ジョン・フルシアンテ使用エフェクター【効果別で整理・解説】

この記事では、ジョン・フルシアンテの歴代使用エフェクターを、効果別で整理・解説します。

この記事は約1万文字になり、読了に時間を要します。
目次から休み休み読むこともできますので、効率化のお役に立てたら幸いです。

気楽にお楽しみください。
Enjoy.

各項目へ進む場合は、目次からどうぞ。

Pls, Check this out.
talking about RHCP.

sk

毎日音楽に励まされて生きています。
音楽も、音楽家も、わたしにとっては刺激そのもの。

プロフィール詳細

1.DS-2、WH10、CE-1、だけではない

まずは、ジョン・フルシアンテが愛用する核となるエフェクターを見ていきましょう。

まずはDS-2、WH10、CE-1って何?というところから。

1つ目は、DS-2。BOSS DS-2。このエフェクターの効果は歪みです。

ジョン・フルシアンテは、基本的にアンプはクランチに設定して、このDS-2で歪ませます。

2つ目は、WH10。Ibanez WH10このエフェクターの効果はワウです。

ジョンが愛用しているのは初期WH10で、現行品はWH10V3。V3は初代よりも筐体が頑丈になり、ハイファイなサウンドにアップデートされています。

3つ目は、CE-1。BOSS CE-1このエフェクターの効果はコーラスです。

これは廃盤モデルのため中古市場ではレアエフェクターとしてお馴染みの1台。

CE-1のプリアンプは唯一性が高く、心地よく信号を劣化させます。

ジョン・フルシアンテといえば、DS-2、WH10、CE-1ですが、それだけではないですよ。

ではつぎに、ジョン・フルシアンテ使用エフェクターの一覧表を見ていきましょう。

ジョン・フルシアンテ使用エフェクターの一覧表

ジョン・フルシアンテ使用エフェクターは下記のとおりです。

(たまに更新しているので、たまに増えています)

  1. BOSS DS-2 TURBO Distortion
  2. Electro-Harmonix Big Muff Pi
  3. MXR M133 Micro Amp
  4. MXR M102 Dyna Comp
  5. Ibanez WH10
  6. BOSS CE-1 Chorus Ensemble
  7. MXR M101 Phase90
  8. Electro-Harmonix Deluxe Electric Mistress
  9. LINE6 FM4 Filter Modeler
  10. Electro-Harmonix Holy Grail Digital Reverb
  11. LINE6 DL4 Delay Modeler
  12. Monster Cable

ジョン・フルシアンテ使用エフェクターの主要メーカー

ジョン・フルシアンテ使用エフェクターの主要メーカーは下記のとおりです。

  • BOSS
  • MXR
  • Electro-Harmonix

上記の3メーカーでほぼ構成できると言っても過言ではないほど、ジョン・フルシアンテの使用エフェクターは、大手メーカーの、なおかつ、定番モデルが、意外なほど多いです。

とはいえ、現在は廃盤となっているモデルも多い。

ジョン・フルシアンテの機材は、実用性を重視した非常に合理的なセットアップなので、無駄がなく参考になります。コレクター趣味はなく潔い。

2.歪み系

BOSS DS-2 TURBO Distortion

BOSSのDS-2 TURBO Distortionは、歪み系の中でも非常に定番として有名なエフェクターです。

DS-2は、ジョン・フルシアンテの音作りに重要な役割を果たしています。

レッチリの人気ライブDVD、Live at Slane Castleのイントロから、DS-2らしい個性的なトーンのギターが聴けます。このサウンドの肝となるエフェクターがDS-2です。

MXR M133 Micro Amp

MXR M133 Micro Ampは、ブースターなので、歪み系というより、増幅系エフェクターで、受信した信号を増幅させる役割をするエフェクターです。

MXR M133 Micro Ampは、ジョンもフリーも愛用するブースターです。ジョンはこれをBig Muff Piの前段にセットして使用。

Electro-Harmonix Big Muff Pi

Electro-HarmonixのBig Muff Piはファズにカテゴリーされるエフェクターで、かなり太く力強いロングサステインを生み出すファズとして定番アイテム。

ジョンも頻繁に使っています。

ジョンの歪みに不可欠なペダル

ジョンの歪みに不可欠なのは、先述したDS-2。手頃な値段も魅力で、独特な粘り感のある効果はユニークで愛用者も多い。

3.ダイナミクス系

MXR M102 Dyna Comp

MXR M102 Dyna Compは、ジョンがBlood Sugarの頃使用していたコンプレッサー。

コンプレッサーは、音量の大小のムラを均一に聴こえるように調整してくれるエフェクターです。

MXR M102 Dyna Compを、ジョンはファンキーなカッティング時に多く使用しているので、Blood Sugar内での存在感あるエフェクターです。

ジョンが使用していたのは旧型モデル。近年はミニサイズのダイナコンプもあり、省スペースでありながら実力を十分に発揮してくれるので実用的。

4.フィルター系

Ibanez WH10

Ibanez WH10は、ジョンのギターソロで頻繁に使用されるワウペダル。

「ジョン・フルシアンテといえば、WH10」というほどジョンのサイケデリックなサウンドを支えている重要なエフェクターです。

WH10V3として復刻しています。

5.モジュレーション系

BOSS CE-1 Chorus Ensemble

BOSS CE-1 Chorus Ensembleは、Ibanez WH10と同じぐらいジョン・フルシアンテに欠かせないエフェクター。

温かみのあるアナログコーラスで、愛用者も多い銘機です。

CE-1は独自のプリアンプを内蔵しているため、つなぐだけで音が変わってしまいますが、それがジョン・フルシアンテのサウンドの特徴的な要素ともなっています。

しかし、市場にはめったに現れないレアな廃盤エフェクターなので、現行品でCE-1のコーラスサウンドを再現したWAZA CRAFTシリーズのCE-2Wが実用的。

とはいえ、突き詰めるならオリジナルのCE-1に搭載されているプリアンプのニュアンスまでは再現できないので、やはりオリジナルでゲットしたいところですが。

MXR M101 Phase90

MXR M101 Phase90は、ジョン・フルシアンテがCalifornicationの頃まで使用していたフェイザーの定番アイテム。

ジョン・フルシアンテは、Stadium Arcadiumの頃になると、モジュレーション系エフェクターはMoogのMoogerFoogerシリーズをメインに使用するようになります。

そのため、MXR M101 Phase90は、Blood SugarやCalifornicationの曲を演奏する際に、ギターソロなどで重宝します。

Electro-Harmonix Deluxe Electric Mistress

Electro-Harmonix Deluxe Electric Mistressは、揺れないフランジャーとして有名なモジュレーション系エフェクターです。ジョンは旧型の大きな筐体のモデルを使用していました。

Deluxe Electric Mistressは、ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアが愛用したペダルとしても有名です。

現行品はサイズダウンしコンパクトになりましたが、このエフェクターの特徴である揺れないフランジャー「フィルター・マトリックス・モード」はしっかり搭載しています。

メロウで心地よいサウンドから、飛び道具的な使い方まで音作りの幅を広げてくれるエフェクターです。

さらに、Deluxe Electric Mistressの兄弟機種として、フランジャーとコーラスをミックスして出力できる、Stereo Electric Mistressという機種もあり、こちらも溶けるようにメロウなサウンドが心地よいエフェクターです。

LINE6 FM4 Filter Modeler

LINE6 FM4 Filter Modelerは、ジョンとジョシュも愛用するフィルターモジュレーション系エフェクター。

LINE6 FM4 Filter Modelerは、様々なフィルター系エフェクトの銘機のサウンドをモデリングしたエフェクターで、16種類のフィルターエフェクトを再現できます。

ジョンはBy the Way収録のThrow Away Your Televisionで使用しています。LINE6 FM4 Filter ModelerのObi-Wahモード使用し、フランク・ザッパを思わせるトリッキーで宇宙的なランダムフィルターサウンドを響かせています。

ちなみに、現行品のLine6 M5でもObi-Wahサウンドは再現できます。

Line 6 M5 Stompbox Modeler (Oberheim Filter) Demo

6.空間系

Electro-Harmonix Holy Grail Digital Reverb

Electro-Harmonix Holy Grail Digital Reverbは、エレハモのエフェクターの中でも利用者の多く評価の高いデジタルリヴァーブです。

ジョンもBy the Wayなど、多くの楽曲でHoly Grailを使用しています。

LINE6 DL4 Delay Modeler

LINE6 DL4 Delay Modelerも、超定番ディレイペダルで、ロングセラーアイテムです。

様々な銘機のディレイサウンドをモデリングしたエフェクターで、ルーパーとしての機能もあり、ジョンもライブではディレイとルーパーの機能を両方とも活用しています。

7.シールドケーブル&パワーサプライ

Monster Cable

ジョン・フルシアンテのシールド・ケーブルは、Monster Cableが採用されています。フリーやジョシュもMonster Cableを使用しています。

ちなみに、ジョン・フルシアンテが使用しているモンスター・ケーブルは、旧デザインのMonster Cableです。

長さも色々選べますが、3.6mのモデルが自宅やスタジオで取り回しやすくオススメです。

エフェクター用のパッチケーブルは長さ20cmなので、ボード内で使用するのにちょうどいい長さです。

パワーサプライ

エフェクターが多いと電源周りが煩雑になりますよね。そのため、パワーサプライがあると非常に便利かつスマートです。

ジョンが使用したパワーサプライのメーカーは定かではないのですが、フリーやジョシュも使用しているパワーサプライの、Voo Doo Labはとても高品質なのでオススメですよ。

フリーとジョシュが使用している、Voo Doo Lab Pedal Power 2 Plusは、9V動作のエフェクターに8系統電源供給が可能です。

各出力は完全独立の電源フィルターと、安定化電源回路を備えており、安定したDC出力を提供します。

エフェクターが増えると、ノイズの問題が出てきますがこのPedal Power 2 Plusを使用すれば、それらの問題の多くは解決できるといっても過言ではないほど。

電源周りがクリーンになると音が変わるので、高性能なパワーサプライを未体験の方には是非使ってみてほしい1台です。

8.核は、DS-2、WH10、CE-1

まずは、歪み系のDS-2、Big Miff Pi、復刻モデルのWH10V3あたりが揃うと即戦力として活用できると思うので参考にしてみてください。

機材も大事ですし、コツコツ練習も大事です。ジョンは1日15時間練習してたらしい。

ジョン・フルシアンテの使用エフェクターは、使用ギターと同様、決してマニアックではなく、シンプルで実用的。

つまり、シンプルなので「どう使うか」で個性が出ます。

使用ギターに関しては「ジョン・フルシアンテ歴代使用ギター【時系列で整理・解説】」に詳しくまとめています。ストラトキャスターの詳細も確認できますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連:ジョン・フルシアンテ

JOHN
ジョン・フルシアンテとは?【結論:非典型的・非凡】
JOHN
【基本の6人】ジョン・フルシアンテが影響を受けたギタリスト詳細と考察【John Frusciante】
JOHN
【最強4選】ジョン在籍時レッチリのアルバム詳細!【Red Hot Chili Peppers】
JOHN
【好例3曲】ジョン・フルシアンテのプレイスタイル詳細と考察【John Frusciante】
JOHN
ジョン・フルシアンテ全ソロアルバム【時系列で整理・解説】
JOHN
ジョン・フルシアンテ若い頃のソロアルバム【90年代】
JOHN
ジョン・フルシアンテ30代頃のソロアルバム【2000年代】
JOHN
ジョン・フルシアンテ近年のソロアルバム【2012年〜】
JOHN
ジョン・フルシアンテの機材概要【ギター・エフェクター・アンプ】
JOHN
ジョン・フルシアンテ音作り方法【結論:引き算】
JOHN
ジョン・フルシアンテ歴代使用ギター【時系列で整理・解説】
JOHN
ジョン・フルシアンテ使用エフェクター【効果別で整理・解説】
JOHN
【直列6】ジョン・フルシアンテBlood Sugarの使用エフェクター詳細と考察!
JOHN
ジョン・フルシアンテのライブ使用エフェクターとは?【直列12+3】

JOHN FRUSCIANTE 記事一覧
sk blog トップページ

talking about RHCP.

コメント


Warning: Use of undefined constant ADSENSE_SCRIPT_CODE - assumed 'ADSENSE_SCRIPT_CODE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/c5081555/public_html/sk1984.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/footer-javascript.php on line 17
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました