ジョン・フルシアンテ音作りのポイント解説!各機材のセッティング紹介【レッチリの天才ギタリスト】

ジョン・フルシアンテの音作りに関してコツがあれば知りたいな。
高い機材じゃなくても、方法論や音作りの本質を理解したい。

今回は、このようなご要望にお応えしますっ!

音作りの大前提

早速ですが、ジョン・フルシアンテの音作りで重要なのは、「ギター・弦・ピック選び」です。そのため、このページでは、まず「ギター・弦・ピック選び」を紹介します。

「ギター・弦・ピック選び」のつぎに、アンプのセッティングが超重要。これらは音作りの大前提となります。

そしてジョンは、アンプで「クランチトーン」を作り、エフェクターで「歪んだトーン」を作ります。考え方のプロセス自体はかなりシンプルですよね。

では早速、詳細へ行きましょうっ!

ブックマークしておけば好きな時に読み返せるよ〜
あと、Twitter(@sk1984com)ではブログの更新情報や音楽ネタをお知らせしてるよ〜

6月21日(月) 22日(火)

» LEARN MORE:「マストアイテム・QOL爆上がりスマート家電」プライムデー開催中!

sk

・レッチリ好きになったキッカケは1999年のCalifornication

・中2時にテレキャスターを購入、ダフネブルー

・ジャズも好きで某ジャズ館で2年査定と作品レビューをしてました

・衣食住に関心があり2年バリスタを学んだ後、レストランへ就職

・ワイン好きが高じて独学でソムリエ資格取得、数年後都内某レストランにてシェフ・ソムリエを任されてました

・色々やってますが、このブログはレッチリ関連情報主体です!

プロフィール詳細

フォローしてね

1.ジョン・フルシアンテの音作り:ギター・弦・ピックの選び方

まずはギター、つぎに弦とピック選びを紹介しつつ、深堀りします。

ジョンのギターはFenderのストラトキャスター

ギター選びに関しては結論、Fenderストラトキャスターを選べば間違いないです。

理由は下記のとおり。

  • そもそも、ジョン自身Fenderストラトキャスターを使用しているため
  • さらに、Fenderストラトキャスターと同様の構造を持つギターの中でも、Fenderストラトキャスターが最も歴史が長く、品質向上を繰り返しアップデートされ続けているため

現行品で探す場合、Fenderの中でもアメリカン・オリジナルのストラトキャスターが特にジョンのギターに近い仕様です。

Fenderのストラトキャスター以外ではダメ?

ダメじゃないです!

ギターの種類も大事ですが、ギターの種類よりもっと重要なのは、バンド・アンサンブルを第一に考えること。

そして、考え導き出した答えであれば、必ずしもストラトキャスターでなくても良いということ。

なぜなら、表現したい音楽にジョンの思考を落とし込むことが出来るからです。あなたがレッチリのメンバーだとしたら、きっと自ずと使うべきギターに導かれるはずです。そしてそれが、もしもストラトでなくても、レッチリのサウンドの一部になっていくのです。

自分たちのトーンは自分たちの中にある

ジョン自身の過去の発言に「自分たちのトーンは自分たちの中にある」といった発言があります。

ジョンはレッチリ加入当初、クレイマーのスーパーストラトを使用していました。その後、Fenderストラトキャスターを使用するようになりますが、それはレッチリが求める精神性にマッチしたからに他なりません。

(初代ギタリストのヒレル・スロヴァクもストラトをチョイスしていたように、ファンクやサイケデリックロックを基調としたレッチリサウンドにはストラトがマッチしています。)

そして、ジョンは92年に脱退、そして98年に復帰。復帰時、ボーカルのアンソニーが、Fenderの62年製ストラトキャスターを、ジョンにプレゼントしました。

要するに、バンドが追求する精神性に引き寄せられるように、導かれたギターをジョンは使用しています。

ストラトキャスターは万能なギター

つまり、ジョンにはジョンが必要とするギターがあるように、あなたにはあなたが必要とするギターがあるはず。

そのキッカケとして、ストラトキャスターは最適だと思います。なぜなら、ストラトキャスターは万能なギターだから。多くの可能性をあなたに提案してくれるからです。

なので、Fenderストラトキャスターで、ジョンの音作りを学び、マネから入ることで、「かっこいい音」の作り方を覚えたら、自ずと自分らしさが見つかりますよ!

おすすめのストラトキャスターはどれ?

最初に紹介したとおり、現行品では、ヴィンテージスタイルを追求したアメリカン・オリジナルのストラトキャスターがおすすめです。

理由は下記のとおり!

  • 60年代のストラトキャスター用ピックアップを、忠実に再現したPure Vintage ‘65シングルコイルを搭載しているため
  • ニトロセルロースラッカーフィニッシュなので、ルックスもヴィンテージギターに近づいていくため
  • PAT.PEND.の刻印が入った6点支持トレモロユニットが採用されているため

ストラトキャスターの特徴

1.ストラトキャスターのピックアップはシングルコイル。シングルコイル・ピックアップでしか得られない、音抜けが良い高音域と、低出力ゆえの枯れたニュアンスがあります。

2.また、ロングスケール・ネックの方が弦のテンションが稼げるので、カッティングした際にキレよくパキッとしたファンキーなニュアンスが得られます。

3.ローズ指板や、アルダーボディのストラトは粘りのあるサウンド特性があるので、テレキャスターや、レスポールでは得られないトーンになります。

しかし、アメリカン・オリジナル・シリーズのストラトキャスターは決して安くはありません。それでも、長い目で考えれば値段以上の価値があると思いますよ!

ツールにこだわるかどうかは、後の成長に大きな差を生みます

ジョンはピックアップをリプレイスメントしている

ジョン・フルシアンテは、セイモア・ダンカンのヴィンテージ・スタイル・シングルコイル・ピックアップのSSL-1を使用しています。

SSL-1はヴィンテージ・スタイルらしい強めの高音域で、低出力のピックアップです。

弦はD’Addario EXL110

ジョン・フルシアンテが使用する弦は、ダダリオのEXL110。ダダリオの弦は、アーニーボールの弦に比べ、ピンと張るテンションのある弦なので、ややベンドなどが固く感じられる反面、カッティングやバッキング時の音の張りに優れます。プロの愛用者も多いです。

手頃な価格なのも魅力。弦は適正なタイミングで交換すべき消耗品。ケチって死んだ弦を使用し続けるのは練習する上でもおすすめしません。

なぜなら、フレッシュな弦と、消耗した弦とでは、音が違ういます。音が違うと音作りに影響します。狙い通りの音を作るには「同じ状況を維持する」ことが重要だからです。

ダダリオはゲージも種類豊富に揃っていますが、ジョン・フルシアンテはストラトに、EXL110(10-46)を張っています。ストラトはロングスケールのギターなので、このゲージは程よいテンションが得られます。

ジョンはギターソロで、チョーキングも多用しますし、バッキングではファンキーなカッティングも多用する。だからEXL110が、マッチしてるんですね。

ピックは薄めのTortex 0.6mm

ジョン・フルシアンテは、ピッキングのアタック・ニュアンスを繊細に表現するため、「厚くなく薄すぎないけど薄め」のピックをチョイスしています。

Tortex 0.6mmはやや薄めのピックなので、グリップの力加減が慣れるまでは少し扱いづらく感じるかもしれません。

でも、この厚みに慣れてくると、絶妙なアタック感やキレが得られるので、トーテックスの0.6mmは重宝すると思います。

ピックも消耗品なので、弦と同様に如何に機能的で、低コストであるかは重要ですね。簡単に入手できて、安定した供給があるというのも大事。

その観点からも、Tortexは優れたピックですね。

ジョンの歴代ギター完全ガイドはこちら

ジョン・フルシアンテの歴代ギターの詳細は「ジョン・フルシアンテ使用ギター完全ガイド!【レッチリの天才ギタリスト】」にまとめました!

2.ジョン・フルシアンテの音作り:アンプのセッティング

ジョン・フルシアンテの音作りは、アンプのセッティングが超重要です。

これは当然といえば当然かもですが、ギター・弦・ピック選びの次に、アンプのセッティングが重要です。

理由は、アンプのセッティングを疎かにすると、エフェクターを色々揃えたところで本領発揮できないうえに、音作りの本質を理解することができないためですね。

では、アンプの各コントロールをどのように調整すればよいか?チェックしていきましょう!

各コントロール調整

アンプのセッティングは、ゲイン調整と、イコライザー調整を行います。

ゲイン調整

ゲインに関しては、強くピッキングした時に微かに歪む程度のクランチトーンになるように調整します。使用するアンプや、適正な音量が変わるので、適切な音量に適宜調整しましょう。

イコライザー調整

そして、イコライザー調整ですが、ストラトの中音域をしっかり出力しつつ、不快感がなく音抜けを意識した高音域の調整が鍵となります。

ジョン・フルシアンテのトーンの特徴は、耳馴染みの心地よいストラトサウンドを抽出しつつ、アタック感や音抜けをプレゼンスで調整するというセッティングがポイントです。モダンでヘヴィなドンシャリサウンドではなく、むしろスカスカに感じるぐらいのセッティングに調整する感じです。

そうすることで、ピッキングニュアンスで音の奥行きがコントロールでき、音を立体的に表現することができますよ。

ポイントは、音を潰さず繊細なトーンを出力すること

ポイントは、ストラトの甘くメロウで繊細なトーンを出力することです。

ジョンの演奏はクリーントーンから歪みトーンまで表現の幅が広く、アンプで音を潰すとクリーントーンが表現できないだけでなく、歪みトーンのニュアンスも平たく立体感のないサウンドになってしまいます。

ジョンが使用するアンプはどこのメーカー?

ジョン・フルシアンテが愛用しているアンプは、マーシャルのシルバージュビリーです。シルバージュビリーはマーシャルが1987年に限定リリースした100W出力のハイゲイン・アンプ。

参考までに、ジョンがアンプで設定しているイコライザーの平均値は下記のようになります。

シルバージュビリーでのセッティング

  • TREBLE : 0
  • MID : 5
  • LOW : 10
  • PRESENCE : 4

めっちゃ極端に見えますよね笑

TREBLEが0。TREBLEが0だと、高音域を抑えてしまい音抜けが一見悪そうですよね。

それに、ジョンのギターサウンドはちゃんとピッキングのアタック感もあるのでTREBLEが0なのは不思議ですよね。

なぜこのようなセッティングが成立するのか?

ジョンが愛用するストラトキャスターは、シングルコイル・ピックアップのギターなので、低音域より高音域が強めに出力されるので、アンプでバランスを整える必要があります。

しかも、マーシャルアンプは高音域がやや強調されたサウンド特性をもっているため、アンプのイコライザーでバランスを整えないと、高音域が強調され過ぎてしまい耳に痛いサウンドになってしまう。

そのため、TREBLEを0にセットすることで、バランスを取っているわけですね。

最後にPRESENCEで高音域を調整する

マーシャルのアンプは、もはやMIDコントロールで高音域を補正している感覚に近いのでこれでOK。

最後にPRESENCEで高音域を調整し仕上げます。

このセッティングには注意点がある

このセッティングでハムバッカーを搭載したギターで演奏してもバランスが良くないです。

あらゆる因果関係を統括した結果、このようなセッティングになっており、違うアンプやギターを使うときも、あくまで耳で聴いて調整することが重要になります。

ジョン・フルシアンテのサウンドが心地よいのはこのような耳馴染みを意識したからこそですね。

心地よい音、「ほぼ」歪ませないという絶妙な加減

ジョン・フルシアンテ曰く、「70年代初期のレコーディング作品はどんなに音量を上げても耳が痛くなるようなことはない」と言っていたように、心地よい音をジョンは大事にしています。

ちなみに、ジョン・フルシアンテは大量のペダルエフェクターを接続しているので、相応の音痩せが生じています。

そのため、アンプのセッティングはこのような要素も加味して調整されています。

アンプでは、「ほぼ」歪ませないということがポイントになります。絶妙な加減です。ソフトなピッキングでは歪まず、ハードなピッキングでクランチになるセッティングです。

3.ジョン・フルシアンテの音作り:必須エフェクター

アンプのセッティングで外堀を固めたら、つぎに影響している要素であるエフェクターをチェックしていきます!

ジョンはコレクター的な趣味ではないので、ギターもアンプもエフェクターも、いずれも「定番」を使用しています。とはいえ、「今となっては手に入りにくい代物」が多いのも事実。

では、必須エフェクターをチェックしていきましょう!

BOSS CE-1 Chorus Ensemble

ジョンの音作りで必須となるエフェクター第1位といっても過言ではないのが、BOSSの第一号エフェクターとしても有名な銘機、コーラスペダルのCE-1です。

このエフェクターはコーラスといって、原音に対し僅かに遅れたタイミングの音をミックスすることで、音に揺らぎ効果を与えるエフェクターです。

ですが、重要なのはコーラスエフェクト以上に、CE-1に搭載されているプリアンプ部分。CE-1はトゥルーバイパスではないので、CE-1を繋ぐだけでこのプリアンプの影響を受けます。心地良い方向へ影響してくれます。

この音が、ジョンのクリーンサウンドにも影響しており、ふくよかなニュアンスを加味しています。

もちろん、ジョンはCE-1をコーラスとしても、使用しています。

このエフェクターに関しては、魔法の箱研究所さんでディープな考察が確認できます。

» 魔法の箱研究所さんのBOSS CE-1ページはこちら

現行品のBOSS CE-2WはCE-1モードを搭載しており、温かみのあるコーラスサウンドが堪能できます。とはいえ、オリジナルCE-1にしか出せないサウンドがあるのは否めないですね〜。

BOSS DS-2 TURBO Distortion

ジョンの音作りで必須となるエフェクター、歪み部門第1位はBOSSのディストーション・ペダル、DS-2です。

ジョン・フルシアンテはこのエフェクターをTURBOモードを2にセット、レベルは3〜4、トーンとディストーションがMAX。

DS-2は、激しい歪みの中に繊細さがあり、カラッとした高音域と、心地よい中音域に特徴があります。

また、ジョンが愛用するワウペダル、アイバニーズのWH10との相性も非常に良く、粘りのあるパワフルな歪み。

Ibanez WH10

つぎは、ジョンの音作りで必須となるエフェクター、ギターソロで大活躍部門第1位のWH10です。

この型番は絶版で今となってはレアな存在ですが、WH10V3という名称で復刻されており、ややオリジナルよりもハイファイなニュアンスですが、目指す方向は近く価格的にも買っておいて損はないと思います。

WH10の最大の特徴は、超サイケデリックなところ。周波数帯域のフィルター可変幅が広く、効果の掛かり具合が猛烈なのです。

そのため、ワウペダルを上下した際のトップとボトムのサウンドが、クライベイビーやVOXのワウ・ペダルにはないサイケデリックな香りがあります。

ジョンはソロでも勿論多用していますが、「バイ・ザ・ウェイ」のブラッシングでは踏み込んだ状態をキープして、高音域を強調した状態で使用するなど、多岐にわたりこのワウを愛用しています。

また、歪みエフェクターとの相性が良く、音が太く力強いワウサウンドに仕上がります。

WH10はプラスチックの筐体でチープな作りです。初期のグレー・ボディと後期のブラック・ボディがあり、初期と後期でもサウンドがやや異なります。復刻されたWH10V3はアルミを使用した頑丈な筐体にアップグレードされました。

オリジナルと復刻のサウンドの違いは、オリジナルが気持ちメロウなのに対し、復刻はハイファイな印象になっています。目指す方向は同じなのですが、復刻の方は、トゥルーバイパスが追加されているので、原音を崩さず忠実に出力する印象ですね。

ジョンはモンスターケーブル

ちなみに、ジョン・フルシアンテはモンスター・ケーブルを使用しています。ギターとアンプ(エフェクターも)を繋ぐシールド・ケーブルも当然侮れません。シールド・ケーブルを変えるだけで音は見違えるほど変わるので、試す価値はあります。

ジョンの歴代エフェクター完全ガイドはこちら

ジョン・フルシアンテの歴代エフェクターの詳細は「ジョン・フルシアンテ使用エフェクター完全ガイド!【レッチリの天才ギタリスト】」にまとめました!

ジョン・フルシアンテの心地よいトーンの秘訣

ジョン・フルシアンテの音作りのポイントは、繊細な感情表現を可能にすること。

つまり、クリーントーンでの優しく温かな表現や、クランチトーンでのスカスカでファンキーな表現、さらには激しくも繊細さを残した歪みトーンでの表現、それらを繊細に表現するピッキングニュアンスを損なわない音作りを大切にするということですね。

今回紹介した機材をまとめておきますね。

Fender American Original Stratocaster

D’Addario EXL110

Jim Dunlop Tortex(0.6mm)

Seymour Duncan SSL-1

BOSS CE-1 Chorus Ensemble(リンクは現行品のCE-2W)

BOSS DS-2 Turbo Distortion

Ibanez WH10 Wah Pedal(リンクは現行品のWH10V3)

ジョン・フルシアンテ関連記事

JOHN
ジョン・フルシアンテ完全ガイド!基本と深堀り!【レッチリの天才ギタリストのプロフィール・おすすめ曲・使用機材・ソロ活動も紹介】
JOHN
ジョン・フルシアンテが若い頃に影響を受けたギタリスト!音楽ルーツ紹介!【レッチリの天才ギタリスト】
JOHN
ジョン・フルシアンテ在籍時のレッチリおすすめアルバム3選!【Red Hot Chili Peppers】
JOHN
ジョン・フルシアンテのプレイスタイル紹介!【レッチリの天才ギタリスト】
JOHN
ジョン・フルシアンテのソロアルバム完全ガイド!全ソロ作品紹介!【レッチリの天才ギタリスト】
JOHN
ジョン・フルシアンテ初期ソロ作品!1994年〜2001年のアルバム&EP紹介!【John Fruscianteの若い頃】
JOHN
ジョン・フルシアンテ中期ソロ作品!2004年〜2009年のアルバム&EP紹介!【John Fruscianteの30代】
JOHN
ジョン・フルシアンテ近年ソロ作品!2012年〜のアルバム&EP紹介!【John Fruscianteの40代】
JOHN
ジョン・フルシアンテ使用機材まとめ!ギター・エフェクター・アンプ完全ガイド!【レッチリの天才ギタリスト】
JOHN
ジョン・フルシアンテ音作りのポイント解説!各機材のセッティング紹介【レッチリの天才ギタリスト】
JOHN
ジョン・フルシアンテ使用ギター完全ガイド!【レッチリの天才ギタリスト】
JOHN
ジョン・フルシアンテ使用エフェクター完全ガイド!【レッチリの天才ギタリスト】
JOHN
ジョン・フルシアンテが若い頃使用したエフェクター紹介!【実際にBlood Sugarで使用した一覧】
JOHN
ジョン・フルシアンテがライブで使用したエフェクター解説!【Live in Hyde Parkで使用したエフェクター紹介】

JOHN FRUSCIANTE 記事一覧
sk blog トップページ

6月21日(月) 22日(火)

» LEARN MORE:「マストアイテム・QOL爆上げスマート家電」プライムデー開催中!

音声メディア「Audible」は楽にリテラシーが上がるから実用してる

移動中、ランニング中、入浴中、掃除中など「ながら読書」は読書が苦手な僕でも楽しめてる。

» LEARN MORE:人気なのはやはりビジネス系?「Audible」注目の売れ筋ランキング

シャンパンが愛される理由

JOHN
シャンパンの基礎!シャンパーニュはなぜ高価なのか?おすすめシャンパンやワインの基礎や種類も併せて解説します!
JOHN
ドン・ペリニヨンがプレゼントにおすすめな理由。シャンパンの賞味期限も解説【シャンパンの権威性・歴史】

記事が参考になりましたら幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました