ジョン復帰後初ライブの復習&アンソニーの足元チェック!

2022年、いよいよレッド・ホット・チリ・ペッパーズ(レッチリ、Red Hot Chili Peppers)がツアーに出ます!

新作リリースは5月との噂!

というわけで!

今回の記事では、2022年のスタジアムツアーに備えて、2020年2月8日にカリフォルニアのビバリーヒルズにて行われたイベント「アンドリュー・バークル追悼ライブ(トニー・ホーク・ファウンデーション主催)」に出演したレッチリのパフォーマンスをおさらいしていきたいと思います!

では早速!

動画からチェックしていきましょう!

※下記が「2020年2月8日のレッチリ」になります。
※詳しく知りたい方は本文も併せてどうぞ。

※目次もご活用くださいませ。

sk

Music ∞♡ / Jazz / Punk / Rock / Funk / Electronic Music 1984年生まれ。東京在住。

プロフィール詳細

1.2020年2月8日のセットリスト

では、まずは「アンドリュー・バークル追悼ライブ(慈善団体トニー・ホーク財団主催)」にて、レッチリが演奏した曲目を確認していきます。

2020年2月8日のセットリストは下記のとおり。

  1. Not Great Men
  2. I Wanna Be Your Dog
  3. Give It Away

では、1曲目の「Not Great Men」から、どんな曲かチェックしていきます。

1.Not Great Men

Not Great Men」は、レッチリの1stアルバム「Red Hot Chili Peppers」をプロデュースしたことでも知られる故アンディ・ギル率いるイギリスのポストパンクバンド「Gang of Four」の楽曲。

※下記の人物がアンディ・ギル。

Not Great Men」は、「Gang of Four」が1979年にリリースしたデビューアルバム「Entertainment!」に収録されています。

※下記が「Not Great Men」が収録されている「Gang of Four」のデビューアルバム「Entertainment!」。

Entertainment
Emi
硬質なファンク・サウンドに乗せて社会的・政治的なメッセージを訴えていた英国リーズ出身の4人組ギャング・オブ・フォーが79年に発表したデビュー・アルバム。

なお、このNot Great Men」は、このイベントの後にリリースされた「Gang of Fourトリビュートアルバム」にもフリー&ジョンによる演奏で収録されています。

ベーシストのフリーは、フルシアンテの復帰後初めてレコーディングした楽曲が来る追悼アルバムのためのギャング・オブ・フォーのカバーであることを明かした。

出典:Rolling Stone

※下記のインスタ投稿で確認できますが、錚々たるメンツによるトリビュートとなっており、「Gang of Four」が元々好きな方も、未聴だけど気になるという方にもおすすめな作品です。

※下記が「Gang of Fourトリビュートアルバム」の「The Problem of Leisure」です。

The Problem of Leisure
Gill Music
フリー&ジョン以外にも、キリングジョークやトム・モレロ、3Dことマッシブアタックのロバート・デル・ナジャが参加していたりと、聴き逃がせない錚々たるメンツによるトリビュートとなっている。

ちなみに、この「Gang of Fourトリビュートアルバム」のジャケットはイギリスの現代芸術家、ダミアン・ハーストが手掛けています。

ダミアン・ハーストは、「フリーベース」の限定デザインを手掛けた人物でもあります。

※下記「フリーベース」のカラーデザインをダミアン・ハーストが手掛けています。

もし機会あれば「国立新美術館」で2022年3月〜5月の期間で日本初となる大規模個展「ダミアン・ハースト 桜展」が開催されるようですのでチェックしてみてはいかがでしょうか?

下記のツイートでも紹介しておりますが、「音楽好き&アート好き」はダミアン・ハーストは知っておいて絶対損しませんよ。

なお、上記の「フリーベース」に関して詳しくはこちらの記事「レッチリのフリー歴代使用ベースはコレ!【時系列で整理・解説】」にまとめておきました。

2.I Wanna Be Your Dog

続いて2曲目は「I Wanna Be Your Dog」。

「I Wanna Be Your Dog」は、パンクロッククラシックス、イギー・ポップ率いる「The Stooges」のカバーです。

※下記が「The Stooges」で、イギー・ポップさんは左から2番目。

余談ですけど、こうして見るとジュリアン・カサブランカスってイギー感ありますね。

というわけで話を「I Wanna Be Your Dog」に戻しまして、この楽曲は「The Stooges」が1969年にリリースしたデビューアルバム「The Stooges」に収録されています。

※下記が「I Wanna Be Your Dog」が収録されている「The Stooges」のデビューアルバムThe Stooges」。

なお、レッチリは過去にも「The Stooges」の楽曲をカバーしており、デヴィッド・ボウイがプロデュースした1973年リリースの超名盤「Raw Power」収録の「Search and Destroy」をレッチリはライブで幾度となくカバーしてきてます。

※下記が「Search and Destroy」収録の「Raw Power」。

Raw Power
Sbme Special Mkts.
本作から新ギタリストのジェイムス・ウィリアムソンが参加。

「Search and Destroy」は、レッチリの映像作品「Off the Map」にも収録されているのでぜひチェックしてみてください。

※下記はレッチリの映像作品「Off the Map」。

Off the Map DVD
ワーナーミュージックジャパン
モヒカン姿のメンバー(チャドだけスキンヘッド)が繰り出す「カリフォルニケイション期」の最高傑作ライブパフォーマンス。

ちなみに、フリーが愛用しているジャズベに貼ってある丸くて赤いステッカーは、ミニットメンのベーシスト、マイク・ワットのステッカーで、マイク・ワットは2003年から13年間、「The Stooges」のベーシストとしても活躍していた人物だったりします。

※下記のかたがマイク・ワットさん。

3.Give It Away

そして最後、3曲目。

3曲目は、レッチリのオリジナル曲で、ライブに不可欠な「Give It Away」を大放出。

個人的には、この日のGive It Away」で、復活したジョン・フルシアンテが演奏する最近のギターソロを聴けたのでかなり胸が熱くなりました。

あと、ジョン・フルシアンテって割とコートシューズ系のスニーカー、たとえばアディダスのキャンパスやガッツレー、プーマのスウェード(クライド)をよく履いている印象があるんですが、この日は、というか昨今は、動画で確認できるようにランニングシューズ系も履いてるみたいですね。この日はアディダスっぽいですね。

4.アンソニーの足元チェック!

この日のアンソニーのスニーカーは「ブルックス(全米ナンバー1ランニングシューズメーカー)」で間違いないと思います。

形状と時期的に「Ghost13」かな?

※下記が「Ghost13」。これなんじゃないかなあ。違うかも。参考までにどうぞ。

アンソニーは以前から、アシックス、アディダス、ニューバランスなどのランニングシューズをよく履いています。

ちなみに、フリーはロサンゼルスマラソン(フルマラソン大会、当時フリー48歳)をサブ4で走る走力の持ち主。そのときフリーは、赤いミッドソールが特徴的なサッカニーのランシューを履いておりました。

Flea finished the LA Marathon on March 20, 2011, in 3:52:59. 

出典:Runner’s World

※下記がブルックスのGhost13」。「Ghostシリーズ」はクッション性のあるデイリートレーナーなので普段使いにも使えます。日本でも着実に知名度を上げてきているブルックス。

Brooks Ghost13 Wide
BROOKS(ブルックス)
オールブラックのモデルもあり、そちらも格好いいです。

2022年1月21日更新

と、思ってたんですが昨晩(2022/1/20)なんかしっくりこなくて調べ直してたら「コレだ!!」と納得のいくブルックスのモデルが出てきました。それがこちら!

※モデル名はブルックスの「Beast16」。

※ご参考まで。

なお、この日のフリーは、結婚式でも着用した「ワイフ(メロディ・エサニ)デザインによるエアジョーダン1」を着用。

※下記ですね。

※先述したフリーが以前履いていたサッカニーは10年以上前のモデルなので、現行品の「Saucony Kinvara11」を貼っておきます。「Kinvaraシリーズ」はサッカニーのロングセラーシューズで、トライアスロンなどの長距離走向けシューズですが、万能型ランニングシューズと言われていますのでデイリーランなどにも使えそうです。って言っても、デイリーにランしないですよね笑。僕はちょいちょい走ってるので「シューズ」も気になって見てしまうんです。

2.イベント内容とイベント主催者

レッチリが出演した今回のイベントは、スケーター界を代表するカリフォルニアのスーパーレジェンド、トニー・ホークが主催したチャリティイベントです。

トニー・ホーク・ファウンデーションとは

下記のとおり、トニー・ホーク・ファウンデーションとは、スケートカルチャーを後世に引き継ぐための環境づくりや支援を行っている慈善団体。

このイベントはトニー・ホーク・ファウンデーションによって企画されたもので、若者のためにスケート・パークを作るためのチャリティ・イベントとなっている。トニー・ホークによれば、アンドリュー・バークルはトニー・ホーク・ファウンデーションの存続に尽力していたという。

出典:NME

※下記左が主催者のトニー・ホーク。トニー・ホークは、ボーンズ・ブリゲードに所属していたスケーターカルチャー黎明期を支えたレジェンドスケーター。また、右はトミー・ゲレロで、トニー・ホークと同じくボーンズ・ブリゲード所属のレジェンドスケーターで、ギタリストとしても有名。中央は、俳優のクリスチャン・スレーター。

余談ですが、僕はトミー・ゲレロの音楽が好きです。フジロックでも見ており、シンプルなステージングが痺れます。「乾いたそよ風を感じさせる心地よいチル感」が最高に格好いいです。

下記もトニー・ホークによる投稿。

この動画のスケーターは、元プロスケーターのジェイソン・エリス。ジェイソン・エリスは、メルボルン出身で、ハリウッドを拠点に活動するラジオパーソナリティでもあります。(シリウスXM(インターネットラジオ)の人気プログラム「The Jason Ellis Show」で高い人気を誇る)なお、この動画には、オリンピアンで、ゴールドメダリストの四十住さくらさんも写ってますね。

※下記はファレル・ウィリアムスとトニー・ホーク。

アンドリュー・バークルとは

この日のイベントは、映画プロデューサーのアンドリュー・バークルを偲ぶために開催されており、先述のとおり、生前アンドリュー・バークルはトニー・ホーク・ファウンデーションの活動を支援していたそう。

今回のオールスターライブは、億万長者ロン・バークルの息子で、米現地時間1月6日に27歳で他界した映画プロデューサーのアンドリュー・バークルを偲ぶために開催された。

出典:Rolling Stone

アンドリュー・バークルの父ロン・バークルは、下記のとおり実業家として成功した有名な億万長者のようです。

サンディエゴで最も高級な地域ラ・ホーヤ・ファームズにあるロサンゼルスの投資家で億万長者のロン・バークル氏の豪邸からは、海が一望できる。

出典:WSJ

※下記はトニー・ホークの公式投稿で、写真1枚目がアンドリュー・バークル。写真2枚目3枚目にレッチリのライブ動画あり。

チャドはフロリダにいた

レッチリのパフォーマンスには、当日参加できなかったチャド(この日チャドは、自身のアート展でフロリダにいたため合流が叶わなかった模様)に代わって、ジェーンズ・アディクションのスティーヴン・パーキンスが参加しています。

※コレがそのアート展ですね。

※下記がチャドの作品。チャドが描くアート「おぼろ鮮やかな世界観」が好きです。

ステージ袖にサム

なお、ステージ袖には近年「Go Robot」でフリーとのツインベースを担当しているサムの姿も。

※下記がサムことサミュエル・バニュエロス。サミュエルは「OOZELLES」というバンドでギターを担当しており、ジャック・ホワイト(ホワイト・ストライプス)主宰のThird Man Recordsより「Every Night They Hack Off a Limb」というシングルもリリースしてたりします。

また、サミュエルは音楽以外にも写真やアートにも精通している模様。先述した「OOZELLES」は、ニコル・ターリー(ジョン・フルシアンテの元妻)が所属するバンド、スワヒリ・ブロンドなどとも繋がりのあるバンドのようなのでLAを拠点に横の繋がりがあるのでしょうね。

※下記はジョージ・クリントンとの2ショット。

※下記はアンソニーをはじめ、レッチリメンバーが信頼を寄せているタトゥーアーティストのヘンク・シフマッヒャー(ヘンキー・ペンキー)が、サミュエルの左足外側部に「ヤシの木」を宿している様子の記録。しかも、これ、レッチリのピラミッドライブの時みたいで。

※念の為、2019年3月19日ピラミッドライブのセットリストはこちら。

3.ボブ・フォレストも大熱唱

というわけで、以上が、ざっくりですが、2020年2月8日の「アンドリュー・バークル追悼ライブ」のおさらいになります。

ジョンの足元にも現在もしっかり「CE-1」の姿がありましたね。気になるのはBOSSと思われる黄色のペダルと赤いペダル。赤はダイナコンプかな。黄色のは意外にもオーバードライブだったりして。背後には「マーシャル・シルバージュビリー」の姿も。

※下記の動画では、ボブ・フォレストやジェーンズ・アディクションの演奏に、フリーやジョン・フルシアンテが参加している様子が見れます。

というわけで、今回は以上となります!

※アンソニーとギター。

これからギターを始めようという方には下記も参考になるやもしれません。

今日は以上です。

skでした。

最後まで読んでくださりありがとうございます!

記事が参考になりましたら幸いです。

You are My Hero, Rest in Peace Taylor Hawkins.

※下記もあわせてどうぞ。

※下記もおすすめです。

Articles : Members of RED HOT CHILI PEPPERS

HISTORY
アンソニー・キーディスといえばコレ!【5分で魅力を解説】
HISTORY
レッチリ・フリーとは?【結論:音楽仙人】
HISTORY
ヒレル・スロヴァクとは?【レッチリの初代ギタリスト】
HISTORY
ジョン・フルシアンテといえばコレ!【5分で魅力を解説】
HISTORY
ジョシュ・クリングホッファーとは?【結論:空間デザインの匠】
HISTORY
チャド・スミスとは?【結論:職人レベルが非凡】

レッチリ:MEMBERS 記事一覧
sk blog トップページ

Articles : Works of RED HOT CHILI PEPPERS

HISTORY
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ作品まとめ【時系列で見やすく整理】
HISTORY
Unlimited Love「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの12thアルバム】
HISTORY
レッチリ新譜「Unlimited Love」収録新曲の解禁ストーリー【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
レッチリ新譜!「Black Summer」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
レッチリ新譜!「Poster Child」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
レッチリ新譜!「Not the One」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
レッチリ新着!「These Are the Ways」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
The Red Hot Chili Peppers「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの1stアルバム】
HISTORY
Freaky Styley「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの2ndアルバム】
HISTORY
The Uplift Mofo Party Plan「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの3rdアルバム】
HISTORY
Mother’s Milk「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの4thアルバム】
HISTORY
Blood Sugar Sex Magik 「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの5thアルバム】
HISTORY
One Hot Minute「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの6thアルバム】
HISTORY
Californication「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの7thアルバム】
HISTORY
By the Way「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの8thアルバム】
HISTORY
Stadium Arcadium「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの9thアルバム】
HISTORY
I’m with You「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの10thアルバム】
HISTORY
レッチリのI’m Beside Youとは?【I’m With YouのB面】
HISTORY
The Getaway「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの11thアルバム】
HISTORY
レッチリ人気曲TOP10とは?【結論:メロウが上位】
HISTORY
カリフォルニケイションのMVでメタバース先取り。NFT参入ありえる。
HISTORY
アンソニー・キーディスがWalk on the Wild Sideしてる!
HISTORY
レッチリはいくらで著作権を売却した?【全楽曲で150億円】
HISTORY
【推薦①】Stadium Arcadiumの詳細と考察!レッチリのグラミー受賞アルバム
HISTORY
【推薦②】 Live in Hyde Parkの詳細と考察!レッチリのライブ名盤
HISTORY
【推薦③】Californicationの詳細と考察!ジョン・フルシアンテ復帰作
HISTORY
【推薦④】By the Wayの詳細と考察!【Very John】
HISTORY
ジョン在籍時レッチリのアルバム詳細!【最強4選】
HISTORY
レッチリの名曲とは?1980年代編【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
レッチリの名曲とは?1990年代編【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
レッチリの名曲とは?2000年代編【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
レッチリの名曲とは?2010年代編【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
レッチリの代表曲とは?【年代別で整理】
HISTORY
Red Hot Chili Peppersのお役立ちリンク集

レッチリ:WORKS 記事一覧
sk blog トップページ

Articles : History of RED HOT CHILI PEPPERS

HISTORY
レッチリ最新情報2022年版!【新作&新曲解禁!ジョン復帰!】
HISTORY
レッチリ2022年世界ツアー情報まとめ!【図解ツアー順路】
HISTORY
レッチリが4月1日に出演予定の人気番組「ジミー・キンメル・ライブ!」について。
HISTORY
レッチリも出演!アメリカの「人気トーク番組」変遷まとめ!【ジミー・キンメル&ジミー・ファーロン】
HISTORY
レッチリ星「ハリウッド殿堂入り」詳細まとめ【2717個目の星】
HISTORY
レッチリはいくらで著作権を売却した?【全楽曲で150億円】
HISTORY
カリフォルニケイションのMVでメタバース先取り。NFT参入ありえる。
HISTORY
レッチリの最新メンバー!2022年更新【今年はツアー三昧】
HISTORY
レッチリの代表曲とは?【年代別で整理】
HISTORY
レッチリのメンバー変遷【結成〜現在】
HISTORY
レッチリの歴代プロデューサー変遷【デビュー〜現在】
HISTORY
レッチリの名曲とは?1980年代編【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
レッチリの名曲とは?1990年代編【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
レッチリの名曲とは?2000年代編【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
レッチリの名曲とは?2010年代編【Red Hot Chili Peppers】
HISTORY
レッチリの凄さについて。
HISTORY
アンソニー・キーディスがWalk on the Wild Sideしてる!
HISTORY
Red Hot Chili Peppersのお役立ちリンク集

レッチリ:HISTORY 記事一覧
sk blog トップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました