【ヒット量産】ナイル・ロジャース使用機材まとめ!マドンナ、デヴィッド・ボウイをプロデュースした天才ギタリスト!【Nile Rodgers】

カッティング職人でも有名なナイル・ロジャースってどんな機材使ってるのかな?
ダフト・パンクにフィーチャーされたり、ディスコレジェンドとして語られることの多いナイル・ロジャースの機材が気になるな。

ナイル・ロジャースは、1970年代後半のディスコブームを牽引したファンクバンド、シックのギタリスト兼プロデューサーとして知られており、近年ではダフト・パンクの「ランダム・アクセス・メモリーズ」でファレル・ウィリアムスと共にフィーチャーされ再評価されましたね。

ナイル・ロジャースは、1952年9月19日生まれ、アメリカ・ニューヨーク州出身です。

ナイル・ロジャースは、元々ジャズギタリストで、シックでの活躍以降も、デヴィッド・ボウイの超名盤「レッツ・ダンス」、同じくマドンナの超名盤「ライク・ア・ヴァージン」のプロデュースで大成功した敏腕プロデューサーでもあります。

そんな、ナイル・ロジャースのメインギターは通称「Hitmaker」と呼ばれるフェンダーのストラトキャスター。

では詳細をみていきましょう!

下記の写真、凄い2ショットですね〜!神々しい。ちなみに、ジョニー・マーの息子の名はナイル。ナイル・マーもミュージシャンとして活躍しており、フガジやエリオット・スミスから影響を受けたというナイスな感性の持ち主。

sk

1984年生まれ。東京在住。
音楽、芸術、映画、飲食、衣服などに敏感な性質。

好きなものは、「非圧縮音源」「ぬるめのカフェラテ」「アーヴィング・ペン」「中目の古着屋」「うさぎやのどら焼き」「エチオピア産コーヒー豆」「南アとサンタリタヒルズ産ピノノワール」などなど。

※なお、最近はランニングを習慣化。マイペースに走っております!

プロフィール詳細

1.ナイル・ロジャースの使用機材:ギター

ナイル・ロジャース使用ギターの一覧

  • 1960 Fender Stratocaster
  • Fender Telecaster Thin Line
  • Fender Acoustasonics Stratocaster
  • Epiphone ES-295
  • D’Angelico EXL-1
  • Gibson Les Paul Traditional
  • Gibson Custom L-5
  • Gibson SJ-200
Daft Punk feat. Pharrell Williams – Get Lucky (Official Video)

ダフト・パンク、ファレル、ナイル・ロジャースが繰り出す極上ファンク。下記のMV「Till The World Falls」はMura Masaとの共同プロデュース、アンダーソン・パーク&NAOが共同作曲という進化型のChicになってます〜!

ナイル・ロジャースの健在っぷりを遺憾なく発揮した2018年のNile Rodgers & Chic。

Nile Rodgers, CHIC – Till The World Falls (Lyric Video) ft. Mura Masa, Cosha, VIC MENSA

1960 Fender Stratocaster

ナイル・ロジャースといえば、1960年製フェンダー・ストラトキャスター、通称「Hitmaker」ですね!

1960年製ストラトボディに、1959年製ストラトネックをセッティングした1本。

このギターでナイル・ロジャースは、数々の名曲名作を制作しており、デヴィッド・ボウイの「Let’s Dance」、マドンナ「Like a Virgin」、近年ではダフト・パンク「Get Lucky」など、まさに「Hitmaker」。

「Hitmaker」を愛でるジョニー・マー。

下記は「Hitmaker」以外のストラトを構えるナイル・ロジャース。珍しいですね〜!基本的にメイプル指板がお好みのようですね。

と、思いきや、ローズ指板のストラトも。

フェンダーメキシコのVinteraシリーズを試奏するナイル・ロジャース。

Fender Vintera Stratocasters | Nile Rodgers First Impressions

Fender Telecaster Thin Line

テレキャスター・シンラインは、軽量化を目指して開発された60年代モデルと、ハムバッカーを搭載した70年代モデルに分かれ、ナイル・ロジャースが使用しているシンラインは70年代モデル。

60年代モデルは軽量化を目的にボディ内部をホロウ化しており、アッセンブリーは従来のテレキャスターと同様。

Daft Punk | Random Access Memories | The Collaborators: Nile Rodgers

Fender Acoustasonic Stratocaster

FenderとFishmanが共同開発したアコースティックエンジンは、アコギとエレキを両立する新技術。

FenderとFishmanが共同開発した新しいアコースティックエンジンにより、Fender Acoustasonic Noiseless Magnetic Pickupのフェンダーらしさと、マホガニーボディ、マホガニーネックの温かいサウンドを両立した唯一性が特徴のAcoustasonicのストラト版がこれ。完全に新しいギター。

Epiphone ES-295

D’Angelico EXL-1

ジャズがルーツなナイル・ロジャース。フルアコも愛用しており、ギブソン以外にもニューヨーカーらしくディアンジェリコも愛用。

Gibson Les Paul Traditional

ストラトキャスターのイメージが強いですが、レスポールも似合うナイル・ロジャース。

レスポールには物欲を刺激する美しさがありますね〜。

Gibson Custom L-5

さきほどのディアンジェリコも素敵ですが、このギブソン・カスタムL-5も相当素敵。P-90らしい枯れたフルアコトーンが聞こえてきそうな写真ですね。

Gibson SJ-200

ナイル・ロジャースのファッションセンスとも好相性なゴージャスなルックスのSJ-200。

2.ナイル・ロジャースの使用機材:エフェクター

ナイル・ロジャース使用エフェクターの一覧

  • Xotic Effects SL Drive
  • Mad Professor Snow White Auto Wah
  • JAM Pedals Wahcko
  • Ibanez CS9
  • BOSS DD-3

Xotic Effects SL Drive

ナイル・ロジャースのファンキートーンのイメージに、歪みエフェクターはあんまりイメージないですが、ナイル・ロジャースはXoticのSL Driveを愛用しているようです。

ギターソロに重宝することでしょう。

この「Do You Wanna Party」のそつないギターソロ、渋いね〜!

Nile Rodgers, CHIC – Do You Wanna Party ft. LunchMoney Lewis

Xotic Effectsはアメリカ・カリフォルニア州のエフェクターメーカー。

マーシャルの1959 SuperLeadの歪みトーンを目指して開発されたXoticのSL Drive。伝統的なヴィンテージトーンで、ドライブ、トーン、ヴォリュームの3コントロールに加えXoticのEPブースター同様、内部に切替スイッチが内蔵されています。

値段もいい感じですね〜!

Xotic Effects SL Drive Distortion | Reverb Demo Video

Mad Professor Snow White Auto Wah

マッド・プロフェッサーのSnow Whiteはギターとベースで使えるオートワウ。4コントロールでかなり音作りの幅が広く、通好みな一品。

マッド・プロフェッサーはフィンランドのエフェクターメーカー。

レスポンスの速い効果が特徴ではあるけど、遅めのレスポンスに設定することもできるので、ハイファイなオートワウサウンドから、クラシックなオートワウサウンドもクリエイトできる便利な1台。

Mad Professor Snow White AutoWah (GB) demo by Marko Karhu and Sami Sallinen

JAM Pedals Wahcko

ギリシャのハンドメイド・エフェクターメーカー、JAM Pedals。

こだわりの内部パーツや外観のサイケデリックなペイントなど見どころ満載なWahckoは、60年代のイタリアンワウを意識した音作りになっており、元祖ワウペダル(イタリアのEMEが下請け製造)のVOX Clyde McCoy(67年に製品化)のワウサウンドに迫っています。

ちなみにVOX Clyde McCoyの後継モデルが69年のV846。ほぼ同時期に販売されたCry Babyも元々はVOXの1モデルで、VOXワウを製造していたイタリアのJEN(EMEが独立)がCry Babyをオリジナル製品として流通させるようになりました。

Nile Rodgers on the JAM pedals Wahcko
JAM pedals | WaterFall
JAM pedals RetroVibe | The making of
JAM pedals Wahcko | with Simon McBride

Clyde McCoy Wah系譜のワウペダルなのでこちらもおすすめ。

Ibanez CS9

Pedal Knockout – Boss Waza Craft CE-2W VS Ibanez Chorus Mini – Bucket Brigade Chorus
Chorus test: Donner Tutti / EHX Neo Clone / Ibanez CS Mini / Malekko Omicron

BOSS DD-3

Boss DD-3 Digital Delay | Reverb Demo Video

まとめ:ナイル・ロジャースの洗練された機材たち

ナイル・ロジャースは基本的にストラトを愛用していますね〜!フルアコでジャズをキメるナイル・ロジャースもかっこいいですね。

エフェクターも基本的にはファンクギタリストらしいラインナップですが、JAM PedalsやMad Professorなど新進メーカーもしっかり抑えてるあたりさすが。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

※なお、楽しい暇つぶしハックをアレコレ発信しております。

もしよかったら、ついでに下記もどうぞ。

※AMUの音質、解約方法など、気になる点を検証しました。

HD音質は良い。正直、圧縮音源には戻りたくない。
» 「本当に無料HDは高音質か試してみた

ではまたー!

EQUIPMENT : 関連記事

MUSIC
BOSS(ボス)のディストーション・ペダル「DS-1」購入前チェック項目!【エフェクターの本質】
MUSIC
BOSS(ボス)のディストーション・ペダル「TURBO Distortion DS-2」購入前チェック項目!【エフェクターの本質】
MUSIC
アメリカン・ウルトラ・ストラトキャスター特徴解説!【現行フェンダーUSA】
MUSIC
アメプロ・アメオリ・アメエリのストラトキャスター特徴解説!
MUSIC
クルアンビンのマーク・スピアー使用機材!【ギター・エフェクター・アンプ】
MUSIC
ジョニー・マーの使用機材をまとめ!【ギター・エフェクター】
MUSIC
【ヒット量産】ナイル・ロジャース使用機材まとめ!マドンナ、デヴィッド・ボウイをプロデュースした天才ギタリスト!【Nile Rodgers】
MUSIC
ジョシュ・クリングホッファーの機材概要【ギター・エフェクター・アンプ】
MUSIC
ジョン・フルシアンテの機材概要【ギター・エフェクター・アンプ】
MUSIC
ヒレル・スロヴァクの機材概要【ギター・エフェクター・アンプ】
MUSIC
ノエル・ギャラガーの機材概要【ギター・エフェクター・アンプ】

JAZZ / FUNK / R&B / HIP HOP 関連記事

MUSIC
ジャズの定番名盤オススメ10選!【マイルス・コルトレーン・ブルーノートからECMまで】
MUSIC
カニエ・ウェストの名曲「Power」を紐解く!【ノエル・ギャラガー絶賛】
MUSIC
Thundercatとは?【結論:超絶メロウ職人】
MUSIC
Anderson .Paakとは?【結論:極上グルーヴ職人】
MUSIC
De La Soulのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【デ・ラ・ソウル】
MUSIC
Childish Gambinoのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【チャイルディッシュ・ガンビーノ】
MUSIC
Delvon Lamarr Organ Trioのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【デルヴォン・ラマー・オルガン・トリオ】
MUSIC
【メロウ】クルアンビンのアルバム詳細!【Khruangbin】
MUSIC
Melanie Fayeのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【メラニー・フェイ】
MUSIC
ヴァージル・アブローといえばコレ!【5分で魅力を解説】
MUSIC
歴代「グラミー最優秀ラップ・パフォーマンス賞」受賞作品特集!

ROCK / PUNK / POPS 関連記事

MUSIC
パンクの定番名盤オススメ10選!【UKパンク・NYパンク・LAパンク】
MUSIC
Tame Inpalaのおすすめ作品!アルバム・代表曲・プロフィール紹介【テーム・インパラ】
MUSIC
【メロウ】メン・アイ・トラストのアルバム・代表曲・プロフィール【Men I Trust】
MUSIC
マーズ・ヴォルタ全アルバム紹介!超絶プログレ集団【ジョン・フルシアンテ & フリー 多数参加!】
MUSIC
藤原ヒロシさんのエフェクターが上品!公式インスタグラム掲載の洗練機材【Hiroshi Fujiwara】
MUSIC
Heart of the Sunrise イエスの名曲 ライブ盤Yessongsでの演奏が凄い!
MUSIC
Red Hot Chili Peppersのお役立ちリンク集
MUSIC
ノエル・ギャラガーとは?【結論:実は優しい】

sk blog トップページ

コメント


Warning: Use of undefined constant ADSENSE_SCRIPT_CODE - assumed 'ADSENSE_SCRIPT_CODE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/c5081555/public_html/sk1984.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/footer-javascript.php on line 17
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました