アンソニー・キーディスのボーカルスタイルとは?【結論:鬼に金棒】

結論、アンソニー・キーディスとラップ、この組み合わせは鬼に金棒

アンソニー・キーディスにとって、ラップは持ち前の高い文章力を生かす武器となったのです。

本記事では、レッチリ(Red Hot Chili Peppers)のフロントマン、アンソニー・キーディスの「ボーカルスタイル」を解説していきます。

アンソニー・キーディスは、フロントマンとして、言葉、声、動き、あらゆる手段で、レッチリを全身全霊で表現しています。

一方で、アンソニー・キーディスは、もともと「歌うこと」に関しては苦手意識がありました。

バンドの一員として、俺に何ができるだろう?

バンド結成時、アンソニー・キーディスに強烈なインスピレーションを与えたのが、Grandmaster Flash and the Furious FiveのThe Message。

その曲のラップに、アンソニーは、フロントマンとして「自身の可能性」を見出しました。

※詳細は記事内で解説していきます。

※目次もご活用くださいませ。

sk

Music ∞♡ / Jazz / Punk / Rock / Funk / Electronic Music 1984年生まれ。東京在住。

プロフィール詳細

1.目的は全身全霊で表現すること

アンソニー・キーディスは、「典型的なボーカリスト」ではありません。

パンクバンドのボーカルが叫び、ファンクバンドのボーカルが踊り、そしてオーディエンスが狂うように、アンソニーも、全身で感じ、叫び、踊り、狂う。

アンソニーはただ歌うために、マイクを握るのではなく、魂を表現するためにマイクを握っています。

つまり、歌うことは手段であって、目的ではない。

目的は全身全霊で魂を表現すること。

それこそが、レッチリのフロントマンとして、アンソニー・キーディスが積み上げてきた功績であり、唯一性なのです。

文章力×ラップ=鬼に金棒

「歌うこと」に関して苦手意識があったアンソニーは、レッチリ結成時、自分の表現方法を模索していました。

歌う以外に、ステージで暴れまわるのも、アンソニーの表現手段の一つ。

そして、ラップも、模索から生まれた手段でした。

アンソニーがラップに開眼したのは、Grandmaster Flash & The Furious FiveのThe Messageがキッカケ。

模索中のアンソニーは、「こういうパフォーマンスもありなんだ」とラップに勇気づけられたと言います。

アンソニーは、中学・高校時代から、「不良だけどちゃんと頭も良い」というモットーを大事にしており、しっかり勉強もしていました。

幼少時代から「型にハマること」を嫌いました。だから、「不良だから頭が悪い」と思われることを嫌った。

そのため、しっかり勉強もしており、特にアンソニーの「文章力」は、先生に高く褒められていたほど。

そして、その「文章力」を生かす、「武器=ラップ」を手に入れたアンソニー。

それは、まさに「鬼に金棒」となった。

Grandmaster Flash & The Furious Five

アンソニーがインスピレーションを受けたGrandmaster Flash & The Furious FiveのThe Message。

Grandmaster Flash & The Furious Five – The Message (Official Video)

では、つぎにアンソニーのボーカルスタイルがわかる参考曲を見ていきましょう!

2.参考曲

Get Up and Jump

まずは、「Get Up and Jump」です。

初期アンソニー、ラップ自体のスタイルは、オールドスクールですが、レッチリ以前の典型的なロックバンドにはありえなかった「パンク×ファンク×ラップ」のスタイル。

特に初期は、エネルギッシュなラップが特徴。

Red Hot Chili Peppers – Get Up and Jump (Live 1985)

Give it Away

つぎは、グラミー受賞曲「Give it Away」です。

サイケデリックで、巧みな言葉遊び、強烈な印象を与えるサビ、普遍性と真理を問うような、メッセージ性。

アンソニーの真骨頂といっても過言ではないほど、Give it Away」では、「文章力×ラップ=鬼に金棒」を味わえます。

Red Hot Chili Peppers – Give It Away [Official Music Video]

By the Way

つぎは、「By the Way」です。

ジョン・フルシアンテが加入してから、メロウでメロディアスな要素が増え、ラッパーとシンガーの要素が、ミックスされたボーカルスタイルが定着していきます。

アンソニーのボーカルは、「全身全霊スタイル」。歌とラップ、動きも含めて、全身で表現しています。

Red Hot Chili Peppers – By the Way – Live at Olympia, Paris

オープンマインド

アンソニーは、音楽や、アートに限らず、オープンマインド。

ありのままの自分を受け入れ、世の中の多様性も受け入れる。

この姿勢が、レッチリを構成するコア。そのコアを体現しているのが、アンソニー。

アンソニーがラップと出会ったのは、オープンマインドだったからこそ。もはや、必然だったんではないかなと思います。

3.結論、鬼に金棒

アンソニー・キーディスは、「典型的なボーカリスト」にあらず。

「アンソニー・キーディスとラップ」は、まさに鬼に金棒

アンソニー・キーディスは、フロントマンとして、言葉、声、動き、あらゆる手段で、レッチリを全身全霊で表現している。

※アンソニーとギター。

※もし「続けられるか心配だなあ」という方は一度レンタルして触れてみるのがおすすめですよ。実際に触ると色々わかったりするものです。レンタルギターに興味がある方は下記も参考になるかと思います。

アンソニーの経歴・タトゥー・筋肉など

こちらの「アンソニー・キーディスといえばコレ!【5分で魅力を解説】」もお役に立つこと間違いなし!「アンソニーのタトゥー」の解説もあり。

※「レッチリ歴史」を知るなら「アンソニー・キーディス自伝」がうってつけです。各メンバーの「出会い・別れ・制作の裏側」など興味深い伝説のオンパレード。めっちゃ面白いですよ。気になる方は下記からどうぞ

今日は以上です。

skでした。

最後まで読んでくださりありがとうございます!

記事が参考になりましたら幸いです。

You are My Hero, Rest in Peace Taylor Hawkins.

※下記もあわせてどうぞ。

※下記もおすすめです。

Articles : Members of RED HOT CHILI PEPPERS

ANTHONY
アンソニー・キーディスといえばコレ!【5分で魅力を解説】
ANTHONY
レッチリ・フリーとは?【結論:音楽仙人】
ANTHONY
ヒレル・スロヴァクとは?【レッチリの初代ギタリスト】
ANTHONY
ジョン・フルシアンテといえばコレ!【5分で魅力を解説】
ANTHONY
ジョシュ・クリングホッファーとは?【結論:空間デザインの匠】
ANTHONY
チャド・スミスとは?【結論:職人レベルが非凡】

レッチリ:MEMBERS 記事一覧
sk blog トップページ

Articles : Works of RED HOT CHILI PEPPERS

ANTHONY
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ作品まとめ【時系列で見やすく整理】
ANTHONY
Unlimited Love「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの12thアルバム】
ANTHONY
レッチリ新譜「Unlimited Love」収録新曲の解禁ストーリー【Red Hot Chili Peppers】
ANTHONY
レッチリ新譜!「Black Summer」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
ANTHONY
レッチリ新譜!「Poster Child」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
ANTHONY
レッチリ新譜!「Not the One」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
ANTHONY
レッチリ新着!「These Are the Ways」新曲詳細まとめ!【Red Hot Chili Peppers】
ANTHONY
The Red Hot Chili Peppers「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの1stアルバム】
ANTHONY
Freaky Styley「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの2ndアルバム】
ANTHONY
The Uplift Mofo Party Plan「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの3rdアルバム】
ANTHONY
Mother’s Milk「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの4thアルバム】
ANTHONY
Blood Sugar Sex Magik 「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの5thアルバム】
ANTHONY
One Hot Minute「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの6thアルバム】
ANTHONY
Californication「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの7thアルバム】
ANTHONY
By the Way「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの8thアルバム】
ANTHONY
Stadium Arcadium「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの9thアルバム】
ANTHONY
I’m with You「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの10thアルバム】
ANTHONY
レッチリのI’m Beside Youとは?【I’m With YouのB面】
ANTHONY
The Getaway「収録曲・シングルカット曲・アートワーク」詳細まとめ!【レッチリの11thアルバム】
ANTHONY
レッチリ人気曲TOP10とは?【結論:メロウが上位】
ANTHONY
カリフォルニケイションのMVでメタバース先取り。NFT参入ありえる。
ANTHONY
アンソニー・キーディスがWalk on the Wild Sideしてる!
ANTHONY
レッチリはいくらで著作権を売却した?【全楽曲で150億円】
ANTHONY
【推薦①】Stadium Arcadiumの詳細と考察!レッチリのグラミー受賞アルバム
ANTHONY
【推薦②】 Live in Hyde Parkの詳細と考察!レッチリのライブ名盤
ANTHONY
【推薦③】Californicationの詳細と考察!ジョン・フルシアンテ復帰作
ANTHONY
【推薦④】By the Wayの詳細と考察!【Very John】
ANTHONY
ジョン在籍時レッチリのアルバム詳細!【最強4選】
ANTHONY
レッチリの名曲とは?1980年代編【Red Hot Chili Peppers】
ANTHONY
レッチリの名曲とは?1990年代編【Red Hot Chili Peppers】
ANTHONY
レッチリの名曲とは?2000年代編【Red Hot Chili Peppers】
ANTHONY
レッチリの名曲とは?2010年代編【Red Hot Chili Peppers】
ANTHONY
レッチリの代表曲とは?【年代別で整理】
ANTHONY
Red Hot Chili Peppersのお役立ちリンク集

レッチリ:WORKS 記事一覧
sk blog トップページ

Articles : History of RED HOT CHILI PEPPERS

ANTHONY
レッチリ最新情報2022年版!【新作&新曲解禁!ジョン復帰!】
ANTHONY
レッチリ2022年世界ツアー情報まとめ!【図解ツアー順路】
ANTHONY
レッチリが4月1日に出演予定の人気番組「ジミー・キンメル・ライブ!」について。
ANTHONY
レッチリも出演!アメリカの「人気トーク番組」変遷まとめ!【ジミー・キンメル&ジミー・ファーロン】
ANTHONY
レッチリ星「ハリウッド殿堂入り」詳細まとめ【2717個目の星】
ANTHONY
レッチリはいくらで著作権を売却した?【全楽曲で150億円】
ANTHONY
カリフォルニケイションのMVでメタバース先取り。NFT参入ありえる。
ANTHONY
レッチリの最新メンバー!2022年更新【今年はツアー三昧】
ANTHONY
レッチリの代表曲とは?【年代別で整理】
ANTHONY
レッチリのメンバー変遷【結成〜現在】
ANTHONY
レッチリの歴代プロデューサー変遷【デビュー〜現在】
ANTHONY
レッチリの名曲とは?1980年代編【Red Hot Chili Peppers】
ANTHONY
レッチリの名曲とは?1990年代編【Red Hot Chili Peppers】
ANTHONY
レッチリの名曲とは?2000年代編【Red Hot Chili Peppers】
ANTHONY
レッチリの名曲とは?2010年代編【Red Hot Chili Peppers】
ANTHONY
レッチリの凄さについて。
ANTHONY
アンソニー・キーディスがWalk on the Wild Sideしてる!
ANTHONY
Red Hot Chili Peppersのお役立ちリンク集

レッチリ:HISTORY 記事一覧
sk blog トップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました