ジョシュ・クリングホッファーがカバーした名曲!厳選10アーティスト紹介【レッチリの9代目ギタリスト】

ジョシュがカバーした曲が知りたいな。
レッチリのライブの合間で演奏していた曲が印象に残ってる。

ジョシュ・クリングホッファーがカバーした名曲をまとめました。
基本を知りつつ、深堀りしていきます!

Pls, Check this out.
talking about RHCP.

sk

毎日音楽に励まされて生きています。
音楽も、音楽家も、わたしにとっては刺激そのもの。

プロフィール詳細

ジョシュ・クリングホッファーがカバーした名曲たち

photo credit: piyush.k Dreamforce2012-61 via photopin (license)

ジョシュ・クリングホッファーがライブでカバーした音楽を紹介していきます。

ビートルズ、ビーチ・ボーイズを幼少の頃愛聴していたというジョシュ・クリングホッファー。キャッチーなメロディセンスや美しいハーモニセンスの持ち主であるジョシュのインスピレーション源ともいえる数々の名カバーから10アーティスト厳選しました。

では早速いきましょう!

1.The Beatles

Blackbird

Blackbird (Remastered 2009)

I Wanna Hold your Hand

The Beatles – I Want To Hold Your Hand – Performed Live On The Ed Sullivan Show 2/9/64
RHCP – Blackbird / I Wanna Hold Your Hand (The Beatles cover) – Budapest 2016

I’m So Tired

I’m So Tired (Remastered 2009)
Red Hot Chili Peppers – I’m so tired (Beatles cover) & We turn red (live)

Cry Baby Cry

Cry Baby Cry (Remastered 2009)
Josh Klinghoffer – Cry Baby Cry (Beatles)

I’ll be Back

I’ll Be Back (Remastered 2009)
I’ll Be Back Beatles Cover by Josh Klinghoffer – Red Hot Chili Peppers Tampa Florida 4/27/17

Across The Universe

Across The Universe (Remastered 2009)
Josh Klinghoffer singing “Across The Universe” by the Beatles – Zurich 05-10.16

2.David Bowie

Five Years

Bewlay Brothers

The Bewlay Brothers (2015 Remaster)
Josh Klinghoffer – The Bewlay Brothers (David Bowie cover) RHCP live Dallas, TX

Heroes

Heroes
ワーナーミュージック・ジャパン
¥1,980(2021/09/14 17:43時点)
David Bowie – Heroes (Official Video)
Josh Klinghoffer – Heroes (David Bowie)

Andy Warhol

Andy Warhol (2015 Remaster)

3.Nick Cave & The Bad Seeds

Foi Na Cruz

Foi Na Cruz (2010 Remastered Version)
Josh Klinghoffer Solo – Foi na Cruz (Nick Cave & The Bad Seeds Cover) (SBSR, Lisbon 2017)

Higgs Boson Blues

Nick Cave & The Bad Seeds – Higgs Boson Blues (Official Video)
Josh Klinghoffer, RHCP – Higgs Boson Blues (Nick Cave & The Bad Seeds), Paléo Festival 2017

Mercy Seat

Nick Cave & The Bad Seeds – The Mercy Seat
Mercy Seat (Nick Cave cover) – North Little Rock, Arkansas (2017-04-22)

Fleaのオール・タイム・フェイバリット

このアルバムは今回の内容とは直接関係ないんですが、レッチリ関連なので、併せてチェックしてみてくださいね。

フリーがオール・タイム・フェイバリット作品として選んだニック・ケイヴのボートマンズ・コール。

フリーと同郷のオーストラリア出身の作家、画家、俳優などマルチな才能を持ったニック・ケイヴの、1997年リリース10thアルバム。

ブルースとジャズを基調に仕立てた雄大な世界観をもった傑作。

4.The Kinks

Strangers

Josh solo – Strangers (The Kinks cover) [SBD Audio] (Torino, 10/10/2016)

Waterloo Sunset

The Kinks – Waterloo Sunset (Official Audio)
Josh Klinghoffer solo, “Waterloo Sunset” by The Kinks, Glendale, final RHCP show of Getaway tour

This is Where I Belong

This Is Where I Belong (Stereo Mix)
Josh Klinghoffer solo, “Waterloo Sunset” by The Kinks, Glendale, final RHCP show of Getaway tour

5.Leonard Cohen

Field Commander Cohen

Leonard Cohen – Field Commander Cohen (Official Audio)
Josh Klinghoffer – Field Commander (Leonard Cohen tribute) Luxembourg 2016 RHCP Soundboard

If it be your will

The Webb Sisters – If It Be Your Will (Live in London) ft. Leonard Cohen
Josh Klinghoffer (Red Hot Chili Peppers) – If It Be Your Will (Leonard Cohen Cover) – Belgium 2016

Anthem

Leonard Cohen – Anthem (Live in London)
Josh Klinghoffer- Anthem by Leonard Cohen

6.Jeff Buckley

Jeff Buckley – Lover, You Should’ve Come Over

ジェフ・バックリィの唯一のスタジオ・アルバムである『グレイス』に収録されているジャジーで美しいスロウナンバー「ラヴァー・ユー・シュドゥヴ・カム・オーヴァー」のカバー。

かなり難しいジェフ・バックリィのヴォーカルを、繊細ながら力強くジョシュはカバーしている。このカバーだけでも相当にジョシュが器用で才能に溢れたアーティストだということがわかる。

ギター、ベース、ドラム、ピアノいずれも一流の技術を持ち、しかも情感いっぱいに歌えるジョシュの才能は本当に凄い。

Josh Klinghoffer – Lover, You Should’ve Come Over (Jeff Buckley cover)

7.Radiohead

Radiohead – Pyramid Song

レディオヘッドの傑作2001年リリースの5thアルバム『アムニージアック』収録の「ピラミッド・ソング」のカバー。

エジプトで行われたライヴでピラミッドを目の前にカバーした「ピラミッド・ソング」。ジョシュの美しいヴォーカルが原曲の美しさを際立たせる。

Red Hot Chili Peppers perform the PYRAMID SONG by Radiohead @ Pyramids of Giza 15th March 2019 Egypt

8.Prince

Prince – Purple Rain (Official Video)

プリンス(アンド・ザ・レヴォリューション)の1984年のグラミー受賞作品、『パープル・レイン』収録の「パープル・レイン」のジョシュによるカバー。

Josh Klinghoffer singing Purple Rain – Greek Theater, LA 06-10-2018

9.Chris Cornell

Seasons
RHCP tribute to Chris Cornell (Seasons)

10.Elliott Smith

Angeles

Elliott Smith – Angeles (from Either/Or)
Red Hot Chili Peppers – 16. Angeles (Elliott Smith) (Riga, Latvia, 27.07.17)

Twilight

Elliott Smith – Twilight (from From A Basement On The Hill)
Josh Klinghoffer – Twilight (Elliott Smith cover) [Live in LA – March 8th 2017] (Soundboard)

ジョシュの繊細な感性を表現する名曲たち

記事内で紹介した楽曲以外にもレッチリのライブでジョシュがカバーした楽曲は下記のようにたくさんあります。

  • Big Star “Ballad of El Goodo” “Try Again”
  • Blur “This is a Low”
  • Bob Dylan “You’re a Big Girl Now”
  • Boyz II Men “It’s so Hard to Say Goodbye to Yesterday”
  • Broadcast “Until Then”
  • Bruce Springsteen “I’m On Fire”
  • Cat Stevens “Wild World”
  • Chris de Burgh “Lady In Red”
  • Chris Isaak “Wicked Game”
  • Crowded House “Don’t Dream It’s Over”
  • Gary Portnoy (Cheers Opening) “Where Everybody Knows Your Name”
  • Glen Campbell “Wichita Lineman” “Southern Nights” “Galveston”
  • Jackson Browne “Sleep’s Dark & Silent Gate”
  • Jacques Brel “My Death”
  • Jimi Hendrix “Little Wing”
  • Jimmy Scott “Sycamore Trees”
  • John Lennon “Whatching the Wheels + Beautiful Boy”
  • Hank Williams Jr “O.D’d In Denver”
  • Laverne and Shirley “Making our Dreams Come True”
  • Mary Poppins Soundtrack “Feed the Birds”
  • Malfunkshun “Until the Ocean”
  • Mina “Io Sono quel che Sono”
  • The Misfits “Hybrid Moments”
  • Mission of Burma “That’s when I Reached for my Revolver”
  • Morrissey “I know it’s gonna happen someday” “Jack the Ripper”
  • Paul McCartney and Wings “Let me Roll It”
  • Peggy Lee “I don’t want to play in your yard”
  • The Pixies “Debaser”
  • The Pogues “Dirty Old Town”
  • Radiohead “Spectre”
  • Randy Newman “Burn On” “Living Without You”
  • The Replacements “Answering Machine”
  • The Rolling Stones “Sway”
  • Serge Gainsbourg “Je suis venu te dire, que je m’en vais”
  • Sinnead O’Connor “Last day of our Acquaintance”
  • Simon & Garfunkel “The Only Living Boy in New York”
  • The Smiths “The Joke Isn’t Funny Anymore”
  • Survivor “Eye of the Tiger”
  • T-Rex “Cosmic Dancer + Get It On”
  • Talking Heads “Heaven”
  • Temple of the Dog “All Night Long”
  • Thelonious Monster “So what if I Did” “Anymore”
  • Tom Jones “Opportunity to Cry”
  • Tom Petty “Face in the Crowd”
  • The Velvet Underground “Ride into the Sun” “I’m Set Free”
  • Violent Femmes “Add it Up”
  • Willie Nelson “Hands on the Wheel”

参照:Josh Klighoffer – Solo Covers 2012 – 2017

王道の名曲からかなりマニアックな楽曲まで幅広い選曲。ジョシュらしい繊細な世界観の楽曲が軸にあって、どの曲もジョシュのボーカルがよくマッチしています。

ジョシュ・クリングホッファー完全ガイド

下記の記事は「ジョシュ・クリングホッファー」を詳細にまとめています。

» 参考:ジョシュ・クリングホッファー完全ガイド

記事が参考になりましたら幸いです!

コメント


Warning: Use of undefined constant ADSENSE_SCRIPT_CODE - assumed 'ADSENSE_SCRIPT_CODE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/c5081555/public_html/sk1984.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/footer-javascript.php on line 17
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました