ノエル・ギャラガーの3rdアルバム「Who Built the Moon?」の初回生産限定盤紹介!【付属のDVDが最高・ノエル語録満載】

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズの3rdアルバム、アートワークもめっちゃかっこいいしCDで欲しいけど、初回盤のDVDってどんな内容なのかな?
中古でもいいから初回盤買おうかな。。

今回は、このようなご要望にお応えしますっ!

ノエルに限らず国内盤のCDには「初回生産限定盤」というのがちょいちょいありますよね。

「通常盤」よりも豪華な仕様だったり、ボーナス・ディスクが付属していたりとファン心をくすぐる仕様な「初回生産限定盤」。

今回はノエル・ギャラガーの3rdアルバム、「Who Built the Moon?」の「初回生産限定盤」の現物をチェックしていきたいと思います!

では早速詳細をみていきましょう〜!

Pls, Check this out.
talking about RHCP.

sk

毎日音楽に励まされて生きています。
音楽も、音楽家も、わたしにとっては刺激そのもの。

プロフィール詳細

1.「Who Built the Moon?」の初回生産限定盤の特徴

「Who Built the Moon?」の初回生産限定盤の特徴は下記のとおりです!

  • ハードカバー・ブックレット
  • 日本語字幕付きノエル本人の新作インタビュー収録DVD
  • 3方背ボックス装丁の特別仕様

では、順に各項目をチェックしていきましょう!

ハードカバー・ブックレット

「Who Built the Moon?」の初回生産限定盤には、ハードカバー仕様のしっかりとしたブックレットが付属しています。

内容は「Who Built the Moon?」の世界観を表現するアートワークが収録されたアートブックとなっており、Gareth Hallidayによるアートワークを楽しめます。

Gareth Hallidayのアートワーク、独特のプログレ感があってめっちゃかっこいいですよね、トライバルなムードとスペーシーでサイケデリックな世界観が、「Who Built the Moon?」の各楽曲にマッチしてますね〜!

Gareth Hallidayは、近年のノエル作品以外にも、デーモン・アルバーンのプロジェクト、「アフリカ・エクスプレス」のジャケットアートなども担当しています!

日本語字幕付きノエル本人の新作インタビュー収録DVD

通常盤と同内容のCDと、ボーナスDVDがセットになった初回生産限定盤。

ボーナスDVDの内容もかなり興味深い内容で、50歳を迎えたノエルの思考が垣間見えて僕はすごく勉強になりました。

このDVDには、2本の映像が収録されており、1つ目は「Who Built The Moon? Track By Track」で内容はノエル本人によるアルバム各楽曲解説。

アルバム1曲目の「Fortknox」がカニエ・ウェストの「Power」にインスパイアされたことや、ブロンディやニュー・オーダーなどからの影響、はたまたスライやマーヴィン・ゲイを彷彿とさせる要素が本作にはあるといった各逸話などなど。

2つ目は、「Noel Gallagher Discusses The Past And Looks To The Future」で、内容はノエル自身が語る「ノエル・ギャラガー50年史と未来予想」。

10代、20代、30代、40代、50代に関するノエル語録。めっちゃいい内容です。

3方背ボックス装丁の特別仕様

ハードカバー・ブックレットがキレイに収まる「3方背」ボックス仕様のジャケット。豪華な紙ジャケといった風情で、存在感あり。それにしてもこのジャケ、かっこいいですね〜!

エメラルドグリーンの空、荒野、空高く飛ぶ鳥たち(ハイ・フライング・バーズ)、そして妻(ノエルの妻:サラ・マクドナルド)の後ろ姿。

2.帯

国内盤ならではの「帯」。「帯」の文化は書籍でも見られますが、CDやレコードの「帯」も、その作品の要約と魅力がつまった、いわば特典。CDの買取などでは、この「帯」の有無は大きな大きな査定要素。特に紙ジャケや、初回生産限定盤などの「帯」は重要アイテム。

とはいえ、あくまでコレクター的な観点での話なので、「邪魔だな〜」と思う方もいますよね。僕は「揃ってる」方が好きなので「保管」してます。

3.まとめ:中古でも手に入るから、買うなら「初回生産限定盤」

中古でも手に入るから、買うなら「初回生産限定盤」がおすすめです!というのも、上記で見てきたように、アートワークやアーティストのパーソナリティを知ることができるので、もしCDの購入で迷う場合は「初回生産限定盤」の有無をまずチェックしてみるのも良いかと思います!

関連するアーティストやデザイナー、サポートミュージシャンなど、制作に関わった人のクレジットを一気にチェックできるのがCDのよいところですよね。

配信だとこれらの要素をチェックするのが意外と大変だったりするので、お気に入りの作品は今でもCDやレコードをチェックしています。

ノエル・ギャラガー関連記事

NOEL GALLAGHER
【2021年版】ノエル・ギャラガー最新情報あつめました!リアムのオアシス復活説は?
NOEL GALLAGHER
【J-150】ノエルのアコギ登場!ギブソンからノエル・ギャラガー・シグネチャー
NOEL GALLAGHER
ノエル・ギャラガー待望のソロ・ベストアルバム紹介!ソロ10年のハイライトを収めた2CDが2千円台!【新曲含む】
NOEL GALLAGHER
ノエル・ギャラガーとは?【結論:実は優しい】
NOEL GALLAGHER
オアシスのDon’t Look Back in Angerのコード進行!【ノエル・ギャラガー作詞作曲】
NOEL GALLAGHER
【基本の2人】ノエル・ギャラガーが影響を受けたギタリスト解説!【Noel Gallagher】
NOEL GALLAGHER
Noel Gallagher's High Flying Birdsのオススメ作品!【ノエル・ギャラガーのソロアルバム】
NOEL GALLAGHER
ノエル・ギャラガーの機材概要【ギター・エフェクター・アンプ】
NOEL GALLAGHER
ノエル・ギャラガー歴代使用ギター【時系列で整理・解説】
NOEL GALLAGHER
ノエル・ギャラガー使用エフェクター【効果別で整理・解説】
NOEL GALLAGHER
【この3曲】オアシス(ノエル・ギャラガー)の代表曲!オアシスの全アルバム解説
NOEL GALLAGHER
【基礎教養?】カニエ・ウェストの名曲「Power」とは?収録アルバム「My Beautiful Dark Twisted Fantasy」も紹介!【ノエル・ギャラガー絶賛】
NOEL GALLAGHER
ノエル・ギャラガー「Chasing Yesterday」の「やばいリミックス集」紹介【ウェザオール、3D、ホルムス参加】

NOEL GALLAGHER 記事一覧
OASIS 記事一覧
sk blog トップページ

ROCK / PUNK / POPS 関連記事

NOEL GALLAGHER
パンクの定番名盤オススメ10選!【UKパンク・NYパンク・LAパンク】
NOEL GALLAGHER
Tame Inpalaのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【テーム・インパラ】
NOEL GALLAGHER
【メロウ】メン・アイ・トラストのアルバム・代表曲・プロフィール【Men I Trust】
NOEL GALLAGHER
マーズ・ヴォルタ全アルバム紹介!超絶プログレ集団【ジョン・フルシアンテ & フリー 多数参加!】
NOEL GALLAGHER
藤原ヒロシさんのエフェクターが上品!公式インスタグラム掲載の洗練機材【Hiroshi Fujiwara】
NOEL GALLAGHER
Heart of the Sunrise イエスの名曲 ライブ盤Yessongsでの演奏が凄い!
NOEL GALLAGHER
レッチリのすべて【All of Red Hot Chili Peppers】
NOEL GALLAGHER
ノエル・ギャラガーとは?【結論:実は優しい】

sk blog トップページ

talking about RHCP.

コメント


Warning: Use of undefined constant ADSENSE_SCRIPT_CODE - assumed 'ADSENSE_SCRIPT_CODE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/c5081555/public_html/sk1984.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/footer-javascript.php on line 17
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました