レッチリ・フリーのフェンダー製シグネチャージャズベースの詳細!

本記事では、レッチリ(Red Hot Chili Peppers)のベーシスト、フリー公式、フェンダー・シグネチャーベースの2モデルを解説していきます。

※目次もご活用くださいませ。

sk

Music ∞♡ / Jazz / Punk / Rock / Funk / Electronic Music 1984年生まれ。東京在住。

プロフィール詳細

1.FLEA JAZZ BASS

まず1つ目はこちら!

このフリー・シグネチャーモデル「FLEA JAZZ BASS」は、フェンダーが「フリーのベーシストとしての功績を讃える」ために、フリーがファンから贈られて大事にしている「フェンダー61年製ジャズベース」を再製作しよう!という経緯で誕生しました。

「FLEA JAZZ BASS」は、フェンダーのエンセナダ工場(メキシコ)で製造されています。

下記のベースですね。

このベースは、フリー所有の「フェンダー61年製ジャズベース」を忠実に再現したデザインとなっており、シェルピンク・カラーが絶妙な仕上がりです。

※この「FLEA JAZZ BASS」の発売当時、下記のようにフリー・スタイル・コンテスト(#myfleastyle)も行われていました。

なお、「FLEA JAZZ BASS」は、パッシブピックアップの「Pure Vintage ’64 Jazz Bass」を2基搭載しており、ヴィンテージらしいウォームなサウンドが持ち味。

ヴィンテージサウンドの肝となる、ヴィンテージスタイルのピックアップは、ピュアなトーンと1960年代のあの素晴らしいFender Bassのサウンドを継承しています。

出典:FLEA JAZZ BASS®

また、初期のジャズベースの特徴である、スタックノブ仕様である点も、この「FLEA JAZZ BASS」の重要なポイントです。

スタックノブは、ボリュームコントロールとトーンコントロールが「スタック=積まれた」形状のノブで、「FLEA JAZZ BASS」は61年前期まで採用されていたスタックノブと同様に、ネック側ピックアップと、ブリッジ側ピックアップの2コントロール仕様になっています。
※61年後期からは、現在でもお馴染みの2ボリューム1トーン仕様が採用され始めます。

ボディ材はアルダー。

※Made in Mexicoのため低価格に抑えられてはいますが、随所にこだわりを散りばめた、非常にコスパの高い1本です。

しかも、塗装は本物のヴィンテージと同じニトロセルロースラッカーフィニッシュなので、ヴィンテージと同様、経年劣化によるベースの成長を味わえます。

この「FLEA JAZZ BASS」は、ニトロセルロースラッカーフィニッシュを丁寧にレリック加工しているので、長年使い込んだかのような風合いが秀逸。下記写真のフリー所有「フェンダー61年製ジャズベース」の「くすんだシェルピンク」を再現したカラーも絶妙。

※フェンダー公式サイトに表示されている定価は税込192,610円ですが、アマゾン正規店では「FLEA JAZZ BASS」が税込156,000円(2021年11月時点)で販売されていましたので、気になる方は要チェックです。

下記の動画は、「FLEA JAZZ BASS」のオフィシャル・プロモーション動画です。フリーの自宅で撮影されており、養蜂スタイルのフリーもぜひチェックしてみてください。

※ドナ・リー口ずさんでます。

Flea Introduces the Fender Signature Flea Bass | Artist Signature Series | Fender

2.FLEA ACTIVE JAZZ BASS

そして2つ目はこちら!

このフリー・シグネチャーモデル「FLEA ACTIVE JAZZ BASS」は、2018年のサマーNAMMショーにて発表されたベースで、最初に紹介したフリーが近年メインで使用している「フェンダー・カスタムショップ製フリー・ベース」を再現しています。

「FLEA ACTIVE JAZZ BASS」は、フェンダーのコロナ工場(アメリカ)で製造されています。
正真正銘Made in USAの1本。

下記のベースですね。

「FLEA ACTIVE JAZZ BASS」も、ボディ材はアルダーを採用。

ブリッジには、豊かなサステインを誇る「HiMass™ブリッジ」を採用しています。

※フリーが使用している「フェンダー・カスタムショップ製フリー・ベース」のブリッジは、「バダスブリッジ」。

なお、「FLEA ACTIVE JAZZ BASS」は、アクティブピックアップの「Fender Custom Humbucking」を搭載しており、高出力ならではのパワフルなサウンドが持ち味。

カスタムシェイプのJAZZ BASSボディに搭載された高出力ハムバッカーピックアップとFENDER CUSTOM 18Vプリアンプの組み合わせが、重量感のあるサウンドを実現し、壮大なパワーでオーディエンスを圧巻します。

出典:FLEA SIGNATURE ACTIVE JAZZ BASS® (INTERNATIONAL)

また、プリアンプには「Fender Custom 18-volt Preamp」を採用しているので、フリーが使用している「フェンダー・カスタムショップ製フリー・ベース」に採用されているプリアンプ「アギュラーOBP-1」 にも引けを取らないパワフルさです。

そして、サテンフィニッシュのメイプルネックには、ミディアム・ジャンボフレットがセットされており、フリーが使用している「フェンダー・カスタムショップ製フリー・ベース」と同様に22フレット仕様。

ボディはウレタン塗装で、サテン・インカ・シルバーとサテン・シェルピンクの2色展開。

スティングレイ系のフリーらしいゴリゴリサウンドと、フェンダーらしいジャズベのルックスをかけ合わせた、イイトコどりの1本。

※フェンダー公式サイトに表示されている定価は税込227,700円ですが、アマゾン正規店では「FLEA ACTIVE JAZZ BASS」が税込181,942円(2021年11月時点)で販売されていましたので、気になる方は要チェックです。

下記の動画は、「FLEA ACTIVE JAZZ BASS」のオフィシャル・プロモーション動画です。

Introducing The Flea Signature Active Jazz Bass | Artist Signature Series | Fender

3.結論、それぞれ代え難い魅力

フリーのように幅広い奏法を使いこなすベーシストにとってアクティブ仕様のベースは非常に心強いですよね。

一方で、王道のジャズベースも、万能に使えて、代え難い魅力を持っている。。

とはいえ、レッチリにおけるアンサンブルでは、アクティブ仕様のベースサウンドが重要な役割を担っていることは間違いないですので、個人的には「FLEA ACTIVE JAZZ BASS」が、実用度がとても高そうかなと思いました!

今日は以上です。

skでした。

最後まで読んでくださりありがとうございます!

記事が参考になりましたら幸いです。

You are My Hero, Rest in Peace Taylor Hawkins.

※下記もあわせてどうぞ。

※下記もおすすめです。

Articles : Members of RED HOT CHILI PEPPERS

FLEA
アンソニー・キーディスといえばコレ!【5分で魅力を解説】
FLEA
レッチリ・フリーとは?【結論:音楽仙人】
FLEA
ヒレル・スロヴァクとは?【レッチリの初代ギタリスト】
FLEA
ジョン・フルシアンテといえばコレ!【5分で魅力を解説】
FLEA
ジョシュ・クリングホッファーとは?【結論:空間デザインの匠】
FLEA
チャド・スミスとは?【結論:職人レベルが非凡】

レッチリ:MEMBERS 記事一覧
sk blog トップページ

Articles : Works of RED HOT CHILI PEPPERS

FLEA
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ作品まとめ【時系列で見やすく整理】
FLEA
Unlimited Love「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの12thアルバム】
FLEA
レッチリ新譜「Unlimited Love」収録新曲の解禁ストーリー【Red Hot Chili Peppers】
FLEA
レッチリ新譜!「Black Summer」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
FLEA
レッチリ新譜!「Poster Child」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
FLEA
レッチリ新譜!「Not the One」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
FLEA
レッチリ新着!「These Are the Ways」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
FLEA
The Red Hot Chili Peppers「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの1stアルバム】
FLEA
Freaky Styley「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの2ndアルバム】
FLEA
The Uplift Mofo Party Plan「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの3rdアルバム】
FLEA
Mother’s Milk「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの4thアルバム】
FLEA
Blood Sugar Sex Magik 「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの5thアルバム】
FLEA
One Hot Minute「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの6thアルバム】
FLEA
Californication「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの7thアルバム】
FLEA
By the Way「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの8thアルバム】
FLEA
Stadium Arcadium「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの9thアルバム】
FLEA
I’m with You「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの10thアルバム】
FLEA
レッチリのI’m Beside Youとは?【I’m With YouのB面】
FLEA
The Getaway「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの11thアルバム】
FLEA
レッチリ人気曲TOP10とは?【結論:メロウが上位】
FLEA
カリフォルニケイションのMVでメタバース先取り。NFT参入ありえる。
FLEA
アンソニー・キーディスがWalk on the Wild Sideしてる!
FLEA
レッチリはいくらで著作権を売却した?【全楽曲で150億円】
FLEA
【推薦①】Stadium Arcadiumの詳細と考察!レッチリのグラミー受賞アルバム
FLEA
【推薦②】 Live in Hyde Parkの詳細と考察!レッチリのライブ名盤
FLEA
【推薦③】Californicationの詳細と考察!ジョン・フルシアンテ復帰作
FLEA
【推薦④】By the Wayの詳細と考察!【Very John】
FLEA
ジョン在籍時レッチリのアルバム詳細!【最強4選】
FLEA
レッチリの名曲とは?1980年代編【Red Hot Chili Peppers】
FLEA
レッチリの名曲とは?1990年代編【Red Hot Chili Peppers】
FLEA
レッチリの名曲とは?2000年代編【Red Hot Chili Peppers】
FLEA
レッチリの名曲とは?2010年代編【Red Hot Chili Peppers】
FLEA
レッチリの代表曲とは?【年代別で整理】
FLEA
Red Hot Chili Peppersのお役立ちリンク集

レッチリ:WORKS 記事一覧
sk blog トップページ

Articles : History of RED HOT CHILI PEPPERS

FLEA
レッチリ最新情報2022年版!【新作&新曲解禁!ジョン復帰!】
FLEA
レッチリ2022年世界ツアー情報まとめ!【図解ツアー順路】
FLEA
レッチリが4月1日に出演予定の人気番組「ジミー・キンメル・ライブ!」について。
FLEA
レッチリも出演!アメリカの「人気トーク番組」変遷まとめ!【ジミー・キンメル&ジミー・ファーロン】
FLEA
レッチリ星「ハリウッド殿堂入り」詳細まとめ【2717個目の星】
FLEA
レッチリはいくらで著作権を売却した?【全楽曲で150億円】
FLEA
カリフォルニケイションのMVでメタバース先取り。NFT参入ありえる。
FLEA
レッチリの最新メンバー!2022年更新【今年はツアー三昧】
FLEA
レッチリの代表曲とは?【年代別で整理】
FLEA
レッチリのメンバー変遷【結成〜現在】
FLEA
レッチリの歴代プロデューサー変遷【デビュー〜現在】
FLEA
レッチリの名曲とは?1980年代編【Red Hot Chili Peppers】
FLEA
レッチリの名曲とは?1990年代編【Red Hot Chili Peppers】
FLEA
レッチリの名曲とは?2000年代編【Red Hot Chili Peppers】
FLEA
レッチリの名曲とは?2010年代編【Red Hot Chili Peppers】
FLEA
レッチリの凄さについて。
FLEA
アンソニー・キーディスがWalk on the Wild Sideしてる!
FLEA
Red Hot Chili Peppersのお役立ちリンク集

レッチリ:HISTORY 記事一覧
sk blog トップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました