【Trickfinger編】ジョン・フルシアンテ使用機材まとめ!Roland TR-909, 808, 303など!

本記事の参照元:Resident Adviser「Trickfinger: 解き放つ」

なお、Trickfingerの楽曲関連は下記の記事もあわせてお楽しみいただけたらと思います。

それでは早速チェックしていきましょう。

※ギター・マガジン最新号

ジョン・フルシアンテの新定番ペダル

ジョン・フルシアンテは新作Unlimited Loveのレコーディングで、MXRから提供された多くのペダルエフェクターを新たに採用しています。

中でもファズ「M236」、ディストーション「M78」、リバーブ「M300」はUnlimited Loveの各楽曲のサウンドメイクに大きな影響をもたらす重要なエフェクターとして「新たなレッチリサウンドを表現するジョン・フルシアンテの新定番ペダル」となること間違いなしですので、今のうちにチェックしておきましょう!

・ファズ

・ディストーション

・オーバードライブ

・リバーブ

※詳しくは下記の記事もどうぞ!

※ジョン・フルシアンテ最新情報

※目次もご活用くださいませ。

sk

Music ∞♡ / Jazz / Punk / Rock / Funk / Electronic Music 1984年生まれ。東京在住。

プロフィール詳細

1.Trickfingerの機材

ジョン・フルシアンテが「ele-king」の独占インタビューに応えていたように、ジョン・フルシアンテはTrickfingerの制作に、ローランドのリズムマシンを中心とした「アシッドハウス制作の定番ツール」を使用しています。

EMT 250、ARP 2500、Doepfer Modular Synthesizer, Roland MC4、Roland 202, 303_, 606, 707, 727, 808, 909も使った。Yamaha R8, Monomachineも使ったね。Machinedrumはたしか使ってなかったと思う。それ以外はあまり使わなかったから、けっこうベーシックなセットアップだった。

出典:ele-king

ジョン・フルシアンテ名義やレッチリでの制作で使用しているギターや機材選びに関しても基本的に「定番アイテム」を選ぶ傾向で、Trickfingerでもやはり基本理念は同様の姿勢で制作に挑んでいるようです。

「オリジナル=ヴィンテージ」を中心としたセレクトとなっており、アルバム「Trickfinger」と「Trickfinger II」に関しては一切PCも使用していないとのことなので、極めて原始的なエレクトロニックミュージックの作法で制作されていることになります。

とはいえ、そこはジョン・フルシアンテ。PC不使用にも関わらず、緻密に計算された複雑なプログラムを「複数の機材を同期させる」ことで「一斉に」レコーディングしているという驚異的な偉業を成し遂げています。

なお、2014年以降のTrickfinger制作は、複数のリズムマシン、複数のシーケンサー、複数のシンセサイザーを「PCでコントロール」しており、そうすることで今まで以上に更に踏み込んだ「表現」を可能にしているという。

創作活動に注がれる驚異的な集中力は、ジョン・フルシアンテ名義であれ、レッチリ名義であれ、Trickfinger名義であれ変わらず。

また、下記の写真からもわかるように、Trickfingerの制作にギターは原則使用されていません。

ジョン・フルシアンテの自宅スタジオ

ジョン・フルシアンテの自宅スタジオ:全体

ジョン・フルシアンテの自宅スタジオ:シンセ&モジュール

以下に「Trickfingerでジョン・フルシアンテが使用した主な機材」をまとめておきます。

Trickfingerでジョン・フルシアンテが使用した主な機材

  • ARP 2500
  • Roland TR-808
  • Roland MC4 MicroComposer
  • Roland TR-303 Bass Line
  • Roland TR-606 Drumatix
  • Roland SH-101
  • Roland TR-909
  • Roland MC-202 MicroComposer
  • Roland TR-707
  • Roland TR-727
  • Doepfer A-100
  • Elektron Machinedrum
  • Elektron Monomachine

※Elektron Machinedrumはアルバム「Trickfinger」では使用していないとのことですが、ジョンの自宅スタジオにセットされているので掲載しておきます。

ではつぎに、上記機材をそれぞれ参考動画を見ながらざっくりチェックしていきましょう。

2.Arp: ARP 2500

ARP 2500はアメリカの電子楽器メーカーArp(アープ)のアナログシンセサイザーです。

※下記の写真でジョン・フルシアンテの背後に写っている機材がARP 2500。

ARP 2500の製造は1970年〜

ARP 2500は1970年に誕生し、1981年まで製造されていました。

ArpはMoog(モーグ)の後発メーカーながら、Moogのライバルメーカーとなり、多くのミュージシャンに支持されてきている。

ARP2500参考動画

3.Roland: TR-808

TR-808はローランドのリズムマシンです。

通称「ヤオヤ」で知られる伝説的銘機。

TR-808の製造は1980年〜

TR-808は1980年に誕生。

1980年〜1983年まで製造されていました。

TR-808参考動画

4.Roland: MC4 MicroComposer

MC4はローランドのデジタルシーケンサーです。

MC4の製造は1981年〜

MC4は1981年に誕生しました。

MC4参考動画①

MC4参考動画②

まさに「打ち込み」。気が遠くなるような作業ですが、シーケンサーの基本を知るのには良い機会ですね。

5.Roland: TB-303 Bass Line

TB-303はローランドのベースシンセです。

TB-303の製造は1981年〜

TB-303も1981年に誕生。

1981年〜1984年まで製造されていました。

TB-303参考動画

6.Roland: TR-606 Drumatix

TR-606はローランドのリズムマシンで、先述したTR-808の弟分的存在。

TR-808の「廉価モデル」として後発されました。

TR-606の製造は1981年〜

TR-606はTB-303の相方として同じく1981年に誕生。

1981年〜1984年まで製造されていました。

TR-606参考動画

7.Roland: SH-101

SH-101はローランドのソフトウェア・シンセサイザーです。

SH-101の製造は1982年〜

SH-101は1982年に誕生。

1982年〜1986年まで製造されていました。

SH-101参考動画

8.Roland: TR-909

TR-909はローランドのリズムマシンで、銘機TR-808の後継機種になります。

TR-909は下記のとおり、Trickfinger制作におけるジョン・フルシアンテのメイン機材として活躍しました。

あまりにもマシンを集めすぎて、飼ってる猫たちがこっちに来れなくなった時があったね。向こうでにゃあにゃあ鳴いてるんだ。猫たちが通れるちょっとしたスペースを作らないといけなかった。アルバムはCD書き込み機に直接録音した。パソコンはなしだ。909をマスターにして、他のマシンはすべてスレイヴとして使用した。

出典:Resident Advisor

TR-909の製造は1983年〜

TR-909は1983年に誕生。

1983年〜1985年まで製造されていました。

ジョン・フルシアンテの自宅スタジオに鎮座するリズムマシン。上から2段目の右端がTR-909。下段にはマーシャルのシルバジュビリーのアンプヘッドの姿も。

TR-909参考動画

※Jeff Mills and the Roland TR-909

9.Roland: MC-202 MicroComposer

MC-202はローランドのデジタルシーケンサーです。

MC-202の製造は1983年〜

MC-202もTR-909と同じく1983年に誕生。

1983年〜1985年まで製造されていました。

MC-202参考動画

アルバム「Trickfinger」制作時(2007年)は2台だったMC-202、下記のとお2014年には6台になり、その進化の過程は2ndEP「Look Down, See Us」や、3rdアルバム「She Smiles Because She Presses the Button」で確認することができます。

また、上記写真のコンソール右側上段にTR-808、同じくコンソール右側中段手前にElektornのMonomachine、中段コンソール寄りには同じくElektronのMachinedrumが見えます。

10.Roland: TR-707

TR-707もローランドのリズムマシンです。

TR-707の製造は1985年〜

TR-707は1985年に誕生しました。

TR-707参考動画

11.Roland: TR-727

TR-727もローランドのリズムマシンで、TR-707にラテンパーカッションを追加したモデルになります。

TR-707の製造は1985年〜

TR-727も1985年に誕生しました。

TR-727参考動画

12.Doepfer: A-100

おつぎはジョンがレッチリ在籍以前から愛用しているDoepfer(ドイプファー)のアナログ・モジュラー・シンセサイザー、A-100を見ていきましょう。

Doepferはドイツの電子楽器メーカーです。

ジョン・フルシアンテがレッド・ホット・チリ・ペッパーズのアルバム「Stadium Arcadium」でのサウンドメイクで大々的に使用したモジュラーシンセサイザーの「Doepfer(ドイプファー)A-100」は、オマー・ロドリゲス・ロペスのレコーディングにジョンが参加し2001年にレコーディングしたアルバム「A Manual Dexterity, Soundtrack Volume One」収録の「Here the Tame Go By」において既に使用されています。

※モジュラーシンセサイザーの「Doepfer(ドイプファー) A-100」を扱う原宿のFive Gさん。ジョン・フルシアンテも2007年6月に来店しているお店です。

下記、Five Gさんのページにジョン・フルシアンテ来店時の写真が掲載されています。

Five Gさんにジョン・フルシアンテが来日した際の様子→ https://fiveg.net/?mode=f78

A-100の製造は1995年〜

A-100は1995年に誕生しました。

A-100参考動画

13.Elektron: Machinedrum

こちらはスウェーデンの電子楽器メーカー、Elektron(エレクトロン)のデジタルドラムマシン銘機Machinedrum。

ジョンが大好きなオウテカも使用しています。

Elektronは1998年に創業しました。

なお、冒頭でもお伝えのとおりアルバム「Trickfinger」ではMachinedrumは使用していないとのこと。

Machinedrumの製造は2001年〜

Machinedrumは2001年に誕生。

2016年に生産終了となっています。

Machinedrum参考動画

14.Elektron: Monomachine

こちらもElektron(エレクトロン)の人気機種、シンセサイザー&シーケンサーのMonomachine。

Monomachineの製造は2003年〜

Monomachineは2003年に誕生。

2016年に生産終了となっています。

Monomachine参考動画

15.まとめ

ジョン・フルシアンテ名義での活動やレッチリで活動する際にジョン・フルシアンテが使用している機材は下記にまとめてありますのでどうぞ!

今日は以上です。

skでした。

最後まで読んでくださりありがとうございます!

記事が参考になりましたら幸いです。

You are My Hero, Rest in Peace Taylor Hawkins.

※下記もあわせてどうぞ。

※下記もおすすめです。

Articles : John Frusciante

JOHN
ジョン・フルシアンテといえばコレ!【5分で魅力を解説】
JOHN
ジョン・フルシアンテがジャズフェスで「ジミヘンの64年製ストラトキャスター」を使用した楽曲まとめぇ!!
JOHN
ジョン・フルシアンテが「These Are the Ways」で使用したペダルエフェクターについて。
JOHN
ジョン・フルシアンテが「Live at the Fonda Theatre」で使用したギターとアンプについて。
JOHN
ジョン・フルシアンテ使用機材まとめ【2022年随時更新中】ギター・エフェクター・アンプについて。
JOHN
ジョン・フルシアンテ使用エフェクター【効果別で整理・解説】
JOHN
ジョン・フルシアンテのライブ使用エフェクターとは?【直列12+3】
JOHN
ジョン・フルシアンテが「Blood Sugar Sex Magik」で使用したエフェクターの詳細と考察。
JOHN
ジョン使用ギター「Unlimited Love Era」予測2022年!【62年製・55年製・61年製】
JOHN
ジョン・フルシアンテ流音作り方法【引き算の美学】
JOHN
ジョン・フルシアンテ使用ギターの特徴はコレ!【5分で解説】
JOHN
ジョン・フルシアンテ歴代ギター知りたいならコレ!【年代順アーカイブ】
JOHN
ジョンの「黄BOSS」(ヒレルはOD-1愛用者)について。
JOHN
ジョンが歌ったエルトン・ジョンのTiny Dancerについて。
JOHN
ジョン・フルシアンテ全ソロアルバム【時系列で整理・解説】
JOHN
ジョン・フルシアンテが影響を受けたギタリスト6人【詳細と考察】
JOHN
ジョン・フルシアンテらしさはコレで解る!プレイスタイル詳細と考察!
JOHN
ジョン在籍時レッチリのアルバム詳細!【最強4選】
JOHN
Trickfinger作品総まとめ!【時系列で見やすく整理】
JOHN
ジョン・フルシアンテが参加したオマー作品総まとめ!【時系列でシンプル整理】
JOHN
ジョン・フルシアンテ若い頃のソロアルバム【90年代】
JOHN
ジョン・フルシアンテ30代頃のソロアルバム【2000年代】
JOHN
ジョン・フルシアンテ近年のソロアルバム【2012年〜】
JOHN
【Trickfinger編】ジョン・フルシアンテ使用機材まとめ!Roland TR-909, 808, 303など!
JOHN
ジョン・フルシアンテが参加したオマー作品総まとめ!【時系列でシンプル整理】

JOHN FRUSCIANTE 記事一覧
sk blog トップページ

Articles : Members of RED HOT CHILI PEPPERS

JOHN
アンソニー・キーディスといえばコレ!【5分で魅力を解説】
JOHN
レッチリ・フリーとは?【結論:音楽仙人】
JOHN
ヒレル・スロヴァクとは?【レッチリの初代ギタリスト】
JOHN
ジョン・フルシアンテといえばコレ!【5分で魅力を解説】
JOHN
ジョシュ・クリングホッファーとは?【結論:空間デザインの匠】
JOHN
チャド・スミスとは?【結論:職人レベルが非凡】

レッチリ:MEMBERS 記事一覧
sk blog トップページ

Articles : Works of RED HOT CHILI PEPPERS

JOHN
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ作品まとめ【時系列で見やすく整理】
JOHN
Unlimited Love「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの12thアルバム】
JOHN
レッチリ新譜「Unlimited Love」収録新曲の解禁ストーリー【Red Hot Chili Peppers】
JOHN
レッチリ新譜!「Black Summer」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
JOHN
レッチリ新譜!「Poster Child」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
JOHN
レッチリ新譜!「Not the One」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
JOHN
レッチリ新着!「These Are the Ways」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
JOHN
The Red Hot Chili Peppers「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの1stアルバム】
JOHN
Freaky Styley「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの2ndアルバム】
JOHN
The Uplift Mofo Party Plan「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの3rdアルバム】
JOHN
Mother’s Milk「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの4thアルバム】
JOHN
Blood Sugar Sex Magik 「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの5thアルバム】
JOHN
One Hot Minute「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの6thアルバム】
JOHN
Californication「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの7thアルバム】
JOHN
By the Way「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの8thアルバム】
JOHN
Stadium Arcadium「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの9thアルバム】
JOHN
I’m with You「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの10thアルバム】
JOHN
レッチリのI’m Beside Youとは?【I’m With YouのB面】
JOHN
The Getaway「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの11thアルバム】
JOHN
レッチリ人気曲TOP10とは?【結論:メロウが上位】
JOHN
カリフォルニケイションのMVでメタバース先取り。NFT参入ありえる。
JOHN
アンソニー・キーディスがWalk on the Wild Sideしてる!
JOHN
レッチリはいくらで著作権を売却した?【全楽曲で150億円】
JOHN
【推薦①】Stadium Arcadiumの詳細と考察!レッチリのグラミー受賞アルバム
JOHN
【推薦②】 Live in Hyde Parkの詳細と考察!レッチリのライブ名盤
JOHN
【推薦③】Californicationの詳細と考察!ジョン・フルシアンテ復帰作
JOHN
【推薦④】By the Wayの詳細と考察!【Very John】
JOHN
ジョン在籍時レッチリのアルバム詳細!【最強4選】
JOHN
レッチリの名曲とは?1980年代編【Red Hot Chili Peppers】
JOHN
レッチリの名曲とは?1990年代編【Red Hot Chili Peppers】
JOHN
レッチリの名曲とは?2000年代編【Red Hot Chili Peppers】
JOHN
レッチリの名曲とは?2010年代編【Red Hot Chili Peppers】
JOHN
レッチリの代表曲とは?【年代別で整理】
JOHN
Red Hot Chili Peppersのお役立ちリンク集

レッチリ:WORKS 記事一覧
sk blog トップページ

Articles : History of RED HOT CHILI PEPPERS

JOHN
レッチリ最新情報2022年版!【新作&新曲解禁!ジョン復帰!】
JOHN
レッチリ2022年世界ツアー情報まとめ!【図解ツアー順路】
JOHN
レッチリが4月1日に出演予定の人気番組「ジミー・キンメル・ライブ!」について。
JOHN
レッチリも出演!アメリカの「人気トーク番組」変遷まとめ!【ジミー・キンメル&ジミー・ファーロン】
JOHN
レッチリ星「ハリウッド殿堂入り」詳細まとめ【2717個目の星】
JOHN
レッチリはいくらで著作権を売却した?【全楽曲で150億円】
JOHN
カリフォルニケイションのMVでメタバース先取り。NFT参入ありえる。
JOHN
レッチリの最新メンバー!2022年更新【今年はツアー三昧】
JOHN
レッチリの代表曲とは?【年代別で整理】
JOHN
レッチリのメンバー変遷【結成〜現在】
JOHN
レッチリの歴代プロデューサー変遷【デビュー〜現在】
JOHN
レッチリの名曲とは?1980年代編【Red Hot Chili Peppers】
JOHN
レッチリの名曲とは?1990年代編【Red Hot Chili Peppers】
JOHN
レッチリの名曲とは?2000年代編【Red Hot Chili Peppers】
JOHN
レッチリの名曲とは?2010年代編【Red Hot Chili Peppers】
JOHN
レッチリの凄さについて。
JOHN
アンソニー・キーディスがWalk on the Wild Sideしてる!
JOHN
Red Hot Chili Peppersのお役立ちリンク集

レッチリ:HISTORY 記事一覧
sk blog トップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました