レッチリ現在のメンバー!2021年更新【ジョン再び】

本記事では、「2021年レッチリ現在のメンバー」を解説していきます。

再復帰したジョン・フルシアンテ関連はこちらの記事ジョン・フルシアンテとは?」もぜひご覧ください。

気楽にお楽しみください。
Enjoy.

各項目へ進む場合は、目次からどうぞ。

Pls, Check this out.
talking about RHCP.

sk

毎日音楽に励まされて生きています。
音楽も、音楽家も、わたしにとっては刺激そのもの。

プロフィール詳細

1.まさに今、黄金メンバー

レッチリことレッド・ホット・チリ・ペッパーズは、1984年に結成。

2012年に「ロックの殿堂(Rock And Roll Hall Of Fame)」入り。

世界最強ロックバンドと言われ、結成から37年が経ち、レッチリは、まさに今、黄金メンバーとなって動き始めています。

新作のレコーディングはもう完了しているそうです!

みなさまご周知のとおり、レッチリの黄金時代を支えたギタリスト、ジョン・フルシアンテは2009年に脱退しています。

しかし、まさか、その10年後に再び復帰するなんて!

そう、まさに今、レッチリは再び黄金メンバーとなって帰ってきたのです。

2021年レッチリ新作進捗はこちら

レッチリの最新情報は「レッチリ最新情報!2021年ジョン復帰後の新作進捗!」にこつこつまとめています。

いよいよ、新作のレコーディングも完了したそうです!リック・ルービンも復活か!?

それにしても、なんで、ジョンの誕生日はスルーされたんでしょう?

では現在の各メンバーを見ていきましょう!

2.ボーカル:アンソニー・キーディス

2021年、59歳になる、レッチリのフロントマン、アンソニー・キーディス。

アンソニー・キーディスは、1962年11月1日生まれ、アメリカのミシガン州グランドラピッズ出身です。

レッチリのヴォーカル、アンソニー・キーディス(Anthony Kiedis)特集!

レッチリの歌詞はほぼ全てをアンソニーが作詞しています。

オープンマインドで、思慮深く、一方で、非凡な行動力の持ち主。

レッチリのエキセントリックで、メランコリックで、脆くて、弱くて、でも、超ポジティブな、世界観。

それらは、アンソニーの実体験に基づいていることも多く、クレイジーなハリウッドを体現する生きる伝説。

特に、「Under the Bridge」の歌詞は多くの人々に届き共感を呼んでいます。

アンソニー・キーディスは、BMWやハーレーなどの大型バイクも愛しており、サーフィンやマウンテンバイクなど、プライベートでもアグレッシブに人生を楽しんでいます。

こちらの記事「アンソニー・キーディスとは?【初期は痩せ型・今も現役】」で、アンソニーをもっと詳しく紹介していますので、ぜひお楽しみください。

3.ベース:フリー

アンソニーと同じく、2021年、59歳になる、レッチリのベーシスト、フリーこと、マイケル・ピーター・バルザリー。

フリーことマイケル・バルザリーは、1962年10月16日生まれ、オーストラリアのビクトリア州メルボルン出身です。

レッチリのベース、フリー(Flea)特集!

フリーは、音楽の理論も理解し、音楽学校も設立しており、教育にも熱心で、真面目な性格。

フリーは史上最も才能豊かなロックベーシストの一人として知られています。

フリーは心から音楽を愛し、ミュージシャンをリスペクトしています。

フリーに限らずレッチリメンバーはみんな、ロック以外の音楽から多くのインスプレーションを得ていますが、中でもフリーはジャズへの愛情が非常に強い。

下記の写真は、フリーと共演もしているNYパンク代表、パティ・スミスと、ベーシストのトニー・シャナハン、フリーが設立したシルバーレイク音楽院の前で。

Californication収録の「Around the World」では、フリーの強烈な個性を体験することができる。

フリーは幼少の頃から音楽に親しみ、ジャズを愛するトランペット少年でした。

ジャズ・ベーシストのチャールズ・ミンガスも、フリーのフェイバリットの1人。

こちらの記事「【レッチリ・フリーとは?】世界的ベーシストの詳細【Flea】」で、フリーをもっと詳しく紹介していますので、ぜひお楽しみください。

4.ギター:ジョン・フルシアンテ

2021年、51歳になる、レッチリのギタリスト、ジョン・フルシアンテ。

ジョン・フルシアンテは、1970年3月5日生まれ、アメリカのニューヨーク州ニューヨーク・クイーンズ出身です。

レッチリのギター、ジョン・フルシアンテ(John Frusciante)特集!

ジョン・フルシアンテは、ソロの「Trickfinger」名義でも、精力的に活動中。

下記は、Trickfingerとして、パートナーのAura T-09とラジオ番組に出演した際の一幕。

ジョンは現代の3大ギタリストとしても知られています。

ジョン・フルシアンテが最初にレッチリにジョインしたのが1988年。

当時、若干18歳でしたが、驚異的なセンスとテクニックで、アンソニーとフリーの度肝を抜きました

1992年に脱退、そして、1998年に復帰、そして2009年に再度脱退。

この期間には、ここでは書ききれない様々なドラマがあり。

そして、2019年に再び復帰するとアナウンスがあった際には、多くのファンが喜びと驚きを隠せませんでした。

10年間の、濃厚なソロ活動期間を経て、帰ってきたジョン。ソロ制作も継続しているという多彩ぶりに、ジョン・フルシアンテらしさを感じ、嬉しくなります。

新作、楽しみですね!

こちらの記事「【ジョン・フルシアンテとは?】レッチリのギタリスト詳細【John Frusciante】」で、フリーをもっと詳しく紹介していますので、ぜひお楽しみください。

5.ドラム:チャド・スミス

2021年、60歳(還暦!)になる、レッチリのドラマー、チャド・スミス。

チャド・スミスは1961年10月25日生まれ、アメリカのミネソタ州セントポール出身です。

レッチリのドラム、チャド・スミス(Chad Smith)特集!

チャドも、ジョンと同じく『マザーズ・ミルク』からのジョイン。

チャドは、レッチリの活動以外に、絵画作品も発表しており、個展なども開かれています。

チャドは、レッチリに1989年に加入してから、メンバーと程よいディスタンスを保ちながら、レッチリになくてはならないパワフルなグルーヴの供給者として、温厚で空気を読みながら、ファンを熱狂させ続けています。

配慮の塊。

チャドは史上最も偉大な100人のドラマーで87位にランクインしています。

チャド曰く、もう、ワールドツアーは、ぶっちゃけもうしんどいそうです。

チャドは今まで家族と過ごす時間をツアーに費やし犠牲にしてきているだけに、まもなく還暦なので、家族と過ごす時間を増やしたいんでしょうね。

チャドは、中立的ムードメーカーですね。

こちらの記事「【チャド・スミスとは?】レッチリのドラマー詳細【Chad Smith】」で、フリーをもっと詳しく紹介していますので、ぜひお楽しみください。

6.結論、まさに今、黄金メンバー

ご覧いただいた通り、現在のレッチリメンバーは、Blood Sugarで世界的大ブレイクした時のメンバーと同じ。

ジョンのまさかの脱退から奇跡の復帰により生まれた、Californication、By the Way、Stadium Arcadium、そして、円満に音楽探求のために再度脱退したジョン。

からの、まさに今、再び。

ぴったり10年後に再復帰のアナウンス。驚きました。

というわけで、つまり、レッチリは、まさに今、黄金メンバーです。

新作楽しみですね!

こちらの「レッチリ総合案内【歴史・メンバー・作品】」では、レッチリに関する歴史・メンバー・作品を体系的にまとめています、ぜひお役立てください。

レッチリ関連記事:HISTORY

HISTORY
レッチリ最新情報!2021年ジョン復帰後の新作進捗!
HISTORY
【レッチリが著作権を売却】全楽曲150億円の詳細と考察【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
レッチリ現在のメンバー!2021年更新【ジョン再び】
HISTORY
レッチリのすべて【All of Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
【歴史①】レッチリのメンバー変遷!結成〜現在を詳細に解説【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
【歴史②】レッチリの歴代プロデューサー!デビュー〜現在を詳細に解説【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
【歴史③】レッチリ各年代を象徴する名曲とアルバム!【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
【レッチリのなにが凄いのか?】「凄さ」の具体例【Red Hot Chili Peppers】

レッチリ:HISTORY 記事一覧
sk blog トップページ

レッチリ関連記事:WORKS

HISTORY
【珍品あり】レッチリメンバー愛用のスニーカー・関連グッズ!【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
レッチリ人気曲TOP10とは?【結論:メロウが上位】
HISTORY
【最強4選】ジョン在籍時レッチリのアルバム詳細!【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
【推薦②】 Live in Hyde Parkの詳細と考察!レッチリのライブ名盤
HISTORY
【推薦③】Californicationの詳細と考察!ジョン・フルシアンテ復帰作
HISTORY
【推薦④】By the Wayの詳細と考察!【Very John】
HISTORY
【推薦①】Stadium Arcadiumの詳細と考察!レッチリのグラミー受賞アルバム
HISTORY
レッチリのI’m With YouとI’m Beside You!未発表音源・完全網羅!【Red Hot Chili Peppers】

レッチリ:WORKS 記事一覧
sk blog トップページ

レッチリ関連記事:MEMBERS

HISTORY
アンソニー・キーディスとは?【痩せ型から健康志向へ】
HISTORY
レッチリ・フリーとは?【結論:大真面目】
HISTORY
ヒレル・スロヴァクとは?【レッチリの初代ギタリスト】
HISTORY
ジョン・フルシアンテとは?【結論:非典型的・非凡】
HISTORY
ジョシュ・クリングホッファーとは?【結論:空間デザインの匠】
HISTORY
チャド・スミスとは?【結論:職人レベルが非凡】

レッチリ:MEMBERS 記事一覧
sk blog トップページ

talking about RHCP.

記事が参考になりましたら幸いです!

コメント


Warning: Use of undefined constant ADSENSE_SCRIPT_CODE - assumed 'ADSENSE_SCRIPT_CODE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/c5081555/public_html/sk1984.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/footer-javascript.php on line 17
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました