【ヒット量産】ナイル・ロジャース使用機材まとめ!マドンナ、デヴィッド・ボウイをプロデュースした天才ギタリスト!【Nile Rodgers】

カッティング職人でも有名なナイル・ロジャースってどんな機材使ってるのかな?
ダフト・パンクにフィーチャーされたり、ディスコレジェンドとして語られることの多いナイル・ロジャースの機材が気になるな。

ナイル・ロジャースは、1970年代後半のディスコブームを牽引したファンクバンド、シックのギタリスト兼プロデューサーとして知られており、近年ではダフト・パンクの「ランダム・アクセス・メモリーズ」でファレル・ウィリアムスと共にフィーチャーされ再評価されましたね。

ナイル・ロジャースは、1952年9月19日生まれ、アメリカ・ニューヨーク州出身です。

ナイル・ロジャースは、元々ジャズギタリストで、シックでの活躍以降も、デヴィッド・ボウイの超名盤「レッツ・ダンス」、同じくマドンナの超名盤「ライク・ア・ヴァージン」のプロデュースで大成功した敏腕プロデューサーでもあります。

そんな、ナイル・ロジャースのメインギターは通称「Hitmaker」と呼ばれるフェンダーのストラトキャスター。

では詳細をみていきましょう!

下記の写真、凄い2ショットですね〜!神々しい。ちなみに、ジョニー・マーの息子の名はナイル。ナイル・マーもミュージシャンとして活躍しており、フガジやエリオット・スミスから影響を受けたというナイスな感性の持ち主。

sk

毎日音楽に励まされて生きています。
音楽も、音楽家も、わたしにとっては刺激そのもの。

プロフィール詳細

1.ナイル・ロジャースの使用機材:ギター

ナイル・ロジャース使用ギターの一覧

  • 1960 Fender Stratocaster
  • Fender Telecaster Thin Line
  • Fender Acoustasonics Stratocaster
  • Epiphone ES-295
  • D’Angelico EXL-1
  • Gibson Les Paul Traditional
  • Gibson Custom L-5
  • Gibson SJ-200
Daft Punk feat. Pharrell Williams – Get Lucky (Official Video)

ダフト・パンク、ファレル、ナイル・ロジャースが繰り出す極上ファンク。下記のMV「Till The World Falls」はMura Masaとの共同プロデュース、アンダーソン・パーク&NAOが共同作曲という進化型のChicになってます〜!

ナイル・ロジャースの健在っぷりを遺憾なく発揮した2018年のNile Rodgers & Chic。

Nile Rodgers, CHIC – Till The World Falls (Lyric Video) ft. Mura Masa, Cosha, VIC MENSA

1960 Fender Stratocaster

ナイル・ロジャースといえば、1960年製フェンダー・ストラトキャスター、通称「Hitmaker」ですね!

1960年製ストラトボディに、1959年製ストラトネックをセッティングした1本。

このギターでナイル・ロジャースは、数々の名曲名作を制作しており、デヴィッド・ボウイの「Let’s Dance」、マドンナ「Like a Virgin」、近年ではダフト・パンク「Get Lucky」など、まさに「Hitmaker」。

「Hitmaker」を愛でるジョニー・マー。

下記は「Hitmaker」以外のストラトを構えるナイル・ロジャース。珍しいですね〜!基本的にメイプル指板がお好みのようですね。

と、思いきや、ローズ指板のストラトも。

フェンダーメキシコのVinteraシリーズを試奏するナイル・ロジャース。

Fender Vintera Stratocasters | Nile Rodgers First Impressions

Fender Telecaster Thin Line

テレキャスター・シンラインは、軽量化を目指して開発された60年代モデルと、ハムバッカーを搭載した70年代モデルに分かれ、ナイル・ロジャースが使用しているシンラインは70年代モデル。

60年代モデルは軽量化を目的にボディ内部をホロウ化しており、アッセンブリーは従来のテレキャスターと同様。

Daft Punk | Random Access Memories | The Collaborators: Nile Rodgers

Fender Acoustasonic Stratocaster

FenderとFishmanが共同開発したアコースティックエンジンは、アコギとエレキを両立する新技術。

FenderとFishmanが共同開発した新しいアコースティックエンジンにより、Fender Acoustasonic Noiseless Magnetic Pickupのフェンダーらしさと、マホガニーボディ、マホガニーネックの温かいサウンドを両立した唯一性が特徴のAcoustasonicのストラト版がこれ。完全に新しいギター。

Epiphone ES-295

D’Angelico EXL-1

ジャズがルーツなナイル・ロジャース。フルアコも愛用しており、ギブソン以外にもニューヨーカーらしくディアンジェリコも愛用。

Gibson Les Paul Traditional

ストラトキャスターのイメージが強いですが、レスポールも似合うナイル・ロジャース。

レスポールには物欲を刺激する美しさがありますね〜。

Gibson Custom L-5

さきほどのディアンジェリコも素敵ですが、このギブソン・カスタムL-5も相当素敵。P-90らしい枯れたフルアコトーンが聞こえてきそうな写真ですね。

Gibson SJ-200

ナイル・ロジャースのファッションセンスとも好相性なゴージャスなルックスのSJ-200。

2.ナイル・ロジャースの使用機材:エフェクター

ナイル・ロジャース使用エフェクターの一覧

  • Xotic Effects SL Drive
  • Mad Professor Snow White Auto Wah
  • JAM Pedals Wahcko
  • Ibanez CS9
  • BOSS DD-3

Xotic Effects SL Drive

ナイル・ロジャースのファンキートーンのイメージに、歪みエフェクターはあんまりイメージないですが、ナイル・ロジャースはXoticのSL Driveを愛用しているようです。

ギターソロに重宝することでしょう。

この「Do You Wanna Party」のそつないギターソロ、渋いね〜!

Nile Rodgers, CHIC – Do You Wanna Party ft. LunchMoney Lewis

Xotic Effectsはアメリカ・カリフォルニア州のエフェクターメーカー。

マーシャルの1959 SuperLeadの歪みトーンを目指して開発されたXoticのSL Drive。伝統的なヴィンテージトーンで、ドライブ、トーン、ヴォリュームの3コントロールに加えXoticのEPブースター同様、内部に切替スイッチが内蔵されています。

値段もいい感じですね〜!

Xotic Effects SL Drive Distortion | Reverb Demo Video

Mad Professor Snow White Auto Wah

マッド・プロフェッサーのSnow Whiteはギターとベースで使えるオートワウ。4コントロールでかなり音作りの幅が広く、通好みな一品。

マッド・プロフェッサーはフィンランドのエフェクターメーカー。

レスポンスの速い効果が特徴ではあるけど、遅めのレスポンスに設定することもできるので、ハイファイなオートワウサウンドから、クラシックなオートワウサウンドもクリエイトできる便利な1台。

Mad Professor Snow White AutoWah (GB) demo by Marko Karhu and Sami Sallinen

JAM Pedals Wahcko

ギリシャのハンドメイド・エフェクターメーカー、JAM Pedals。

こだわりの内部パーツや外観のサイケデリックなペイントなど見どころ満載なWahckoは、60年代のイタリアンワウを意識した音作りになっており、元祖ワウペダル(イタリアのEMEが下請け製造)のVOX Clyde McCoy(67年に製品化)のワウサウンドに迫っています。

ちなみにVOX Clyde McCoyの後継モデルが69年のV846。ほぼ同時期に販売されたCry Babyも元々はVOXの1モデルで、VOXワウを製造していたイタリアのJEN(EMEが独立)がCry Babyをオリジナル製品として流通させるようになりました。

Nile Rodgers on the JAM pedals Wahcko
JAM pedals | WaterFall
JAM pedals RetroVibe | The making of
JAM pedals Wahcko | with Simon McBride

Clyde McCoy Wah系譜のワウペダルなのでこちらもおすすめ。

Ibanez CS9

Pedal Knockout – Boss Waza Craft CE-2W VS Ibanez Chorus Mini – Bucket Brigade Chorus
Chorus test: Donner Tutti / EHX Neo Clone / Ibanez CS Mini / Malekko Omicron

BOSS DD-3

Boss DD-3 Digital Delay | Reverb Demo Video

まとめ:ナイル・ロジャースの洗練された機材たち

ナイル・ロジャースは基本的にストラトを愛用していますね〜!フルアコでジャズをキメるナイル・ロジャースもかっこいいですね。

エフェクターも基本的にはファンクギタリストらしいラインナップですが、JAM PedalsやMad Professorなど新進メーカーもしっかり抑えてるあたりさすが。

talking about RHCP.

EQUIPMENT : 関連記事

MUSIC
BOSS(ボス)のディストーション・ペダル「DS-1」購入前チェック項目!【エフェクターの本質】
MUSIC
BOSS(ボス)のディストーション・ペダル「TURBO Distortion DS-2」購入前チェック項目!【エフェクターの本質】
MUSIC
アメリカン・ウルトラ・ストラトキャスター特徴解説!【現行フェンダーUSA】
MUSIC
アメプロ・アメオリ・アメエリのストラトキャスター特徴解説!
MUSIC
クルアンビンのマーク・スピアー使用機材!【ギター・エフェクター・アンプ】
MUSIC
ジョニー・マーの使用機材をまとめ!【ギター・エフェクター】
MUSIC
【ヒット量産】ナイル・ロジャース使用機材まとめ!マドンナ、デヴィッド・ボウイをプロデュースした天才ギタリスト!【Nile Rodgers】
MUSIC
【9代目】ジョシュの使用機材を知れる完全ガイド!ギター・エフェクター・アンプ【Josh Klinghoffer】
MUSIC
ジョン・フルシアンテの機材概要【ギター・エフェクター・アンプ】
MUSIC
ヒレル・スロヴァクの機材概要【ギター・エフェクター・アンプ】
MUSIC
ノエル・ギャラガーの機材概要【ギター・エフェクター・アンプ】

JAZZ / FUNK / R&B / HIP HOP 関連記事

MUSIC
ジャズの定番名盤オススメ10選!【マイルス・コルトレーン・ブルーノートからECMまで】
MUSIC
【基礎教養?】カニエ・ウェストの名曲「Power」とは?収録アルバム「My Beautiful Dark Twisted Fantasy」も紹介!【ノエル・ギャラガー絶賛】
MUSIC
Thundercatのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【サンダーキャット】
MUSIC
Anderson .Paakのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【アンダーソン・パーク】
MUSIC
De La Soulのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【デ・ラ・ソウル】
MUSIC
Childish Gambinoのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【チャイルディッシュ・ガンビーノ】
MUSIC
Delvon Lamarr Organ Trioのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【デルヴォン・ラマー・オルガン・トリオ】
MUSIC
【メロウ】クルアンビンのアルバム詳細!【Khruangbin】
MUSIC
Melanie Fayeのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【メラニー・フェイ】
MUSIC
ヴァージル・アブローが描く世界観、ルイヴィトンのファーストコレクション、BADBADNOTGOODとカニエ・ウェストによる音楽
MUSIC
歴代「グラミー最優秀ラップ・パフォーマンス賞受賞作品」の特集【Grammy Award for Best Rap Performance】

ROCK / PUNK / POPS 関連記事

MUSIC
パンクの定番名盤オススメ10選!【UKパンク・NYパンク・LAパンク】
MUSIC
Tame Inpalaのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【テーム・インパラ】
MUSIC
【メロウ】メン・アイ・トラストのアルバム・代表曲・プロフィール【Men I Trust】
MUSIC
マーズ・ヴォルタ全アルバム紹介!超絶プログレ集団【ジョン・フルシアンテ & フリー 多数参加!】
MUSIC
藤原ヒロシさんのエフェクターが上品!公式インスタグラム掲載の洗練機材【Hiroshi Fujiwara】
MUSIC
Heart of the Sunrise イエスの名曲 ライブ盤Yessongsでの演奏が凄い!
MUSIC
レッチリのすべて【All of Red Hot Chili Peppers】
MUSIC
ノエル・ギャラガーとは?【結論:実は優しい】

sk blog トップページ

コメント


Warning: Use of undefined constant ADSENSE_SCRIPT_CODE - assumed 'ADSENSE_SCRIPT_CODE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/c5081555/public_html/sk1984.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/footer-javascript.php on line 17
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました