Chili Peppers】
Feature on Artists
レッチリの名曲とは?1990年代編【Red Hot Chili Peppers】
Feature on Artists
レッチリの名曲とは?2000年代編【Red Hot Chili Peppers】
Feature on Artists
レッチリの名曲とは?2010年代編【Red Hot Chili Peppers】
Feature on Artists
レッチリの代表曲とは?【年代別で整理】
Feature on Artists
Red Hot Chili Peppersのお役立ちリンク集

レッチリ:WORKS 記事一覧
sk blog トップページ

Articles : Members of RED HOT CHILI PEPPERS

Feature on Artists
アンソニー・キーディスといえばコレ!【5分で魅力を解説】
Feature on Artists
レッチリ・フリーとは?【結論:音楽仙人】
Feature on Artists
ヒレル・スロヴァクとは?【レッチリの初代ギタリスト】
Feature on Artists
ジョン・フルシアンテといえばコレ!【5分で魅力を解説】
Feature on Artists
ジョシュ・クリングホッファーとは?【結論:空間デザインの匠】
Feature on Artists
チャド・スミスとは?【結論:職人レベルが非凡】

レッチリ:MEMBERS 記事一覧
sk blog トップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました