Men I Trustのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【メン・アイ・トラスト】

シティポップやヴェイパーウェイヴが最近気になるんだけど、心地よいグルーヴ感のおすすめが知りたいな!

今回は、このようなご要望にお応えしますっ!

メン・アイ・トラストの音楽は、エレクトロポップや、ドリームポップなどと形容されています。メランコリックな曲や、グルーヴィーな曲が特徴で、シティポップやヴェイパーウェイヴの流れにも乗るような、都会的な感性をもった要注目バンドです!

では早速みていきましょう!

ブックマークしておけば好きな時に読み返せるよ〜
あと、Twitter(@sk1984com)ではブログの更新情報や音楽ネタをお知らせしてるよ〜

6月21日(月) 22日(火)

» LEARN MORE:「マストアイテム・QOL爆上がりスマート家電」プライムデー開催中!

sk

・レッチリ好きになったキッカケは1999年のCalifornication

・中2時にテレキャスターを購入、ダフネブルー

・ジャズも好きで某ジャズ館で2年査定と作品レビューをしてました

・衣食住に関心があり2年バリスタを学んだ後、レストランへ就職

・ワイン好きが高じて独学でソムリエ資格取得、数年後都内某レストランにてシェフ・ソムリエを任されてました

・色々やってますが、このブログはレッチリ関連情報主体です!

プロフィール詳細

フォローしてね

メン・アイ・トラストのプロフィール

メン・アイ・トラストは2014年に高校時代からの友人であったベーシストのジェシーと、プロデューサー兼キーボーディストのドラゴスが大学で再開したことがキッカケで結成されました。

おそらくメンバー全員がフランス語を話します。メン・アイ・トラストの地元であるカナダのモントリオールがあるケベック州は、第一言語がフランス語。トロントやバンクーバーなどは英語が第一言語なので、モントリオールは英語圏にありながらも独特の文化が形成されているようです。

この動画の後半でフランス語での会話が確認できます。

Men I Trust – Lauren (live at home)
Men I Trust – Lauren (live at home)

結成後1枚のEPを制作し、モントリオール・ジャズ・フェスティヴァルや地元ケベックのフェスに参加、そしてスタジオ・アルバム『ヘッドルーム』を制作。

ヴォーカル兼ギターのエマが加入するのは2016年になってからのこと。着実に知名度を上げ、実力を発揮していき、北米ツアーを行う。そして、2019年にはコーチュラやロラパルーザといったアメリカのビッグフェスに参加するように。

2016年から2019年にかけて12枚のシングルをリリースし、それらを再編集して一つのアルバムにまとめた作品が『オンクル・ジャズ』。

ヴォーカル・ギター:エマ・プルー(Emmanuel Proulx)

エマのフェイヴァリット・アルバムはこちら。

ベース:ジェシー・カロン(Jessy Caron)

ジェシーのフェイヴァリット・アルバムはこちら。

キーボード:ドラゴス・チリアック(Dragos Chiriac)

ドラゴスのフェイヴァリット・アルバムはこちら。

メン・アイ・トラスト(Men I Trust)のオススメ曲

メン・アイ・トラストは現在までにスタジオ・アルバムを2枚制作しています。認知度が最も高い作品はやはり『オンクル・ジャズ』ですね。非常に人気が高く、心地よい楽曲が多くとても完成度が高いです。

リリースメン・アイ・トラスト・アルバム一覧レーベル
1st2014年5月28日Men I TrustReturn To Analog
2nd2015年6月30日HeadroomReturn To Analog
3rd2019年5月28日Oncle JazzReturn To Analog
4th2020年7月9日Forever Live SessionReturn To Analog

では、年代順にチェックしていきましょう。

1stEP:Men I Trust

アルバムタイトルMen I Trust
リリース2014年5月28日
レーベルReturn To Analog
パーソネルジェシー(b), ドラゴス(key)

「デイズド」や「エンドレス・ストライヴ」などハウス直系のグルーヴィーな楽曲もあり。歌ものハウスでも、メン・アイ・トラストらしい美メロが生きておりとても心地よい。

レディオヘッドやジェイムス・ブレイクをフェイバリットに上げるドラゴスらしく、トム・ヨークやジェイムス・ブレイクを彷彿とさせるヴォーカルのメロディラインの美しさは既に健在。

全体的にドリーミーな作風の中、「エクスタティック・メモアズ」がダーク・サイケデリック・ファンク的楽曲で、ピリッとした良いスパイスになっている。

本作の目玉はヘレナ・デランドをフィーチャーした「ステイ・トゥルー」です。ヘレナ・デランドはソフトで美しいヴォーカルが特徴のカナダのシンガーソングライター。JPEGMAFIAの「フリー・ザ・フレイル」にもフィーチャーされている注目株です。この「ステイ・トゥルー」が放つ世界観には、メン・アイ・トラストらしいドリーム・ポップの魅力が凝縮されています。

Men I Trust – Extatic Memoirs ft. James & Odile
Men I Trust – Extatic Memoirs ft. James & Odile

1stアルバム:Headroom

アルバムタイトルHeadroom
リリース2015年6月30日
レーベルReturn To Analog
パーソネルエマ(g, vo), ジェシー(b), ドラゴス(key)

1stEPに収録されていた様なハウス系トラックはなくなり、より一層シティポップ色が強くなり、AORやR&Bファンにも訴求していくクールなトラックが揃っている。

「ブレイク・フォー・ラヴァーズ」は前作でもフィーチャーされたヘレナ・デランドをフィーチャーした楽曲で、これが最高に気持ちいい。儚く繊細で美しいヘレナ・デランドのヴォーカルにローファイ・トラックが心地よくグルーヴする。

3曲目の「アウト・イン・マイセルフ」と6曲目「キュリアス・フィッシュ」でようやくエマのヴォーカルを聴くことができる。特に6曲目「キュリアス・フィッシュ」でのシャーデーを彷彿とさせる独特の色気あるコーラスワークがかっこいい。優しく力強く切ないエマのヴォーカルがメン・アイ・トラストの楽曲をイキイキとさせた。

作品全体の世界観や完成度がぐっと高まった傑作。夜のドライブに最高です。

Men I Trust – Break For Lovers ft. Helena Deland
Men I Trust – Break For Lovers ft. Helena Deland

2ndアルバム:Oncle Jazz

アルバムタイトルOncle Jazz
リリース2019年5月28日
レーベルReturn To Analog
パーソネルエマ(g, vo), ジェシー(b), ドラゴス(key)

そして、こちらがメン・アイ・トラスト最高傑作『オンクル・ジャズ』。

「ユー・ディザーヴ・ディス」「テイルウィップ」「アイ・ホープ・トゥ・ビー・アラウンド」「ショウ・ミー・ハウ」「セヴン」「セイ・キャン・ユー・ヒアー」「ナム」「ノートン・コマンダー」、以上の9曲は全て2016年から2019年の期間にシングルとして制作された楽曲。

アルバムの為に制作する過去の制作方法ではなく、完成した楽曲をデジタルで都度都度リリースしていくというのが現代的。各楽曲の完成度も高く、シングルとして魅力がそれぞれに詰まっている。

大人なアレンジの「セヴン」。ギターとキーボードのハーモニーが最高に心地よい。

「セイ・キャン・ユー・ヒアー」のようなジョイ・ディヴィジョン・ライクなポスト・パンク調の楽曲もエマのヴォーカルとギターが乗ると、メン・アイ・トラストらしくまとまる。ジーザス・アンド・メリーチェインなども匂わせ、ソフィア・コッポラの映画の世界観にはまりそうなドリーミー感が胸を熱くさせる。

Men I Trust – Say Can You Hear
Men I Trust – Say Can You Hear

ジザメリの「ジャスト・ライク・ハニー」

The Jesus And Mary Chain – Just Like Honey (Official Music Video)
The Jesus And Mary Chain – Just Like Honey (Official Music Video)

ライヴアルバム:Forever Live Session

アルバムタイトルForever Live Session
リリース2020年7月9日
レーベルReturn To Analog
パーソネルエマ(g, vo), ジェシー(b), ドラゴス(key)

メン・アイ・トラストのガレージセッション集『フォーエヴァー・ライヴ・セッション』。名曲揃いの選曲で全編聴きやすく心地よいライヴ盤。

大ヒット『オンクル・ジャズ』からの楽曲を中心に『ヘッドルーム』からは「ブレイク・フォー・ラヴァーズ」も選曲されており、エマ・ヴァージョンの「ブレイク・フォー・ラヴァーズ」が聴けるのはファンにも嬉しい構成。

山下達郎「蒼氓」のコード進行を引用した「オール・ナイト」。詩もどこかシンクロするような。ジェシーのメロウギターソロもめっちゃセンスあって気持ちいい。

Men I Trust – All Night (garage session)
Men I Trust – All Night (garage session)

こちら本家の山下達郎「蒼氓」。MVには石田ゆり子さんが出演しています。

山下達郎 「蒼氓(そうぼう)」・「踊ろよ、フィッシュ」Music Video
山下達郎 「蒼氓(そうぼう)」・「踊ろよ、フィッシュ」Music Video

メン・アイ・トラストの魅力

メン・アイ・トラスト、メロウなグルーヴから、都会的な響きのあるシティポップ系の楽曲までトレンドの流れも汲みつつ、持ち前のメロディセンスが心地よいバランス感で、ヴォーカルのエマの繊細な声質も相まって儚い世界観に引き込まれます。

こじんまりとしたアットホームなムードも心地よいですね。

ROCK / PUNK / POPS 関連記事

MUSIC
パンクの定番名盤オススメ10選!【UKパンク・NYパンク・LAパンク】
MUSIC
Tame Inpalaのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【テーム・インパラ】
MUSIC
Men I Trustのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【メン・アイ・トラスト】
MUSIC
マーズ・ヴォルタ全アルバム紹介!超絶プログレ集団【ジョン・フルシアンテ & フリー 多数参加!】
MUSIC
藤原ヒロシさんのエフェクターが上品!公式インスタグラム掲載の洗練機材【Hiroshi Fujiwara】
MUSIC
Heart of the Sunrise イエスの名曲 ライブ盤Yessongsでの演奏が凄い!
MUSIC
Red Hot Chili Peppers完全ガイド!レッチリの歴史、作品、歴代メンバーを完全網羅!
MUSIC
ノエル・ギャラガー完全ガイド!基本と深堀り!【Noel Gallagherのプロフィール・おすすめ曲・機材も紹介】

sk blog トップページ

6月21日(月) 22日(火)

» LEARN MORE:「マストアイテム・QOL爆上げスマート家電」プライムデー開催中!

音声メディア「Audible」は楽にリテラシーが上がるから実用してる

移動中、ランニング中、入浴中、掃除中など「ながら読書」は読書が苦手な僕でも楽しめてる。

» LEARN MORE:人気なのはやはりビジネス系?「Audible」注目の売れ筋ランキング

シャンパンが愛される理由

MUSIC
シャンパンの基礎!シャンパーニュはなぜ高価なのか?おすすめシャンパンやワインの基礎や種類も併せて解説します!
MUSIC
ドン・ペリニヨンがプレゼントにおすすめな理由。シャンパンの賞味期限も解説【シャンパンの権威性・歴史】

コメント

タイトルとURLをコピーしました