【9代目】ジョシュの使用機材を知れる完全ガイド!ギター・エフェクター・アンプ【Josh Klinghoffer】

ジョシュ・クリングホッファーが使用したギター、エフェクター、アンプを買えるものから揃えてみたい。
ジョシュが使用した代表的な機材が知りたいな。

ジョシュ・クリングホッファーの使用機材をまとめました。

基本を知りつつ、深堀りしていきます。

sk

毎日音楽に励まされて生きています。
音楽も、音楽家も、わたしにとっては刺激そのもの。

プロフィール詳細

1.ジョシュ・クリングホッファーの使用機材:ギター

photo credit: piyush.k Dreamforce2012-63 via photopin (license)

ジョシュ・クリングホッファーは独自の個性を発揮しつつも、サウンドメイクに関してはかなりジョン・フルシアンテからのバトンをしっかり継承している。

ヴィンテージのストラトキャスターを軸に、ボスのDS-2や、エレハモのホーリー・グレイルなどのエフェクターなど、ジョン・フルシアンテとの数々の共通点を確認することができる。

一方で、ギブソンのES-335やファイヤーバードなど、ジョシュならではのチョイスもあり、更にはギター以外の楽器もマルチにプレイする柔軟な感性が裏付けるようなゴー・ロボットでのトリッキーなサウンドメイクなどには、ジョシュ・クリングホッファーならではの面白さがある。

Rig Rundown – Red Hot Chili Peppers’ Josh Klinghoffer & Flea [2017]

ジョシュ・クリングホッファー使用の「ギター」一覧

  • Fender “1960” Stratocaster
  • Fender “1959” Stratocaster
  • Fender “1974” Stratocaster
  • Fender “Custom Shop” Stratocaster
  • Fender “1967” Telecaster Custom
  • Fender “White Chicken” Telecaster

下記のようにスティーヴ・ヴァイのJEMも使用してます。ジョシュのファッションにマッチしててかっこいい。

フェンダー60年製ストラトキャスター(Fender “1960” Stratocaster)

ジョシュのメインギターは、60年製ストラトキャスターです。通称ダシール。メインギターとはいえ、ライブでは多くのストラトを楽曲毎に使い分けている。

このギターをメインとして軸にしているのは、やはりヒレル以降のバトンを継承している意思の現れではないかと思われる。

RHCP – Can’t Stop (w/ intro jam) – Meadows Festival 2017 [PROSHOT] (SBD audio)

フェンダー59年製ストラトキャスター(Fender “1959” Stratocaster)

60のストラトのサブがこちらの59のストラト。センターピックアップにバンドエイドが貼られているのが目印。通称チック。タバコ・サンバーストが渋い。

RHCP – Give It Away – Meadows Festival 2017 [PROSHOT] (SBD audio)

フェンダー74年製ストラトキャスター(Fender “1974” Stratocaster)

ハードテイル使仕様、極薄のネック、通称ガス。

Red Hot Chili Peppers – Go Robot (Best Quality) – Live T in the Park Festival 2016 HD

フェンダー・カスタムショップ・ストラトキャスター(Fender “Custom Shop” Stratocaster)

ゴー・ロボットで使用。フェンダー・カスタムショップ製のレリック・ストラトキャスター、通称モンティ。

Red Hot Chili Peppers – Go Robot (with Everly on stage) [Multi-Cam] (SBD audio)

フェンダー67年製カスタム・テレキャスター(Fender “1967” Telecaster Custom)

これは、もともとジョン・フルシアンテが63年製テレキャスター・カスタムのバックアップ用にストックしていた67年製テレキャスター・カスタム。それをジョシュがジョン・フルシアンテから譲り受けたのがこれ。

ライヴでジョシュは「パラレル・ユニヴァース」で使用している。

Red Hot Chili Peppers – Parallel Universe – Philadelphia 2017 [Multi-Cam] (SBD audio)

フェンダー・ホワイト・チキン(Fender “White Chicken” Telecaster)

フェンダー・カスタムショップ製の珍品。テレキャス・シェイプのギターですが、ホロウボディで、ネックの処理や、ピックアップ、あらゆる金属パーツをグレッチのホワイト・ファルコン仕様にアレンジしたギターで、ジョシュ・クリングホッファーは「カリフォルニケイション」で使用している。

めっちゃかっこいい。

Red Hot Chili Peppers – Californication (w/intro) – Kaaboo 2017 (SBD audio)

ジョシュが作るレッチリサウンド

ジョシュ・クリングホッファーのギターはレッチリサウンドを忠実に守りつつ、サウンドメイクで独自カラーを出していました。

使用ギターに関しては歴代のレッチリのギタリスト、特にジョン・フルシアンテが作り上げたレッチリサウンドを忠実に守る傾向にありますが、所々にジョシュの個性を発揮しています。

そのため、ジョンが使用している「62のストラト」に近い個性のヴィンテージ・ストラトキャスターがチョイスされています。

なので、現行品のアメリカン・プロフェッショナル・シリーズの3トーン・サンバースト・モデルをオススメします。見た目の雰囲気も近く、実用性の高い仕様なので使いやすいと思います。

さらに、より一層ヴィンテージサウンドにこだわり、製作されたアメリカン・オリジナル・シリーズのストラトもオススメ。ピックアップや、ネックシェイプに強いこだわりを感じさせる1本です。

コスパ重視ならMade in Japanモデルも侮れないですね。

あとは、サウンド的にジョン・フルシアンテに近づけつつ、エフェクターでジョシュ・クリングホッファー風味を出していくと良いかと思います。

なので、ピックアップはジョン・フルシアンテも使用しているセイモア・ダンカンのSSL-1がおすすめ。

2.ジョシュ・クリングホッファーの使用機材:エフェクター

下記の記事は「ジョシュの使用エフェクター」を詳細にまとめています。

» 参考:ジョシュ・クリングホッファーの使用エフェクター

3.ジョシュ・クリングホッファーの使用機材:アンプ

マーシャル(Marshall Model 1967 “Major”)

マーシャルの名機1967 メジャー。このアンプはジョン・フルシアンテも使用していたマーシャルのヴィンテージ・アンプです。

マーシャルの名アンプでも一際有名な1959スーパーリードは100Wであることに対し、この1967 メジャーは大出力の200W。とはいえ、大出力だからハイゲインかといえばそうではなく、現代的なハイゲインアンプとは全くの別物。

ジョンのメインアンプがシルバー・ジュビリー(100W)で、ヒレルのメインアンプはスーパーベース(100W)だったから、歴代レッチリサウンドの中では最もモダンなサウンドになる。代々受け継がれているレッチリサウンドは、ヴィンテージのマーシャルアンプから作られている。

変化球と直球を織り交ぜた通好みなジョシュの機材

ジョンと共通した機材を使用することで、レッチリの伝統を継承しつつ、エフェクターなどで独自の個性を注入したジョシュ。

「最初に(レッチリと)やったツアーでは、もちろんみんなが僕とジョンを比較するのは明らかだった。だからそれについて考えすぎていたと思う。もちろん自分のスタイルもあったはずなのにね。でもチリ・ペッパーズの曲は世界的に有名なアンセムなわけで、それに敬意を表したいと思った。でも同時に自分らしくいられないのも無理なわけでね」

ジョン復活が嬉しい一方、レッチリとの別れを語るジョシュのコメントは心が痛い(涙)

ジョシュは10年間レッチリというモンスターバンドのギタリストを務め、世界最強ロックバンドを肌で感じることができたわけですし、貴重な機会や経験に恵まれた10年だったんではないかなあと思ったり。

ジョシュの繊細な感性で作るソロ作品もとてもステキな世界観なので、ソロ活動も引き続きチェックしていきたいと思います!

talking about RHCP.

記事が参考になりましたら幸いです。

EQUIPMENT : 関連記事

JOSH
BOSS(ボス)のディストーション・ペダル「DS-1」購入前チェック項目!【エフェクターの本質】
JOSH
BOSS(ボス)のディストーション・ペダル「TURBO Distortion DS-2」購入前チェック項目!【エフェクターの本質】
JOSH
アメリカン・ウルトラ・ストラトキャスター特徴解説!【現行フェンダーUSA】
JOSH
アメプロ・アメオリ・アメエリのストラトキャスター特徴解説!
JOSH
クルアンビンのマーク・スピアー使用機材!【ギター・エフェクター・アンプ】
JOSH
ジョニー・マーの使用機材をまとめ!【ギター・エフェクター】
JOSH
【ヒット量産】ナイル・ロジャース使用機材まとめ!マドンナ、デヴィッド・ボウイをプロデュースした天才ギタリスト!【Nile Rodgers】
JOSH
【9代目】ジョシュの使用機材を知れる完全ガイド!ギター・エフェクター・アンプ【Josh Klinghoffer】
JOSH
ジョン・フルシアンテの機材概要【ギター・エフェクター・アンプ】
JOSH
ヒレル・スロヴァクの機材概要【ギター・エフェクター・アンプ】
JOSH
ノエル・ギャラガーの機材概要【ギター・エフェクター・アンプ】

ジョシュ・クリングホッファー完全ガイド

下記の記事は「ジョシュ・クリングホッファー」を詳細にまとめています。

» 参考:ジョシュ・クリングホッファー完全ガイド

talking about RHCP.

コメント


Warning: Use of undefined constant ADSENSE_SCRIPT_CODE - assumed 'ADSENSE_SCRIPT_CODE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/c5081555/public_html/sk1984.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/footer-javascript.php on line 17
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました