カマシ・ワシントン作品総まとめ!【至高ジャズ】

カマシ・ワシントン作品を一覧できるまとめ記事を作成しました。

この記事の特徴

  • タイトル&リリース日を「目次で網羅」できます。
  • 目次は「作品のリリース順」に整理してあります。
  • リリース日は「Wikipediaを参照」し正確に記述しています。
  • 作品ごとに「おすすめ曲を提案」しておりますのでご参考ください。

参照サイト

※目次もご活用くださいませ。

sk

Music ∞♡ / Jazz / Punk / Rock / Funk / Electronic Music 1984年生まれ。東京在住。

プロフィール詳細

1.Young Jazz Giants: 2004

カマシ・ワシントンが23歳の時に参加した、2004年リリースの「Young Jazz Giants」。

すでにカマシ・ワシントンの「力強く芳醇で繊細な愛と優しさに溢れたブロウ」は健在。

静と動を堪能できる好盤です。

本作はタイトルの通り期待の若手、LAのジャズ・コレクティヴ「The Next Step」のメンバーで構成し発表した作品。超売れっ子ベーシストの「サンダーキャットことステファン・ブルーナー」がウッドべースを聴かせてくれる点も聴きどころ。

ピアニストのキャメロン・グレイヴスは、スタンリー・クラークのバンドでも活動するLA出身の注目ピアニスト。

キャメロン・グレイヴスは、スラッシュメタルジャズなるジャンルを打ち出しており、下記の作品Seven」にはカマシ・ワシントンも参加している。

※「Seven」はマーズ・ヴォルタなどの変拍子てんこ盛りプログレがお好きな方にはかなりおすすめの作品。

また、ドラムのロナルド・ブルーナーJrはサンダーキャットの実兄で、サンダーキャットと共にスラッシュハードコアバンド「スイサイダル・テンデンシーズ」に参加しており、本作Young Jazz Giants」がリリースされた2004年は兄弟共に「スイサイダル・テンデンシーズ」でも活動していた時期にあたる。

ゲスト参加でアルトサックスのテラス・マーティンが参加しているのも現代西海岸ジャズの強い結束を垣間見せる見逃せないポイント。

なお、カマシ・ワシントンのリーダー名義によるスタジオデビュー作はのちほど紹介する「The Proclamation」です。

おすすめ曲

  • Song For Billy
  • Stephen’s Song
  • Giant Steps(J.Coltrane)

※Stephen’s Song

編成メンバー
ピアノキャメロン・グレイヴス
テナーサックスカマシ・ワシントン
ベースステファン・ブルーナー(サンダーキャット)
ドラムロナルド・ブルーナーJr
編成ゲスト
ギターグレッグ・ダルトン(Stephen’s Song)
アルトサックステラス・マーティン(Family、Stephen’s Song)
トロンボーンライアン・ポーター(Family、Stephen’s Song)
ラップジャック・スレイド(YJG)

2.Live at 5th Street Dick’s: 2005

おつぎは2005年リリースのライブアルバム「Live at 5th Street Dick’s」。

本作は自主盤。

「Changing Of The Guard」収録!

おすすめ曲

  • Changing Of The Guard
  • The Next Step
  • The Magnificent Seven

「The Next Step」でのサンダーキャットのプレイは憑依ジャコ・パストリアスといわんばかりの流麗さ。コーラスエフェクトも相まって最高のメロウネス。

※Kamasi Washington & The Next Step – Live At 5th Street Dick’s (2005 Volume 1)

編成メンバー
テナーサックスカマシ・ワシントン
トロンボーンライアン・ポーター
ピアノキャメロン・グレイヴス
キーボードブランドン・コールマン
アコースティックベースマイルス・モズレー
エレクトリックベースステファン・ブルーナー(サンダーキャット)
ドラムロバート・ミラー
編成ゲスト
アルトサックステラス・マーティン
ソプラノサックスリッキー・ワシントン

3.The Proclamation: January 21, 2007

おつぎは2007年リリースのデビュー作、1stスタジオアルバム「The Proclamation」。

本作も自主盤。

おすすめ曲

  • The Conception
  • Whacha Say
  • Lonely Woman(O.Coleman)

※Kamasi Washington – Whacha Say

編成メンバー
テナーサックスカマシ・ワシントン
トロンボーンライアン・ポーター
ボーカルパトリス・クイン
ピアノキャメロン・グレイヴス
キーボードブランドン・コールマン
アコースティックベースマイルス・モズレー
エレクトリックベースステファン・ブルーナー(サンダーキャット)
ドラムロナルド・ブルーナーJr、トニー・オースティン

4.Light of the World: 2008

おつぎは2008年リリースの2ndアルバム「Light of the World」。

本作も自主盤。

ブレイクビーツを貴重としたヒップホップのVIBESをぐっとフィーチャーしたスピリチュアルな本作。

本作にはエルトン・ジョンや、スヌープ・ドッグ、ジル・スコットなどの作品で活躍しているベーシストのジェイ・ディールが参加しており、効果的なスパイスとなっている。

おすすめ曲

  • Going Up Yonder
  • The Lord’s Prayer
  • Listen Closely

※Kamasi Washington – The Lord’s Prayer

編成メンバー
テナーサックスカマシ・ワシントン
トロンボーンライアン・ポーター(The Lord’s Prayer)
ボーカルManhi-Xan(The Lord’s Prayer)
ローズブランドン・コールマン
ベースジェイ・ディール
ドラムロバート・ミラー

5.The Epic: May 5, 2015

おつぎは2015年リリースのメジャーデビュー作となった、3rdスタジオアルバム「The Epic」。

渾身の2時間53分36秒!

Young Jazz Giants」で披露していた名曲「Change of the Guard」収録。

本作からフライングロータス主宰のレーベル「ブレインフィーダー」からのリリース。盟友サンダーキャットともレーベルメイトとなりました。

おすすめ曲

  • Change of the Guard
  • The Next Step
  • Re Run Home

※NPR Presents – Kamasi Washington’s ‘The Epic’ in Concert

※Kamasi Washington – The Next Step – 2/23/2016 – Paste Studios, New York, NY

編成メンバー
テナーサックスカマシ・ワシントン
トロンボーンライアン・ポーター
トランペットイグマー・トーマス
ピアノキャメロン・グレイヴス、ブランドン・コールマン(8)
オルガンブランドン・コールマン、キャメロン・グレイヴス(8)
キーボードブランドン・コールマン
アコースティックベースマイルス・モズレー
エレクトリックベースステファン・ブルーナー(サンダーキャット)、マイルス・モズレー(14)
パーカッションレオン・モブレー
ドラムロナルド・ブルーナーJr(3, 4, 6, 7, 10-13, 16, 17)、トニー・オースティン(1, 2, 4, 5, 6, 8, 9, 12, 13, 15-17)
編成サポートメンバー
ドラムロバート・ミラー
トロンボーンショーンテ・パルマー
トランペットトッド・サイモン
ストリングスViolon: ニール・ハモンド、ティラーナ・レンガ・エノモト、ポール・カートライト、ジェニファー・シモーネ、ルシア・ミカレッリ
Viola: モリー・ロジャース、アンドレア・ウィット
Cello: アーチョム・マヌキャン、ジンジャー・マーフィー
クワイヤボーカルドーン・ノルフリート、タルマ・デ・フレイタス、マイヤ・サイクス、ジーナ・マンジェロ、パトリス・クイン、ナターシャ・F・アグラーマ、ドワイト・トリブル、スティーブン・ウェイン、テイラー・グレイブス、チャールズ・ジョーンズ、ジェイソン・マラレス、デクスター・ストーリー、キャメロン・グレイヴス、トレイシー・カーター

6.Heaven and Earth: June 22, 2018

おつぎは2018年リリースの4thアルバム「Heaven and Earth」。

怒涛の3時間3分21秒!

おすすめ曲

  • Fists of Fury
  • Street Fighter Mas
  • The Space Travelers Lullaby

実はスト2が大好きなカマシ・ワシントン。

ブレインフィーダーらしさもあり、こういう遊び心があるからこそブレインフィーダーがジャズの新たな可能性を切り拓いたんだと思う。

※Kamasi Washington – Street Fighter Mas

編成メンバー
テナーサックスカマシ・ワシントン
トロンボーンライアン・ポーター
トランペットドンテ・ウィンスロー
ピアノキャメロン・グレイヴス
オルガンブランドン・コールマン
キーボードブランドン・コールマン
ボコーダーブランドン・コールマン
ベースマイルス・モズレー
パーカッショントニー・オースティン、アラコイ・ピート、カーリル・カミングス
ドラムロナルド・ブルーナーJr、トニー・オースティン
編成サポートメンバー
テナーサックスリッキー・ワシントン
アルトサックステラス・マーティン
トランペットクリス・グレイ
ピアノジャマエル・ディーン
ベースサンダーキャット、カルロス・デル・プエルト、ゲイブ・ノエル
ドラムクリス・デイブ、ジョナサン・ピンソン、ロバート・シアライト、ロバート・ミラー
オーケストラFlute: リッキー・ワシントン
Oboe: グレッグ・マーティン
Clarinet: トレイシー・ワノメイ
Bassoon: アンバー・ジョイ・ワイマン
French Horn: エイミー・サンチェス、ローラ・ブレーンズ
Tuba: マーク・T・ボーリン
Violon: ジェニファー・シモーネ、マルティーノ、ポール・カートライト、レイ・スエン、レイコ・ナカノ、ロキオ・マーロン、イヴェット・デヴェルー、イヴェット・ホルツワース
Viola: ブリタニー・コット、キャロライン・バックマン、チャド・ジャクソン、ランドン・ジョーンズ、モリー・ロジャース、モーガン・マタデロ、トム・レア
Cello: エイドリアン・ウッズ、ジンジャー・マーフィー、ペテル・PT・ヤコブソン
Bass: ドミニク・ティルー
クワイヤボーカルドーン・ノルフリート、タルマ・デ・フレイタス、マイヤ・サイクス、ジーナ・マンジェロ、パトリス・クイン、ナターシャ・F・アグラーマ、ドワイト・トリブル、スティーブン・ウェイン、テイラー・グレイブス、チャールズ・ジョーンズ、ジェイソン・マラレス、デクスター・ストーリー、キャメロン・グレイヴス、トレイシー・カーター

7.まとめ

カマシ・ワシントンは自身の作品以外にも多くの作品にゲスト参加しており、ケンドリック・ラマーの「To Pimp a Butterfly」「Damn」、サンダーキャットの「The Golden Age of Apocalypse」「Drunk」、フライングロータス「You’re Dead!」などでも「力強く芳醇で繊細な愛と優しさに溢れたブロウ」を堪能できますのでぜひチェックしてみてくださいませ。

To Pimp a Butterfly

Drunk

You’re Dead!

今回紹介したすべての作品が「Amazon Music Unlimited」でお楽しみいただけます。

ぜひ良い音でお楽しみください。

※くわしくは下記からどうぞ。

※下記もあわせてどうぞ!

skblogでは音楽、映画、ファッションなどのカルチャー情報をシェアしています。

今日は以上です。

skでした。

最後まで読んでくださりありがとうございます!

記事が参考になりましたら幸いです。

You are My Hero, Rest in Peace Taylor Hawkins.

※下記もあわせてどうぞ。

※下記もおすすめです。

Helpful Discography for Listening to Music

Helpful Discography
ファンカデリック作品まとめ【至高ファンク】
Helpful Discography
ブラックサバス作品まとめ【至高メタル】
Helpful Discography
ケンドリック・ラマー作品まとめ【至高ヒップホップ】
Helpful Discography
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ作品まとめ【時系列で見やすく整理】
Helpful Discography
パーラメント作品まとめ【至高ファンク】
Helpful Discography
パブリック・イメージ・リミテッド作品まとめ【至高ポストパンク】
Helpful Discography
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ作品まとめ【至高レゲエ】
Helpful Discography
ジョン・レノン作品まとめ【至高ロック】
Helpful Discography
ジミ・ヘンドリックス作品まとめ【至高ロック】
Helpful Discography
オアシス作品総まとめ!【時系列で見やすく整理】
Helpful Discography
カマシ・ワシントン作品総まとめ!【至高ジャズ】
Helpful Discography
BadBadNotGood作品総まとめ!【至高ジャズ】
Helpful Discography
バウ・ワウ・ワウ作品総まとめ!【至高ニューウェーブ】
Helpful Discography
ウォーペイント作品総まとめ!【至高アートロック】
Helpful Discography
That Dog作品総まとめ!【至高オルタナティブロック】
Helpful Discography
ハイム作品総まとめ!【レッチリツアーのゲストアクト!】

Articles : Members of RED HOT CHILI PEPPERS

Helpful Discography
アンソニー・キーディスといえばコレ!【5分で魅力を解説】
Helpful Discography
レッチリ・フリーとは?【結論:音楽仙人】
Helpful Discography
ヒレル・スロヴァクとは?【レッチリの初代ギタリスト】
Helpful Discography
ジョン・フルシアンテといえばコレ!【5分で魅力を解説】
Helpful Discography
ジョシュ・クリングホッファーとは?【結論:空間デザインの匠】
Helpful Discography
チャド・スミスとは?【結論:職人レベルが非凡】

レッチリ:MEMBERS 記事一覧
sk blog トップページ

Articles : Works of RED HOT CHILI PEPPERS

Helpful Discography
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ作品まとめ【時系列で見やすく整理】
Helpful Discography
Unlimited Love「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの12thアルバム】
Helpful Discography
レッチリ新譜「Unlimited Love」収録新曲の解禁ストーリー【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリ新譜!「Black Summer」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリ新譜!「Poster Child」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリ新譜!「Not the One」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリ新着!「These Are the Ways」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
The Red Hot Chili Peppers「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの1stアルバム】
Helpful Discography
Freaky Styley「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの2ndアルバム】
Helpful Discography
The Uplift Mofo Party Plan「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの3rdアルバム】
Helpful Discography
Mother’s Milk「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの4thアルバム】
Helpful Discography
Blood Sugar Sex Magik 「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの5thアルバム】
Helpful Discography
One Hot Minute「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの6thアルバム】
Helpful Discography
Californication「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの7thアルバム】
Helpful Discography
By the Way「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの8thアルバム】
Helpful Discography
Stadium Arcadium「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの9thアルバム】
Helpful Discography
I’m with You「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの10thアルバム】
Helpful Discography
レッチリのI’m Beside Youとは?【I’m With YouのB面】
Helpful Discography
The Getaway「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの11thアルバム】
Helpful Discography
レッチリ人気曲TOP10とは?【結論:メロウが上位】
Helpful Discography
カリフォルニケイションのMVでメタバース先取り。NFT参入ありえる。
Helpful Discography
アンソニー・キーディスがWalk on the Wild Sideしてる!
Helpful Discography
レッチリはいくらで著作権を売却した?【全楽曲で150億円】
Helpful Discography
【推薦①】Stadium Arcadiumの詳細と考察!レッチリのグラミー受賞アルバム
Helpful Discography
【推薦②】 Live in Hyde Parkの詳細と考察!レッチリのライブ名盤
Helpful Discography
【推薦③】Californicationの詳細と考察!ジョン・フルシアンテ復帰作
Helpful Discography
【推薦④】By the Wayの詳細と考察!【Very John】
Helpful Discography
ジョン在籍時レッチリのアルバム詳細!【最強4選】
Helpful Discography
レッチリの名曲とは?1980年代編【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリの名曲とは?1990年代編【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリの名曲とは?2000年代編【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリの名曲とは?2010年代編【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリの代表曲とは?【年代別で整理】
Helpful Discography
Red Hot Chili Peppersのお役立ちリンク集

レッチリ:WORKS 記事一覧
sk blog トップページ

Articles : History of RED HOT CHILI PEPPERS

Helpful Discography
レッチリ最新情報2022年版!【新作&新曲解禁!ジョン復帰!】
Helpful Discography
レッチリ2022年世界ツアー情報まとめ!【図解ツアー順路】
Helpful Discography
レッチリが4月1日に出演予定の人気番組「ジミー・キンメル・ライブ!」について。
Helpful Discography
レッチリも出演!アメリカの「人気トーク番組」変遷まとめ!【ジミー・キンメル&ジミー・ファーロン】
Helpful Discography
レッチリ星「ハリウッド殿堂入り」詳細まとめ【2717個目の星】
Helpful Discography
レッチリはいくらで著作権を売却した?【全楽曲で150億円】
Helpful Discography
カリフォルニケイションのMVでメタバース先取り。NFT参入ありえる。
Helpful Discography
レッチリの最新メンバー!2022年更新【今年はツアー三昧】
Helpful Discography
レッチリの代表曲とは?【年代別で整理】
Helpful Discography
レッチリのメンバー変遷【結成〜現在】
Helpful Discography
レッチリの歴代プロデューサー変遷【デビュー〜現在】
Helpful Discography
レッチリの名曲とは?1980年代編【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリの名曲とは?1990年代編【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリの名曲とは?2000年代編【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリの名曲とは?2010年代編【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリの凄さについて。
Helpful Discography
アンソニー・キーディスがWalk on the Wild Sideしてる!
Helpful Discography
Red Hot Chili Peppersのお役立ちリンク集

レッチリ:HISTORY 記事一覧
sk blog トップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました