Heart of the Sunrise イエスの名曲 ライブ盤Yessongsでの演奏が凄い!

Heart of the Sunriseはイギリスのプログレバンド、イエスの名曲。彼らの傑作として高評価を得ているライブ盤Yessongsでの、Heart of the Sunriseの演奏が凄い。

この記事では、下記をチェックしていきます!

  • 1.Heart of the Sunriseの公式ライブ音源
  • 2.1973年リリースのライブ盤Yessongsの演奏メンバー
  • 3.Heart of the Sunrise収録のスタジオアルバムの概要

では早速みていきましょう!

ブックマークしておけば好きな時に読み返せるよ〜
あと、Twitter(@sk1984com)ではブログの更新情報や音楽ネタをお知らせしてるよ〜

6月21日(月) 22日(火)

» LEARN MORE:「マストアイテム・QOL爆上がりスマート家電」プライムデー開催中!

sk

・レッチリ好きになったキッカケは1999年のCalifornication

・中2時にテレキャスターを購入、ダフネブルー

・ジャズも好きで某ジャズ館で2年査定と作品レビューをしてました

・衣食住に関心があり2年バリスタを学んだ後、レストランへ就職

・ワイン好きが高じて独学でソムリエ資格取得、数年後都内某レストランにてシェフ・ソムリエを任されてました

・色々やってますが、このブログはレッチリ関連情報主体です!

プロフィール詳細

フォローしてね

1.Heart of the Sunriseの公式ライブ音源

YessongsのHeart of the Sunrise

早速ですが、まずこちらからどうぞ。

Heart of the Sunrise (Live)

Yessongsは1972のライブ音源

Yessongsは1972年のライブ音源、1972年の2月〜12月の期間に行われたワールドツアーの記録になります。

Heart of the Sunriseは、アメリカのソースカロライナにあるグリーンズボロ・コロシアム(北米最大のアリーナ)で1972年11月12日に行われたライブ音源が収録されています。

1972年時のYes

さらに、つぎは映像付きでどうぞ!ただし、この動画、音と映像がシンクロしてないので、当時のムードだけ参考になればと思います。

Yes – Heart Of The Sunrise Live 1972 Yessongs [HD]

Union TourのHeart of the Sunrise

さらに、1991年のUnion TourでのHeart of the Sunrise!

Heart Of The Sunrise / Yes – Live

2.1973年リリースのライブ盤Yessongs時代のメンバー

先述のとおり、Yessongsは1972年のライブ音源、1972年の2月〜12月の期間に行われたワールドツアーの記録になっており、Fragile(こわれもの)とClose to the Edge(危機)のリリース後のライブなので、基本的にはClose to the Edgeで脱退したビル・ブルフォードに代わり、アラン・ホワイトがドラマーになっています。

(Perpetual Changeと、Long Distance Runaround / The Fish (Schindleria Praematurus) はビル・ブルフォード時代の音源)

Yessongs時代のメンバー

  • Vocal : Jon Anderson(結成メンバー)
  • Bass : Chris Squire(結成メンバー)
  • Guitar : Steve Howe(2代目ギタリスト)
  • Keyboard : Rick Wakeman(2代目キーボーディスト)
  • Drums : Alan White(2代目ドラマー)

ジョン・アンダーソン、クリス・スクワイアの結成メンバーを軸に、3rdアルバムから参加したギタリストの職人スティーヴ・ハウ、そして、「こわれもの」から参加したキーボーディストのリック・ウェイクマン、そして本ツアーから参加し3日間でイエスのレパートリーを覚えたという元プラスティック・オノ・バンドのドラマー、アラン・ホワイトの5名で構成されています。

3.Heart of the Sunrise収録のスタジオアルバムの概要

アルバムFragile

1972年リリースのイエスの4thアルバム、Fragile(邦題:こわれもの)。

このアルバムは、イエス作品の中でも黄金期メンバーによる作品で、イエスの中でも特に名作とされている作品です。

実際、名曲満載で、Heart of the Sunrise以外に、イエスの代表曲でもあるRoundaboutが収録されており、イエス入門に最適なアルバムとされています。

めっちゃかっこいいアルバムで、僕も大好きなアルバム。

Fragile時代のメンバー

  • Vocal : Jon Anderson(結成メンバー)
  • Bass : Chris Squire(結成メンバー)
  • Guitar : Steve Howe(2代目ギタリスト)
  • Keyboard : Rick Wakeman(2代目キーボーディスト)
  • Drums : Bill Bruford(初代ドラマー)

ロジャー・ディーンのアートワーク

Fragileからイエスのアルバム・アートワークをロジャー・ディーンが担当しています。

ロジャー・ディーンはイングランド出身の画家で、アート集団ヒプノシスや、写真家のマーカス・キーフと並び、プログレ作品のアートワーク史で欠かすことのできない存在。

ロジャー・ディーンの作品は透明感と、幻想的な世界観を持っており、イエスの作風を引き立てるトリガーとして重要な役割を果たしています。

Heart of the Sunriseのスタジオ音源

Heart of the Sunrise (2008 Remaster)
Heart of the Sunrise (2008 Remaster)

ヴィンセント・ギャロ主演監督脚本作品の有名なシーンで使用されている

ヴィンセント・ギャロが主演監督脚本で制作したバッファロー66で、作品後半の重要なシーンでHeart of the Sunriseが使用されています。

下記の動画はイメージで、曲はHeart of the Sunriseではないのですが、バッファロー66のムードが伝わるかと思うので参考にどうぞ。独特の世界観を持った映画で、人の描き方が秀逸。シニカルでありながら愛とユーモアが濃集されています。

Buffalo '66 – Sweetness

Heart of the Sunriseの魅力

Heart of the Sunriseは、攻撃的なフレーズから穏やかで深淵な世界観へと広がる展開が美しい楽曲。静と動の抑揚には独特の心地よさがあり、何度も聴きたくなる名曲。

ジョン・アンダーソンのハスキーで美しいボーカルと、超絶グルーヴを放つバンドとの対比が非常に印象的。

この曲が好きな方には下記の記事もおすすめです!

ジョン・フルシアンテのソロ作品完全ガイド

ジョン・フルシアンテの全ソロ作品は「ジョン・フルシアンテのソロを網羅!アルバム作品完全ガイド【レッチリの天才ギタリスト】」にまとめました!下記からどうぞ!

フリーのソロ作品

フリーのソロ作品Helen Burnsは「フリーのオススメソロ作品!豪華ゲストHelen Burns紹介【レッチリの天才ベーシスト】」にまとめました!

記事が参考になりましたら幸いです!

ROCK / PUNK / POPS 関連記事

MUSIC
パンクの定番名盤オススメ10選!【UKパンク・NYパンク・LAパンク】
MUSIC
Tame Inpalaのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【テーム・インパラ】
MUSIC
Men I Trustのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【メン・アイ・トラスト】
MUSIC
マーズ・ヴォルタ全アルバム紹介!超絶プログレ集団【ジョン・フルシアンテ & フリー 多数参加!】
MUSIC
藤原ヒロシさんのエフェクターが上品!公式インスタグラム掲載の洗練機材【Hiroshi Fujiwara】
MUSIC
Heart of the Sunrise イエスの名曲 ライブ盤Yessongsでの演奏が凄い!
MUSIC
Red Hot Chili Peppers完全ガイド!レッチリの歴史、作品、歴代メンバーを完全網羅!
MUSIC
ノエル・ギャラガー完全ガイド!基本と深堀り!【Noel Gallagherのプロフィール・おすすめ曲・機材も紹介】

sk blog トップページ

6月21日(月) 22日(火)

» LEARN MORE:「マストアイテム・QOL爆上げスマート家電」プライムデー開催中!

音声メディア「Audible」は楽にリテラシーが上がるから実用してる

移動中、ランニング中、入浴中、掃除中など「ながら読書」は読書が苦手な僕でも楽しめてる。

» LEARN MORE:人気なのはやはりビジネス系?「Audible」注目の売れ筋ランキング

シャンパンが愛される理由

MUSIC
シャンパンの基礎!シャンパーニュはなぜ高価なのか?おすすめシャンパンやワインの基礎や種類も併せて解説します!
MUSIC
ドン・ペリニヨンがプレゼントにおすすめな理由。シャンパンの賞味期限も解説【シャンパンの権威性・歴史】

コメント

タイトルとURLをコピーしました