レッチリは誰が作詞している?【結論:ほぼアンソニー】

本記事では、「レッド・ホット・チリ・ペッパーズの歌詞」を解説していきます。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(レッチリ、Red Hot Chili Peppers)の歌詞は、フロントマンのアンソニー・キーディスがほぼ全て作詞しております。

アンソニーの歌詞は、飾らず、ストレート。

アンソニー・キーディスが書く歌詞は、アンソニーの実体験に基づくクレイジーな内容や、親友の死と向き合い乗り越えた辛い現実を綴った内容など、赤裸々で前向きな内容の歌詞が多いところが特徴。

さらに、アンソニーの歌詞は、アンソニーの独特なラップスタイルのボーカルを際立たせるトリッキーでユーモアのある韻を踏むユニークな言葉遊びも特徴です。

詳細は記事内で解説していきます。

※目次付き。

sk

1984年生まれ。東京在住。
音楽、芸術、映画、飲食、衣服などに敏感な性質。

好きなものは、「非圧縮音源」「ぬるめのカフェラテ」「アーヴィング・ペン」「中目の古着屋」「うさぎやのどら焼き」「エチオピア産コーヒー豆」「南アとサンタリタヒルズ産ピノノワール」などなど。

※なお、最近はランニングを習慣化。マイペースに走っております!

プロフィール詳細

1.参考曲

レッチリの歌詞のほとんどは、アンソニーが書いています。

アンソニーは実体験にインスピレーションを受けながら、学生の頃から高く評価されていた持ち前の文章力で愛とユーモアあふれる作詞をします。

では、チェックしていきましょう!

Under the Bridge:孤独感

まずは、Under the Bridgeです。

まずは、こちらの動画をどうぞ。

Red Hot Chili Peppers – Under The Bridge [Official Music Video]

Under the Bridgeの歌詞

I don’t ever wanna feel like I did that day

But take me to the place I love

Take me all the way

Red Hot Chili Peppers – Under The Bridge

Under the Bridgeの和訳歌詞

二度と、あの日の気分は味わいたくない
でも、俺が好きなその場所へ連れ出してくれ
完全に俺を連れ出してくれ

アンソニー・キーディスはUnder the Bridgeで、後悔や、悲しみ、孤独感、親友の死や、ドラッグ、虚無感や、絶望など、実体験に基づく繊細な感情をさらけ出しました。

このような繊細な感情表現が共感を生み、レッチリをビッグにしていきます。

優しさと勇気。

Around the World:言葉遊び

つぎに、Around the Worldです。

キレキレのアンソニー・ワールド。

まずは、こちらの動画をどうぞ。

Red Hot Chili Peppers – Around The World [Official Music Video]

Around the Worldの歌詞

I know I know for sure

That life is beautiful around the world

I know I know it’s you

You say “Hello” and then I say “I do”

Red Hot Chili Peppers – Around The World

Around the Worldの和訳歌詞

もちろんわかってる
世界のどこにいても人生は素晴らしいってこと
わかってるよ、それは君だってこと
君がハローと言い、俺はアイドゥーと返す

アンソニー・キーディスはAround the Worldで、バンドと共に旅をした世界の景色や人々などについて、巧みな遊び心あふれる歌詞で、軽快かつリズミカルな韻で歌い上げます。

スリリングで遊び心があって、かっこいい。

一見意味のない言葉の羅列のようだけど、ストーリーになっていて、知的な遊び心あふれる構成です。

ドラマティックな展開にしびれる。

Dark Necessities:赤裸々な心情

つぎは、Dark Necessitiesです。

50歳を超えても世界観はぶれない。ぶれない生き様、かっこいい。

まずは、こちらの動画をどうぞ。

Red Hot Chili Peppers – Dark Necessities [OFFICIAL VIDEO]

Dark Necessitiesの歌詞

Dark necessities are part of my design

Red Hot Chili Peppers – Dark Necessities

Dark Necessitiesの和訳歌詞

俺を構成する要素、それには過去の闇も含まれる

アンソニー・キーディスはDark Necessitiesで、過去の行いが今の自分を支えている、という人生の陰と陽について歌っています。

最近のレッチリの中で一番好き。

「過去の闇も含めて俺」。

一貫してポジティブ

要は、アンソニーの「歌詞」がかっこいいのは、根本が「ポジティブ」だからです。

「ポジティブ」なアンソニーの姿勢が共感を呼んでいるんだと思います。

前向きな気持ちに押されたい。

まちがいない。

脆くて、弱くて、でも超ポジティブ。

だから、かっこいい。

かっこつけない、かっこよさ。

かっこ悪いことを受け入れるかっこよさ。

弱ってる時にこそ、根本が「ポジティブ」な支えが必要だったりするんです。

アンソニーの経歴・タトゥー・筋肉など

こちらの「アンソニー・キーディスといえばコレ!【5分で魅力を解説】」もお役に立つこと間違いなし!「アンソニーのタトゥー」の解説もあり。

2.結論、アンソニーの世界観

レッチリの歌詞は、アンソニーの世界観が色濃く投影されています。

アンソニーの実体験に基づく内容も多く、持ち前の「文章力」でリリカル、かつ、リズミカル

アンソニーの自伝にも記されているように、アンソニーは生きることに真剣。

真剣だからこそ、書けるストレートな歌詞。

※アンソニーとギター。

これからギターを始めようという方には下記も参考になるやもしれません。

こちらの「アンソニー・キーディスとは?【初期は痩せ型・今も現役】」もお役に立てたら幸いです。

※下記は「アンソニーの半生=レッチリの歴史」がぎゅっと詰まったアンソニー・キーディス自伝。各メンバーの「出会い」「別れ」「制作の裏側」など、興味深い逸話のオンパレード。めっちゃ面白い。未読の方はぜひ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

※なお、楽しい暇つぶしハックをアレコレ発信しております。

もしよかったら、ついでに下記もどうぞ。

※AMUの音質、解約方法など、気になる点を検証しました。

HD音質は良い。正直、圧縮音源には戻りたくない。
» 「本当に無料HDは高音質か試してみた

ではまたー!

コメント


Warning: Use of undefined constant ADSENSE_SCRIPT_CODE - assumed 'ADSENSE_SCRIPT_CODE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/c5081555/public_html/sk1984.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/footer-javascript.php on line 17
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました