フリーが影響を受けた音楽紹介!「知っておくべき音楽」【レッチリの天才ベーシスト】

フリーが影響を受けた音楽が知りたいな。
フリーがリスペクトしているアーティスト、影響を受けた音楽を知りたい。

フリーが影響を受けた音楽をまとめました。

フリーがリスペクトしているアーティストの基本を知りつつ、深堀りしていきます。

sk

・レッチリ好きになったキッカケは1999年のCalifornication

・中2時にテレキャスターを購入、ダフネブルー

・ジャズも好きで某ジャズ館で2年査定と作品レビューをしてました

・衣食住に関心があり2年バリスタを学んだ後、レストランへ就職

・ワイン好きが高じて独学でソムリエ資格取得、数年後都内某レストランにてシェフ・ソムリエを任されてました

・色々やってますが、このブログはレッチリ関連情報主体です!

プロフィール詳細

フォローしてね

フリーが影響を受けた「知っておくべき音楽」

photo credit: piyush.k Dreamforce2012-55 via photopin (license)

フリーが影響を受けた「知っておくべき音楽」、フリーの音楽ルーツを深堀りしていきます。

フリーの音楽ルーツはジャズです。

9歳からトランペットを始めたフリーは学生時代、吹奏楽部でトランペットを演奏しており、ジャズやブラックミュージックに大きな影響を受けています。

フリーはトランペットで音楽を始めた

冒頭の人物は、NYパンクのレジェンドであるパティ・スミス。パティ・スミスはフリーのソロ作品にも参加しています。

パンクやロックに関心を持つのは、アンソニー・キーディスや、ヒレル・スロヴァクと出会う高校時代になってからのこと。

フリーがベースを始めるのもこの頃で、ヒレルがフリーにベースを教えた。

音楽への関心と興味は尽きることなく、2008年に南カリフォルニア大学の音楽学部に入学、音楽理論やジャズトランペットについて改めて学んでいる。

すてきです。

3:50あたりからトランペットを演奏しています。

Flea – Multitasking Man (Trumpet, Bass, Pedals and Emotion!)
Flea – Multitasking Man (Trumpet, Bass, Pedals and Emotion!)

1.Charles Mingus

Mingus Ah Um
ソニーミュージックエンタテインメント
¥1,100(2021/03/06 16:14時点)

チャールズ・ミンガスは、1922年4月22日生まれアメリカ出身のジャズ・ベーシスト。

コンポーザーとしての才能も高く評価されています。

Mingus Ah Umに収録されている「Goodbye Pork Pie Hat」はチャールズ・ミンガスの代表曲。

ジャズアーティスト以外からも、厚い支持を受けるチャールズ・ミンガス。

この「Goodbye Pork Pie Hat」は、ジョニ・ミッチェルや、ジェフ・ベックがカバーしたことでも知られています。

人種差別問題に対しても熱心でした。

2.Bob Marley

ボブ・マーリーは、1945年2月6日生まれジャマイカ出身のレゲエ・ミュージシャンです。

ボブ・マーリーは、レゲエの先駆者であり、天才シンガー・ソングライターです。36歳の若さでこの世を去りましたが、依然として彼の影響力は衰えていません。

名曲が多いことでも知られていますが、Burnin’収録の「I Shot the Sheriff」はカバーバージョンも多く人気。

普遍的なメッセージを類まれな作曲力で、数々の名曲を残したボブ・マーリー。

「I Shot the Sheriff」や、「Get Up, Stand Up」など、メッセージ性の強い歌詞と、キャッチーで普遍的なメロディセンスが、人々を魅了してきました。

この「I Shot the Sheriff」は、エリック・クラプトンがカバーしたことでも有名。

461 Ocean Boulevardにクラプトンの「I Shot the Sheriff」が収録されています。

3.フリー愛聴アルバム

フリーが人生で長く何度も愛聴しているアルバムを紹介します。

Kind of Blue

ジャズの帝王マイルス。

Hardcore Jollies

サイケデリックファンク、ファンカデリック。

(Gi)

Germs Gi
Rhino/atlantic
¥26,330(2021/03/06 16:22時点)
説明文を入力してください

LAパンク、ジャームス。

Hunky Dory

デヴィッド・ボウイ。

CHANNEL ORANGE

フランク・オーシャン。これは本当、超名盤。

THE ARGUMENT

フガジ。

Ruff Draft

J・ディラ。

Unknown Pleasures

ジョイ・ディヴィジョン。

UNA MAS

ケニー・ドーハム。

Metal Box

パブリック・イメージ・リミテッド。

フリーの壮大な音楽愛

フリーの音楽性を紐解くキーとなる、ジャズ、トランペット、パンクなど、フリーの趣味趣向が見えたかと思います。

フリーは、2001年にシルバーレイク音楽院を親友のキース・バリーと共同設立し、2008年に南カリフォルニア大学の音楽学部で音楽理論を履修。

とにかく、音楽への愛にあふれています。

フリーの音楽に対する探究心と情熱が、フリーの多岐に渡る活動の原動力となっており、近年では、トム・ヨークやデーモン・アルバーンとのコラボでも技術の高さと、引き出しの多さでファンを楽しませています。

ちなみに、2000年代の運動量には脱帽です。

  • 2001年:シルバーレイク音楽院設立
  • 2004年9月〜2005年12月:Stadium Arcadiumの制作
  • 2006年5月:Stadium Arcadiumリリース
  • 2006年5月〜2007年8月:Stadium Arcadiumワールドツアー132公演
  • 2007年:ツアーから戻りHelen Burns制作開始
  • 2008年:南カリフォルニア大学で音楽理論を履修
  • 2008年:Rocket Juice & the Moon制作開始
  • 2009年:Atoms for Peace始動
  • 2010年:Atoms for Peaceアメリカツアー
  • 2010年7月:Atoms for Peaceフジロックに出演
  • 2010年9月〜2011年3月:レッチリのI’m With You 制作
  • 2011年8月:I’m With Youリリース
  • 2011年9月〜2013年4月:I’m With Youワールドツアー136公演
  • 2011年10月:Rocket Juice & the Moonライブデビュー
  • 2012年3月:Rocket Juice & the Moonリリース
  • 2012年7月:Helen Burnsリリース
  • 2013年2月:Atoms for Peace : Amokリリース

フリー完全ガイド

フリーの基本プロフィールや、使用機材、おすすめ曲などは「フリーの完全ガイド」にまとめました。

記事が参考になりましたら幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました