Heart of the Sunrise イエスの名曲 ライブ盤Yessongsでの演奏が凄い!

Heart of the Sunriseはイギリスのプログレバンド、イエスの名曲。彼らの傑作として高評価を得ているライブ盤Yessongsでの、Heart of the Sunriseの演奏が凄い。

この記事では、下記をチェックしていきます!

  • 1.Heart of the Sunriseの公式ライブ音源
  • 2.1973年リリースのライブ盤Yessongsの演奏メンバー
  • 3.Heart of the Sunrise収録のスタジオアルバムの概要

では早速みていきましょう!

※目次もご活用くださいませ。

sk

Music ∞♡ / Jazz / Punk / Rock / Funk / Electronic Music 1984年生まれ。東京在住。

プロフィール詳細

1.Heart of the Sunriseの公式ライブ音源

YessongsのHeart of the Sunrise

早速ですが、まずこちらからどうぞ。

Yessongsは1972のライブ音源

Yessongsは1972年のライブ音源、1972年の2月〜12月の期間に行われたワールドツアーの記録になります。

Heart of the Sunriseは、アメリカのソースカロライナにあるグリーンズボロ・コロシアム(北米最大のアリーナ)で1972年11月12日に行われたライブ音源が収録されています。

1972年時のYes

さらに、つぎは映像付きでどうぞ!ただし、この動画、音と映像がシンクロしてないので、当時のムードだけ参考になればと思います。

Union TourのHeart of the Sunrise

さらに、1991年のUnion TourでのHeart of the Sunrise!

2.1973年リリースのライブ盤Yessongs時代のメンバー

先述のとおり、Yessongsは1972年のライブ音源、1972年の2月〜12月の期間に行われたワールドツアーの記録になっており、Fragile(こわれもの)とClose to the Edge(危機)のリリース後のライブなので、基本的にはClose to the Edgeで脱退したビル・ブルフォードに代わり、アラン・ホワイトがドラマーになっています。

(Perpetual Changeと、Long Distance Runaround / The Fish (Schindleria Praematurus) はビル・ブルフォード時代の音源)

Yessongs時代のメンバー

  • Vocal : Jon Anderson(結成メンバー)
  • Bass : Chris Squire(結成メンバー)
  • Guitar : Steve Howe(2代目ギタリスト)
  • Keyboard : Rick Wakeman(2代目キーボーディスト)
  • Drums : Alan White(2代目ドラマー)

ジョン・アンダーソン、クリス・スクワイアの結成メンバーを軸に、3rdアルバムから参加したギタリストの職人スティーヴ・ハウ、そして、「こわれもの」から参加したキーボーディストのリック・ウェイクマン、そして本ツアーから参加し3日間でイエスのレパートリーを覚えたという元プラスティック・オノ・バンドのドラマー、アラン・ホワイトの5名で構成されています。

3.Heart of the Sunrise収録のスタジオアルバムの概要

アルバムFragile

1972年リリースのイエスの4thアルバム、Fragile(邦題:こわれもの)。

このアルバムは、イエス作品の中でも黄金期メンバーによる作品で、イエスの中でも特に名作とされている作品です。

実際、名曲満載で、Heart of the Sunrise以外に、イエスの代表曲でもあるRoundaboutが収録されており、イエス入門に最適なアルバムとされています。

めっちゃかっこいいアルバムで、僕も大好きなアルバム。

Fragile時代のメンバー

  • Vocal : Jon Anderson(結成メンバー)
  • Bass : Chris Squire(結成メンバー)
  • Guitar : Steve Howe(2代目ギタリスト)
  • Keyboard : Rick Wakeman(2代目キーボーディスト)
  • Drums : Bill Bruford(初代ドラマー)

ロジャー・ディーンのアートワーク

Fragileからイエスのアルバム・アートワークをロジャー・ディーンが担当しています。

ロジャー・ディーンはイングランド出身の画家で、アート集団ヒプノシスや、写真家のマーカス・キーフと並び、プログレ作品のアートワーク史で欠かすことのできない存在。

ロジャー・ディーンの作品は透明感と、幻想的な世界観を持っており、イエスの作風を引き立てるトリガーとして重要な役割を果たしています。

Heart of the Sunriseのスタジオ音源

Heart of the Sunrise (2008 Remaster)

ヴィンセント・ギャロ主演監督脚本作品の有名なシーンで使用されている

ヴィンセント・ギャロが主演監督脚本で制作したバッファロー66で、作品後半の重要なシーンでHeart of the Sunriseが使用されています。

下記の動画はイメージで、曲はHeart of the Sunriseではないのですが、バッファロー66のムードが伝わるかと思うので参考にどうぞ。独特の世界観を持った映画で、人の描き方が秀逸。シニカルでありながら愛とユーモアが濃集されています。

Heart of the Sunriseの魅力

Heart of the Sunriseは、攻撃的なフレーズから穏やかで深淵な世界観へと広がる展開が美しい楽曲。静と動の抑揚には独特の心地よさがあり、何度も聴きたくなる名曲。

ジョン・アンダーソンのハスキーで美しいボーカルと、超絶グルーヴを放つバンドとの対比が非常に印象的。

今日は以上です。

skでした。

最後まで読んでくださりありがとうございます!

記事が参考になりましたら幸いです。

You are My Hero, Rest in Peace Taylor Hawkins.

※下記もあわせてどうぞ。

※下記もおすすめです。

Helpful Discography for Listening to Music

Feature on Artists
ファンカデリック作品まとめ【至高ファンク】
Feature on Artists
ブラックサバス作品まとめ【至高メタル】
Feature on Artists
ケンドリック・ラマー作品まとめ【至高ヒップホップ】
Feature on Artists
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ作品まとめ【時系列で見やすく整理】
Feature on Artists
パーラメント作品まとめ【至高ファンク】
Feature on Artists
パブリック・イメージ・リミテッド作品まとめ【至高ポストパンク】
Feature on Artists
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ作品まとめ【至高レゲエ】
Feature on Artists
ジョン・レノン作品まとめ【至高ロック】
Feature on Artists
ジミ・ヘンドリックス作品まとめ【至高ロック】
Feature on Artists
オアシス作品総まとめ!【時系列で見やすく整理】
Feature on Artists
カマシ・ワシントン作品総まとめ!【至高ジャズ】
Feature on Artists
BadBadNotGood作品総まとめ!【至高ジャズ】
Feature on Artists
バウ・ワウ・ワウ作品総まとめ!【至高ニューウェーブ】
Feature on Artists
ウォーペイント作品総まとめ!【至高アートロック】
Feature on Artists
That Dog作品総まとめ!【至高オルタナティブロック】
Feature on Artists
ハイム作品総まとめ!【レッチリツアーのゲストアクト!】

ROCK / PUNK / POPS 関連記事

Feature on Artists
パンクの定番名盤オススメ10選!【UKパンク・NYパンク・LAパンク】
Feature on Artists
Tame Inpalaのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【テーム・インパラ】
Feature on Artists
【メロウ】メン・アイ・トラストのアルバム・代表曲・プロフィール【Men I Trust】
Feature on Artists
マーズ・ヴォルタ全アルバム紹介!超絶プログレ集団【ジョン・フルシアンテ & フリー 多数参加!】
Feature on Artists
藤原ヒロシさんのエフェクターが上品!公式インスタグラム掲載の洗練機材【Hiroshi Fujiwara】
Feature on Artists
Heart of the Sunrise イエスの名曲 ライブ盤Yessongsでの演奏が凄い!
Feature on Artists
Red Hot Chili Peppersのお役立ちリンク集
Feature on Artists
ノエル・ギャラガーとは?【結論:実は優しい】

sk blog トップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました