パーラメント作品まとめ【至高ファンク】

パーラメント作品を一覧できるまとめ記事を作成しました。

この記事の特徴

  • タイトル&リリース日を「目次で網羅」できます。
  • 目次は「作品のリリース順」に整理してあります。
  • リリース日は「Wikipediaを参照」し正確に記述しています。
  • 作品ごとに「おすすめ曲を提案」しておりますのでご参考ください。

参照サイト

※目次もご活用くださいませ。

【予約始まってます!】RHCPニューアルバム「Return Of The Dream Canteen」10月14日(金)発売!

【Amazon.co.jp限定】リターン・オブ・ザ・ドリーム・カンティーン (メガジャケ付)
ワーナーミュージック・ジャパン
Red Hot Chili Peppers、2022年4月に発売されたアルバム『Unlimited Love』に続き、わずか半年で最新アルバム『Return of the Dream Canteen』の発売が決定!
※日本盤ボーナストラック1曲収録

RHCPニューアルバム「Unlimited Love」発売中!

※Amazon Music Unlimited、30日間無料!


sk

Music ∞♡ / Jazz / Punk / Rock / Funk / Electronic Music 1984年生まれ。東京在住。

プロフィール詳細

1.Osmium: July 1970

パーラメントのデビューアルバム、1970年リリースの「Osmium」。

ファンカデリックとデビュー年は同じ。

おすすめ曲

  • Put Love in Your Life
  • Oh Lord, Why Lord / Prayer
  • My Automobile

「Put Love in Your Life」後半のジャムセクション最高。

「Oh Lord, Why Lord/Prayer」はルース・コープランドが書いた曲。

「My Automobile」の後半の大騒ぎが笑える。

他にも「Nothing Before Me but Thang」など名曲多し。

※こちらはパーラメント以前のザ・パーラメンツ。ザンギエフみたいな風情の方がジョージ・クリントン。

本作にはイギリス出身シンガーソングライターのルース・コープランドが参加している。

パーラメントと時を同じくしてデビューしたルース・コープランド。

そんな縁もあってルース・コープランドのデビューアルバムではファンカデリックがバックバンドを努めている。

※下記もあわせてどうぞ!

編成メンバー
ボーカルジョージ・クリントン、ファジー・ハスキンス、カルヴァン・サイモン、レイ・デイヴィス、グラディ・トーマス、クライド・ダーネル・ウィルソン、ルース・コープランド
ギターエディ・ヘイゼル、トール・ロス
ベースビリー・ベース・ネルソン
オルガン&ピアノバーニー・ウォーレル
ドラムティキ・フルウッド
プロデューサージョージ・クリントン、ルース・コープランド

2.Up for the Down Stroke: July 3, 1974

おつぎは1974年リリースの2ndアルバム「Up for the Down Stroke」。

おすすめ曲

  • Up for the Down Stroke
  • The Goose
  • All Your Goodies Are Gone
編成メンバー
ボーカルジョージ・クリントン、ファジー・ハスキンス、カルヴァン・サイモン、レイ・デイヴィス、グラディ・トーマス、ピーター・チェイス(「I Just Got Back」の口笛)
ギターエディ・ヘイゼル、ロン・ビコウスキー、ゲイリー・シャイダー
ベースブーツィー・コリンズ、コーデル・モースン
キーボードバーニー・ウォーレル
ドラムゲイリー・ブロンソン、ティキ・フルウッド
プロデューサージョージ・クリントン

3.Chocolate City: April 8, 1975

おつぎは1975年リリースの3rdアルバム「Chocolate City」。

おすすめ曲

  • Chocolate City
  • Together
  • If It Don’t Fit (Don’t Force It)
編成メンバー
ボーカルジョージ・クリントン、ファジー・ハスキンス、カルヴァン・サイモン、レイ・デイヴィス、グラディ・トーマス、マリア・フランクリン(パーレット)、デビー・ライト(パーレット)、ジャネット・ワシントン(パーレット)、ゲイリー・マッドボーン・クーパー
ギターエディ・ヘイゼル、トール・ロス、ゲイリー・シャイダー
ベースブーツィー・コリンズ、コーデル・モースン、ビリー・ベース・ネルソン、プラカシュ・ジョン
キーボードバーニー・ウォーレル
ドラムティキ・フルウッド、タイロン・ランプキン、マン・イン・ザ・ボックス
プロデューサージョージ・クリントン

4.Mothership Connection: December 15, 1975

おつぎは4thアルバム「Mothership Connection」。

こちらは3rdから約9か月の1975年12月リリース。

おすすめ曲

  • P. Funk (Wants to Get Funked Up)
  • Mothership Connection (Star Child)
  • Give Up the Funk (Tear the Roof off the Sucker)

※Parliament Funkadelic – Give Up The Funk – Mothership Connection Houston 1976

編成メンバー
ボーカルジョージ・クリントン、ファジー・ハスキンス、カルヴァン・サイモン、レイ・デイヴィス、グラディ・トーマス、ブーツィー・コリンズ、ゲイリー・シャイダー、グレン・ゴインズ
バックコーラスゲイリー・ボーン・クーパー、デビー・エドワーズ、タカ・カーン、アーチー・アイビー、ブリナ・キメンティ、ラスプーチン・ブッテ、パム・ヴィンセント、デブラ・ライト、シドニー・バーンズ
ギターゲイリー・シャイダー、マイケル・ハンプトン、グレン・ゴインズ、ブーツィー・コリンズ
ベースブーツィー・コリンズ、コーデル・モースン
キーボードバーニー・ウォーレル
ドラムティキ・フルウッド、ジェローム・ブレイリー、ブーツィー・コリンズ、ゲイリー・ボーン・クーパー
ホーンフレッド・ウェズリー、メイシオ・パーカー、マイケル・ブレッカー、ランディ・ブレッカー、ブーム、ジョー・ファレル
プロデューサージョージ・クリントン

5.The Clones of Dr. Funkenstein: September 1976

おつぎは年リリースの5thアルバム「The Clones of Dr. Funkenstein」。

おすすめ曲

  • Dr. Funkenstein
  • Children of Production
  • Do That Stuff
編成メンバー
ボーカルジョージ・クリントン、ファジー・ハスキンス、カルヴァン・サイモン、レイ・デイヴィス、グラディ・トーマス、ブーツィー・コリンズ、ゲイリー・シャイダー、グレン・ゴインズ
バックコーラスゲイリー・ボーン・クーパー、デビー・エドワーズ、タカ・カーン
ギターゲイリー・シャイダー、マイケル・ハンプトン、グレン・ゴインズ
ベースブーツィー・コリンズ、コーデル・モースン、レニー・ジョーンズ
キーボードバーニー・ウォーレル
ドラムジェローム・ブレイリー、ブーツィー・コリンズ、ゲイリー・ボーン・クーパー
ホーンフレッド・ウェズリー、メイシオ・パーカー、マイケル・ブレッカー、ランディ・ブレッカー、リック・ガードナー
プロデューサージョージ・クリントン

6.Funkentelechy vs. the Placebo Syndrome: November 28, 1977

おつぎは1977年リリースの6thアルバム「Funkentelechy vs. the Placebo Syndrome」。

おすすめ曲

  • Flash Light
  • Bop Gun (Endangered Species)
  • Funkentelechy

※Funkadelic (feat. George Clinton) performing “Flash Light (feat. Thundercat)” Live on KCRW

編成メンバー
ボーカルジョージ・クリントン、ファジー・ハスキンス、カルヴァン・サイモン、レイ・デイヴィス、グラディ・トーマス、ブーツィー・コリンズ、ゲイリー・シャイダー、グレン・ゴインズ、マリア・フランクリン(パーレット)、デビー・ライト(パーレット)、ジャネット・ワシントン(パーレット)、リン・メイブリー、ドーン・シルバ、コーデル・モースン
ギターゲイリー・シャイダー、マイケル・ハンプトン、グレン・ゴインズ、キャットフィッシュ・コリンズ(ブーツィーの弟)
ベースブーツィー・コリンズ、コーデル・モースン
キーボードバーニー・ウォーレル
ドラムジェローム・ブレイリー、ブーツィー・コリンズ
ホーンフレッド・ウェズリー、メイシオ・パーカー、リック・ガードナー、リチャード・クッシュ・グリフィス、クレイ・ロウリー、ダリル・ディクソン、ヴァレリー・ドレイトン、ダニー・コルテス
プロデューサージョージ・クリントン

7.Motor Booty Affair: November 20, 1978

おつぎは1978年リリースの7thアルバム「Motor Booty Affair」。

おすすめ曲

  • Aqua Boogie (A Psychoalphadiscobetabioaquadoloop)
  • Rumpofsteelskin
  • The Motor-Booty Affair

オハイオ・プレイヤーズの初期メンバーである天才マルチプレイヤーのジュニー・モリソンが参加。

ジュニー・モリソンはファンカデリックの1978年リリース「One Nation Under A Groove」からPファンクとは繋がりを持っている。

※下記もあわせてどうぞ!

編成メンバー
ボーカルジョージ・クリントン、レイ・デイヴィス、ゲイリー・シャイダー、ジュニー・モリソン(J.S. Theracon)、ゲイリー・ボーン・クーパー、ロン・フォード
バックコーラスマリア・フランクリン(パーレット)、デビー・ライト(パーレット)、ジャネット・ワシントン(パーレット)、シャーリー・ヘイデン(パーレット)、リン・メイブリー、シェリル・ジェイムズ、リン・メイブリー、ドーン・シルバ、リンダ・ブラウン、リチャード・クッシュ・グリフィス、レイモンド・スプリュエル、マイク・クリップ・ペイン、ジョーイ・ザラボック、ロバート・ピーナッツ・ジョンソン、ラリー・ヘクストール、オーヴァートン・ロイド
ギターゲイリー・シャイダー、マイケル・ハンプトン、キャットフィッシュ・コリンズ、ジュニー・モリソン(J.S. Theracon)、ブーツィー・コリンズ
ベースブーツィー・コリンズ、コーデル・モースン、ロドニー・スキート・カーティス、ジュニー・モリソン(J.S. Theracon)
キーボードバーニー・ウォーレル、ジュニー・モリソン(J.S. Theracon)
ドラムタイロン・ランプキン、ブーツィー・コリンズ、ゲイリー・ボーン・クーパージュニー・モリソン(J.S. Theracon)、ラリー・フラタンジェロ(パーカッション)
ホーンフレッド・ウェズリー、メイシオ・パーカー、リック・ガードナー、リチャード・クッシュ・グリフィス、グレッグ・ボイヤー、グレッグ・トーマス、ベニー・コーワン
プロデューサージョージ・クリントン

8.Gloryhallastoopid: November 20, 1979

おつぎは年リリースの4thアルバム「Gloryhallastoopid」。

おすすめ曲

  • Party People
  • The Big Bang Theory
  • Theme from the Black Hole
編成メンバー
The Put Yo’ Boody Where Yo’ Mouf Iz Choir(ボーカル)ジョージ・クリントン、レイ・デイヴィス、ゲイリー・シャイダー、ゲイリー・ボーン・クーパー、ロン・フォード、ラリー・ヘクストール、マイク・クリップ・ペイン、トレイシー・ルード・ルイス、リンダ・シャイダー、ドーン・シルバ、シェイラ・ホーン、ジャネット・ワシントン(パーレット)、ジャネット・マクグルーダー、シャーリー・ヘイデン(パーレット)、ジャニス・エヴァンス、グレッグ・トーマス、ロバート・ジョンソン、ロン・ダンバー、ジェシカ・クリーヴス、フィリップ・ワイン、ブーツィー・コリンズ、ジョエル・ジョンソン、ウェリントン・ウィグアウト、スター・チャイルド
Totally Treacherous But Slightly Silly Axe Molestors(ギター)ゲイリー・シャイダー、マイケル・ハンプトン、キャットフィッシュ・コリンズ、ジュニー・モリソン(J.S. Theracon)、ブーツィー・コリンズ、デュウェイン・マックナイト、ゴードン・カールトン
Underneath Below Bottom and Other Deep Basic Activities(ベース)ブーツィー・コリンズ、ロドニー・スキート・カーティス、ドニー・スターリン、ジュニー・モリソン(J.S. Theracon)、デュウェイン・マックナイト
Goofin’ Gooey Quacy Quirkn’ Glueon Key Bangers?(キーボード)バーニー・ウォーレル、ジュニー・モリソン(J.S. Theracon)、デヴィッド・リー・チョン
African Telephone Operators(ドラム)デニス・チェンバース、タイロン・ランプキン、ブーツィー・コリンズ、ジュニー・モリソン(J.S. Theracon)、ケニー・コルトン、デュウェイン・マックナイト
Directory Assistance(パーカッション)ラリー・フラタンジェロ、カール・ブッチ・スモール
Pieces of Mouf (Mouf Pieces)(ホーン)メイシオ・パーカー、グレッグ・ボイヤー、グレッグ・トーマス、ベニー・コーワン、ラリー・ハッチャー、サム・ピークス
プロデューサージョージ・クリントン

9.Trombipulation: December 1980

おつぎは年リリースの4thアルバム「Trombipulation」。

おすすめ曲

  • Trombipulation
  • Agony of Defeet
  • Body Language

「Agony of Defeet」のギターソロがくどくてナイス。

編成メンバー
ボーカルジョージ・クリントン、ドクター・ファンク、レイ・デイヴィス、リージュ・カリー、ゲイリー・シャイダー、マイク・クリップ・ペイン、ジェローム・ロジャース、ラリー・ハッチャー、ロバート・ジョンソン、ロン・ダンバー、ジャネット・マクグルーダー、ドーン・シルバ、シェイラ・ホーン、マリア・フランクリン(パーレット)、シャーリー・ヘイデン(パーレット)、ジャニス・エヴァンス、ジャネット・ワシントン(パーレット)、グウェン・ドジエル、シェリル・ジェイムズ、ロン・フォード、パティ・ウォーカー、アンドレ・ウィリアムス、スティーヴィー・パネル、ケヴィン・シャイダー、トレーシー・トレイルード・ルイス、トニー・デイヴィス、フィリップ・ワイン、ジェシカ・クリーヴス、ドニー・スターリン、トニー・トーマス、ロニー・グリーン、ニナ・フーヴァー、リンダ・シャイダー、ラリー・ヘクストール、ドーン・ドライバー、ロニ・ファウスト、GODMOMA、ジュニー・モリソン、ブーツィー・コリンズ
ギターブーツィー・コリンズ、トニー・トーマス、マイケル・ハンプトン、ゴードン・カールトン、ジェローム・アリ
ベースブーツィー・コリンズ、ドニー・スターリン、リージュ・カリー、ジミー・アリ
キーボードバーニー・ウォーレル、ジュニー・モリソン(J.S. Theracon)、デヴィッド・リー・チョン
ドラムブーツィー・コリンズ、ロニー・グリーン、タイロン・ランプキン、ケニー・コルトン
ホーンフレッド・ウェズリー、メイシオ・パーカー、グレッグ・ボイヤー、グレッグ・トーマス、ベニー・コーワン、ラリー・ハッチャー、リチャード・グリフィス、ダリル・ディクソン、デヴィッド・テイラー、バリー・テイラー、バリー・ロジャース、ダニー・カーン、デヴィッド・トファーニ、ジョン・ミカル、デヴィッド・マジャリ、ランディ・ブレッカー、マイケル・ブレッカー
プロデューサージョージ・クリントン、ブーツィー・コリンズ、ロン・ダンバー、ロン・フォード

10.Medicaid Fraud Dogg: May 22, 2018

おつぎは年リリースの4thアルバム「Medicaid Fraud Dogg」。

おすすめ曲

  • Medicated Creep
  • Proof Is in the Pudding
  • I’m Gon Make U Sick O’me feat. Scarface & Mudbone
  • All in

アブストラクトでジャジーなフレイバーを多く含んだ至高のファンク超大作。ゴリラズなどのデーモン・アルバーン関連がお好きな方にも響きそう。

また「Mama Told Me」ではパーラメント流トラップを聴かせてくれたりしてて、本作がパーラメントの「新作」であるという肌触りを存分に味わうことが出来ます。

編成メンバー
プロデューサージョージ・クリントン

11.まとめ

今回紹介した作品は全て「Amazon Music Unlimited」なら良い音でお楽しみいただけます。

ぜひ良い音でお楽しみください。

※くわしくは下記からどうぞ。

skblogでは音楽、映画、ファッションなどのカルチャー情報をシェアしています。

※ジョージ・クリントンがゲスト参加したケンドリック・ラマー作品は下記からお楽しみいただけます。

今日は以上です。

skでした。

最後まで読んでくださりありがとうございます!

記事が参考になりましたら幸いです。

【予約始まってます!】RHCPニューアルバム「Return Of The Dream Canteen」10月14日(金)発売!

【Amazon.co.jp限定】リターン・オブ・ザ・ドリーム・カンティーン (メガジャケ付)
ワーナーミュージック・ジャパン
Red Hot Chili Peppers、2022年4月に発売されたアルバム『Unlimited Love』に続き、わずか半年で最新アルバム『Return of the Dream Canteen』の発売が決定!
※日本盤ボーナストラック1曲収録

RHCPニューアルバム「Unlimited Love」発売中!

※Amazon Music Unlimited、30日間無料!


You are My Hero, Rest in Peace Taylor Hawkins.

※下記もあわせてどうぞ。

※下記もおすすめです。

Helpful Discography for Listening to Music

Helpful Discography
ファンカデリック作品まとめ【至高ファンク】
Helpful Discography
ブラックサバス作品まとめ【至高メタル】
Helpful Discography
ケンドリック・ラマー作品まとめ【至高ヒップホップ】
Helpful Discography
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ作品まとめ【時系列で見やすく整理】
Helpful Discography
パーラメント作品まとめ【至高ファンク】
Helpful Discography
パブリック・イメージ・リミテッド作品まとめ【至高ポストパンク】
Helpful Discography
ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ作品まとめ【至高レゲエ】
Helpful Discography
ジョン・レノン作品まとめ【至高ロック】
Helpful Discography
ジミ・ヘンドリックス作品まとめ【至高ロック】
Helpful Discography
オアシス作品総まとめ!【時系列で見やすく整理】
Helpful Discography
カマシ・ワシントン作品総まとめ!【至高ジャズ】
Helpful Discography
BadBadNotGood作品総まとめ!【至高ジャズ】
Helpful Discography
バウ・ワウ・ワウ作品総まとめ!【至高ニューウェーブ】
Helpful Discography
ウォーペイント作品総まとめ!【至高アートロック】
Helpful Discography
That Dog作品総まとめ!【至高オルタナティブロック】
Helpful Discography
ハイム作品総まとめ!【レッチリツアーのゲストアクト!】

Articles : Members of RED HOT CHILI PEPPERS

Helpful Discography
アンソニー・キーディスといえばコレ!【5分で魅力を解説】
Helpful Discography
レッチリ・フリーとは?【結論:音楽仙人】
Helpful Discography
ヒレル・スロヴァクとは?【レッチリの初代ギタリスト】
Helpful Discography
ジョン・フルシアンテといえばコレ!【5分で魅力を解説】
Helpful Discography
ジョシュ・クリングホッファーとは?【結論:空間デザインの匠】
Helpful Discography
チャド・スミスとは?【結論:職人レベルが非凡】

レッチリ:MEMBERS 記事一覧
sk blog トップページ

Articles : Works of RED HOT CHILI PEPPERS

Helpful Discography
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ作品まとめ【時系列で見やすく整理】
Helpful Discography
Unlimited Love「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの12thアルバム】
Helpful Discography
レッチリ新譜「Unlimited Love」収録新曲の解禁ストーリー【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリ新譜!「Black Summer」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリ新譜!「Poster Child」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリ新譜!「Not the One」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリ新着!「These Are the Ways」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
The Red Hot Chili Peppers「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの1stアルバム】
Helpful Discography
Freaky Styley「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの2ndアルバム】
Helpful Discography
The Uplift Mofo Party Plan「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの3rdアルバム】
Helpful Discography
Mother’s Milk「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの4thアルバム】
Helpful Discography
Blood Sugar Sex Magik 「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの5thアルバム】
Helpful Discography
One Hot Minute「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの6thアルバム】
Helpful Discography
Californication「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの7thアルバム】
Helpful Discography
By the Way「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの8thアルバム】
Helpful Discography
Stadium Arcadium「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの9thアルバム】
Helpful Discography
I’m with You「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの10thアルバム】
Helpful Discography
レッチリのI’m Beside Youとは?【I’m With YouのB面】
Helpful Discography
The Getaway「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの11thアルバム】
Helpful Discography
レッチリ人気曲TOP10とは?【結論:メロウが上位】
Helpful Discography
カリフォルニケイションのMVでメタバース先取り。NFT参入ありえる。
Helpful Discography
アンソニー・キーディスがWalk on the Wild Sideしてる!
Helpful Discography
レッチリはいくらで著作権を売却した?【全楽曲で150億円】
Helpful Discography
【推薦①】Stadium Arcadiumの詳細と考察!レッチリのグラミー受賞アルバム
Helpful Discography
【推薦②】 Live in Hyde Parkの詳細と考察!レッチリのライブ名盤
Helpful Discography
【推薦③】Californicationの詳細と考察!ジョン・フルシアンテ復帰作
Helpful Discography
【推薦④】By the Wayの詳細と考察!【Very John】
Helpful Discography
ジョン在籍時レッチリのアルバム詳細!【最強4選】
Helpful Discography
レッチリの名曲とは?1980年代編【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリの名曲とは?1990年代編【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリの名曲とは?2000年代編【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリの名曲とは?2010年代編【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリの代表曲とは?【年代別で整理】
Helpful Discography
Red Hot Chili Peppersのお役立ちリンク集

レッチリ:WORKS 記事一覧
sk blog トップページ

Articles : History of RED HOT CHILI PEPPERS

Helpful Discography
レッチリ最新情報2022年版!【新作&新曲解禁!ジョン復帰!】
Helpful Discography
レッチリ2022年世界ツアー情報まとめ!【図解ツアー順路】
Helpful Discography
レッチリが4月1日に出演予定の人気番組「ジミー・キンメル・ライブ!」について。
Helpful Discography
レッチリも出演!アメリカの「人気トーク番組」変遷まとめ!【ジミー・キンメル&ジミー・ファーロン】
Helpful Discography
レッチリ星「ハリウッド殿堂入り」詳細まとめ【2717個目の星】
Helpful Discography
レッチリはいくらで著作権を売却した?【全楽曲で150億円】
Helpful Discography
カリフォルニケイションのMVでメタバース先取り。NFT参入ありえる。
Helpful Discography
レッチリの最新メンバー!2022年更新【今年はツアー三昧】
Helpful Discography
レッチリの代表曲とは?【年代別で整理】
Helpful Discography
レッチリのメンバー変遷【結成〜現在】
Helpful Discography
レッチリの歴代プロデューサー変遷【デビュー〜現在】
Helpful Discography
レッチリの名曲とは?1980年代編【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリの名曲とは?1990年代編【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリの名曲とは?2000年代編【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリの名曲とは?2010年代編【Red Hot Chili Peppers】
Helpful Discography
レッチリの凄さについて。
Helpful Discography
アンソニー・キーディスがWalk on the Wild Sideしてる!
Helpful Discography
Red Hot Chili Peppersのお役立ちリンク集

レッチリ:HISTORY 記事一覧
sk blog トップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました