ジョシュ・クリングホッファー使用エフェクター【効果別で整理・解説】

この記事では、レッチリ(Red Hot Chili Peppers)の元ギタリスト、ジョシュ・クリングホッファーの歴代使用エフェクターを、効果別で整理・解説します。

※この記事は約1万文字になり、読了に時間を要します。

※目次付き。

sk

1984年生まれ。東京在住。
音楽、芸術、映画、飲食、衣服などに敏感な性質。

好きなものは、「非圧縮音源」「ぬるめのカフェラテ」「アーヴィング・ペン」「中目の古着屋」「うさぎやのどら焼き」「エチオピア産コーヒー豆」「南アとサンタリタヒルズ産ピノノワール」などなど。

※なお、最近はランニングを習慣化。マイペースに走っております!

プロフィール詳細

1.概要

ジョシュ・クリングホッファーのエフェクターリスト

レッチリ用セッティング

  • BOSS DS-1 Distortion Keeley MOD
  • BOSS DS-2 TURBO Distortion
  • Wilson Effects Fuzz & Uber Fuber
  • Xotic EP Booster
  • MXR M133 Micro Amp
  • Klon Centaur
  • Sola Sound Tone Bender MKII
  • Ibanez WH10
  • Electro-Harmonix POG2
  • LINE6 FM4 Filter Modeler
  • BOSS CE-2
  • Electro-Harmonix Holy Grail Digital Reverb
  • BOSS DD-3 Digital Delay
  • Electro-Harmonix Deluxe Memory Man Analog Delay
  • Electro-Harmonix Deluxe Memory Man with Tap Tempo Delay
  • LINE6 DL4 Delay Modeler

ドットハッカー用セッティング

  • Ibanez TS808
  • EarthQuaker Devices Dispatch Master Digital Reverb & Delay
  • その他、随時アップデート中

下記の動画に2017年の『ザ・ゲッタウェイ』ワールドツアー時のセッティングが紹介されています。

下記は2017年時に採用されたコントロールペダル。

2017年はコントロールボードに繋ぎコンパクトに纏められていますね。とはいえ、このコントロールボードに全部収まっているわけではないですが。

そして、下記の動画は2012年『アイム・ウィズ・ユー』のワールドツアー時のセッティング。

2012年時は膨大に広がったペダルが圧巻。ジョンのスタイルを継承した結果でしょうか。ジョシュの個性を注入しつつ、ジョンのエッセンスもしっかり継承されていますね。

Rig Rundown – Red Hot Chili Peppers’ Josh Klinghoffer

2.歪み系

BOSS DS-1 Distortion Keeley MOD

ジョシュの足元にはキーリーがモディファイしたDS-1があります。つまみはダウンポジション。

JHS / Keeley / Analogman DS1 Mod Shootout

BOSS DS-2 TURBO Distortion

ジョンがレッチリで散々使い倒したお陰で、レッチリサウンドを象徴する枯れた歪みをつくるうえで不可欠な存在となったDS-2。

ゲッタウェイツアー時のジョシュのボードに居ますね。

Wilson Effects Fuzz & Uber Fuber

ウイルソン・エフェクツのファズとウーバー・フーバー。銀の筐体のペダルがウーバー・フーバー。

Josh playing the Fuzz and Uber Fubar.m4v

Xotic EP Booster

これをつなぐと音がイキイキすることで定評のある、踏みっぱなし系超実用的ブースターのエキゾチックのEPブースターをジョシュもチョイス。

MXR M133 Micro Amp

ジョンも、フリーも、ノエルだって愛用している。

Klon Centaur & Sola Sound Tone Bender MKII

ジョシュはジョンに比べてレアなエフェクターも結構導入しています。Klonのケンタウルスと、トーン・ベンダーがその筆頭で、これらはローカル・ループでステージ上にセッティングされたBOSSのフットスイッチと接続されています。

高価なペダルなうえに、ジョシュのパフォーマンスは激しいので、下記のスイッチでオンオフを切り替えています。(参照:Rig Rundown – Red Hot Chili Peppers’ Josh Klinghoffer & Flea [2017]

3.フィルター系

Ibanez WH10

これもDS-2同様、ジョンがレッチリで散々使い倒したお陰で、レッチリのサイケデリックなサウンドの要となっているWH10。ジョシュのワウももちろんWH10。

プラ筐体なので強度が低く割れやすいのがネックですが、上記のとおり、めっちゃ補強されています。

Electro-Harmonix POG2

オルガンの様なサウンドなど、ギターとは思えないきらびやかなサウンドが作れるPOG2。

LINE6 FM4 Filter Modeler

ジョンも使用しているFM4。もちろんジョシュのボードにもセットされています。Throw Away Your TelevisionのObi-Wahサウンドの再現には不可欠なペダル。

RHCP – Throw Away Your Television – Hobart, AUS, 2019 (first time since 2014)

4.モジュレーション系

BOSS CE-2

ヒレル・スロヴァクが使用していたBOSSのCE-2をジョシュも使用。この技シリーズのCE-2WはCE-1モードも搭載しているので、ジョン・フルシアンテのサウンドに近づけたい場合にも使えます。

5.空間系

Electro-Harmonix Holy Grail Digital Reverb

ジョン・フルシアンテのボードにも常にセッティングされていた極上デジタルリヴァーヴ。

BOSS DD-3 Digital Delay

ダーク・ネセスティーズで聴けるあのトリッキーなサウンドはこうして生まれます。

Boss DD3 Helicopter Sound

Electro-Harmonix Deluxe Memory Man Analog Delay

Electro-Harmonix Deluxe Memory Man with Tap Tempo Delay

LINE6 DL4 Delay Modeler

こちらもジョンも使用しているDL4。

Voo Doo Lab Pedal Power 2 Plus

ジョシュのパワーサプライはフリーと同じくVoo Doo LabのPedal Power 2 Plusです。

8系統の独立した出力端子があるので、複数のエフェクターにノイズレスなクリーンな電源を供給できます。コレ結構良いです。

6.Dot Hacker用セッティング

ドットハッカーでは、JHS Pedalsや、EarthQuaker Devicesのエフェクターなどもセッティング。

わりと、スマートにまとまっていて、レッチリでのセッティングは、あくまでレッチリの世界観を大事にしたセッティングであることがわかる気がします。

Ibanez TS808

Dot Hackerではこういう王道系のペダルも使用しており、音の質感に関してはかなりこだわりを感じさせるラインナップです。

JHS Pedalsや、EarthQuaker Devicesのペダルも多く見受けられますね。

EarthQuaker Devices Dispatch Master Digital Reverb & Delay

Dispatch Master Digital Delay and Reverb Video Manual | EarthQuaker Devices

7.玄人

ジョシュは、ケンタウルスや、トーンベンダーなど激レアなエフェクターも使用しており、キーリー・モディファイのDS-1や、Wilson Effectsのファズなどもチョイスしています。

かなり通好みでマニアックなセレクトです。

そんな中でもDS-2や、WH10やFM4など、ジョンと共通のペダルも多く確認できました。ジョン時代の楽曲を演奏する際に必要なんでしょう、律儀なジョシュ。

こちらに「ジョン・フルシアンテ歴代使用ギター【時系列で整理・解説】」「ジョン・フルシアンテ使用エフェクター【効果別で整理・解説】」にも、それぞれ機材詳細がありますので、お役立ていただけたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

※なお、楽しい暇つぶしハックをアレコレ発信しております。

もしよかったら、ついでに下記もどうぞ。

※AMUの音質、解約方法など、気になる点を検証しました。

HD音質は良い。正直、圧縮音源には戻りたくない。
» 「本当に無料HDは高音質か試してみた

ではまたー!

コメント


Warning: Use of undefined constant ADSENSE_SCRIPT_CODE - assumed 'ADSENSE_SCRIPT_CODE' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/c5081555/public_html/sk1984.com/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp/footer-javascript.php on line 17
ADSENSE_SCRIPT_CODE
タイトルとURLをコピーしました